読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

カードやWebでコツコツ貯めたお金は、年間881,800円(2015年)となりました。努力した者が報われるいい時代となりました。

このサイトでは、さまざまなお金を貯めるWeb時代の歩き方を紹介しています。本当なの?という声もあるかと思います。どの程度貯めることができるのか、私自身を例にまとめてみました。

 

1 イオン株主生活 実績 約53,800円

イオンが近所にあって利用できる環境にある人であれば、イオンの100株主になった方が、絶対お得です。株主特権だけで、年間32,800円です。株価1,500円としても、年間70万円を利用すれば、金利は驚異の21.9%です。5年以内に株式代金150,000円は回収できます。

  年間配当金 2,800円(2017年より3,000円にUP予定)

  株主優待還付金3%分 約21,000円(年間70万円分利用)

  株主優待10%引き  約10,000円(イオン直系飲食店、衣料品店、靴店利用)

また、あまり知られてはいませんが、イオン店内での買い物が条件となりますが、2016年6月1日よりイオンセレクトカード支払いとするとときめきポイント2倍(1.0%)還元となりました。

イオンセレクトカードを利用する際は、イオン銀行からの引き落としとなりますが、利用金額に応じ、オートチャージの際にwaonポイント率が最大3倍にまで上がっていきます。さらにさまざまな特典があったり、店内の商品のwaon利用でポイント加算があったりと、驚くほどポイントが貯まります。

www.aeonbank.co.jp

我が家の場合、これで年間20,000ポイント以上優に貯まります。これは隠れた金利といってもいいと思います。

つまり、100株主となり、イオンセレクトカードと株主優待カードをセットで使えば、年間53,800円も得することとなります(年間70万円利用の場合)。

金利に換算すれば、驚愕の35.2%となります。

こんなにお得すぎるのに、私はレジで、株主優待カードを使っている人を一度しか見たことがありません。

現在、真剣に買い増しして1,000株株主(5%還付)になろうかと検討中です。

そうなれば配当30,000円+還付35,000円+waon20,000Pで、年間85,000円と32,000円分増えることとなります。

2 クレジットカード生活 実績 約49,000P=49,000円

  リクルートカード(1.2%)→nanacoによる税金支払い分 約6,000P

  リクルートカードプラス(2%)利用によるPonta分 約10,000P(年間50万円)

私は、これ以外に大人の休日倶楽部(ViewカードSuica)とTS CUBICカード(TOYOTA)とYahoo!JAPANカードを使っています。(リクルートカードは家内が使い、リクルートカードプラスは私が使っています。)

リクルートカードプラスのnanacoチャージによるポイントサービスは、2016.9.15を持って終了しましたが、リクルートカードはまだ大丈夫です。0.8%パワーダウンですが、それでも他のカードと比べダントツのポイントです。値引くことのない税金を間接的にですが、値引くことが可能な裏技で、お得感は最高です。

recruit-card.jp

他にも公共料金や携帯電話代などもこの方法が使えますが、毎月はさすがに面倒なので、私の場合今のところチャレンジはしていません。我が家は一戸建ての4人家族で携帯電話5台持ちなので、支払金額は月平均4~5万円です。これをリクルートカード支払いにすれば、7,200Pは得できるのですが、グッと我慢しています。残念です。

大人の休日倶楽部は、JR東日本のサービスで50歳以上になった人は、必携のカードです。5%引きになるからです。私の場合出張が年に5,6回はあるので、このカード支払いで年に5,000Pは得しています。

TUカードはトヨタディーラーのカードで、新車や車検費用が1%引きになるカードです(上限あり)。昨年新車2台を買い替え、10,000Pも得できました。

Yahoo!JAPANカードは、Tポイントと連動し、1%引きとしてくれるこれからの活躍が期待されるカードで、今年9月に作ったばかりのカードです。ふるさと納税支払いでも1%引きとなるので、早速使ってみました。新規発行で7,000Pいただき、さらにキャンペーン中に作ったので、5,000円分のアマゾンギフト券付きと12,000円も得しました。

これ以外にも、Quoカード年15万円購入で、2800P、Tポイント、楽天Rポイント、hontoポイント、nanacoポイント、リクルートポイント=ポンタポイントなどを合わせると約6000P=6000円分得しています。 

3 ネットバイト生活 実績 約50,000円

  NAVERまとめ 約50,000円(ほぼ未更新ロングテール)

  ブログライターは休止中です。

現在仕事が忙しくなり、ネットバイトはほとんどやっていません。

しかし、3年ほど前に作ったNAVERまとめがロングテールとなり、月に平均5,000PV前後訪問者がいるので、月に4,5千円いただいています。とてもありがたい収入なので、メンテナンスだけは行い、大切にしています。読者様と運営会社LINEに感謝です。

matome.naver.jp

ブログライターは、時間ができればまたやりたいです。まるで仕事と同じなので、報酬は少ないですが、充実感があり、楽しいです。

4 ネットポイント生活  ?円

モッピー 開始したばかりです。手ごたえとしては年間10,000P可能だと思っています。このほかにもGMOポイントタウン、げんたまにも、ネットポイント2.0時代を鑑み、再挑戦しようか思案中です。

pc.moppy.jp

5 家庭内バイト生活 実績 295,000円

  弁当生活 年間240,000円 一番の稼ぎ頭です。

  クリーニング生活 年間25,000円 ワイシャツ1枚108円の節約

  マイボトル生活  年間30,000円 缶コーヒーとペットボトル分

弁当作りは、私のライフワークといっていい最高の収入源です。会社の中やコンビニで弁当を買っている人見るにつけ、かわいそうに搾取されているんだろうと憐れんで見ています。1日4,50分のバイトで、年間240,000円を貯めることができるのを、お金をドブに捨てているようなものです。5年で100万円が貯まった時の感動は忘れることができません。

資金も手間もいらない最高のお金の貯め方だと思います。

同じくワイシャツのクリーニングも自宅ですれば数分で108円のお金が貯まります。変な臭いもつかないし、並ぶ必要もないし、最高です。

6 ふるさと納税生活(夫婦)実績 約200,000円分

この金額は、それぞれの収入に応じますが、我が家は幸いにして無敵の共働きですので、ふるさと納税も倍になります。

余談ですが、未婚の人には、結婚をオススメします。結婚は最高の危機管理システムです。さらにできれば共働きであれば、天下無双です。収入が倍になります。また、病気や老後のいざというときの最高の保険となります。

また、結婚共働きはお金を貯める最強の方法です。我が家はこのおかげで、13年で2件のローンを完済できました。現在は、ローン支払い分を貯蓄に回しているので、老後の備えも順調です。

7 ブランドレス生活  実績 ?円

数値化するのが難しいです。衣料費は毎年スーツとワイシャツに加え、カジュアルはしまむらとユニクロ程度ですので、少なくとも10万円から20万円分は節約しているはずですが、不確定なので積算はしません。

私は家では穴の開いた靴下やよれよれのシャツやズボンや靴をはいていますが、まったく苦になりません。むしろ清貧であることに誇りさえ抱いています。

お金があるということは、生きる自信につながります。

8 株主配当分 実績 234,000円(税引き前)

こつこつと蓄えたお金で配当性の高い株式を購入しています。今では13種類の株を持っています。株式は値上がり値下がりの変動が激しく、一時200万円の損を出したこともありましたが、現在のところはプラス300万円程度です。最終的に売却するときに損得が出るので、配当分の計上です。

私は株式の神様ウォーレンバフェット氏の提唱する長期投資派なので、株式の変動はあまり気にしていません。インカムゲインである配当性の高い株式に投資しています。利回りは、銀行のゼロ金利ベースと比較すると、破格です。この配当を原資にして、毎年家族旅行を楽しんでいます。

f:id:papayapapa:20161031004407j:plain

 

これらを合計すると、我が家の労働以外の所得は年間881,800円となります。

今後は、忙しくて止めているNAVERまとめの更新、ブログライターの復活、ネットポイントへの挑戦などで、給与以外の所得を年間100万円の大台に乗せたいと思っています。

 

私の夢は、給与以外の所得で貯めたお金で、数年後クイーンエリザベス号による世界一周旅行を夫婦で実質無料で行くことです!

家内にはそれまで秘密にすることにしています。

f:id:papayapapa:20161031003649j:plain