読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

飲み会などなくなったらいいのにと思うのは、私だけではないと思いますが

みなさんこんばんは。管理人のpapayapapaです。今朝の地震は大きかったですね。まさか東日本大震災の再現かと悪夢がよぎった方も多かったと思います。飛び石連休を予定していた人も台無しになってしまいましたが、まあ、大津波が来なかっただけでも良しとしなければなりません。1,000年に一度の大地震であったはずなので、次に来るときは何百年も後にしてもらいたいものです。

 

さて、今日は私の大嫌いな飲み会の日でした。何が嫌いかというと、どうにも飲み会でいやいやながら出席するのは肌が合わないのと、私は一応名ばかり管理職なので、ご祝儀を出さなきゃいけないのが、たまらなく嫌だからです。

 f:id:papayapapa:20161122233248j:plain

どこの職場も似たようなものと思いますが、以前のような一家のような共に泣き共に笑い、目標に向かってがんばる職場なんて絶滅してしまったと思います。

お茶を女子社員から出してもらう習慣などとうの昔になくなりました。

旅行会もなくなって久しくなりました。

結婚披露宴でさえ、今やジミ婚で、招待すらありません。いつの間にか姓が変わって、ああ、結婚したんだというくらい社員間の心はビジネスライクとなり、8時半から18時まで拘束されるだけで、後は他人という意識が極めて強くなってしまっています。

 

私はこんな風潮がとても嫌です。人生の半分を会社で過ごすのです。

喜びも悲しみも共有しなければ、いっしょに明日の日本を作ろうという気概もなくなるのではないでしょうか。こういったことが、日本人の学力低下、競争力低下、内向きの志向で留学生の減少、海外旅行者の減少、対外交渉力の低下などにつながっているのではないでしょうか。

それなのに、出産のときは出産祝い、葬儀の場合は御霊前を出す慣習は、ちょっと如何なものかと思います。

その身勝手な中でも身勝手なのが、飲み会です。気心に知れた者同士で行けばいいものを、何かにつけて、課としてやりましょうというのは、若手社員の身勝手すぎる考えだと思うのです。

体よく言えば、金づるです。

結婚披露宴はしません。でも、子供が生まれたら祝ってほしい。

年賀状は出しません。でもお葬式のときは参列してほしい。

 f:id:papayapapa:20161122233525j:plain

地域社会は崩壊して久しく、疑似家族関係だった会社組織もビジネスライクの関係に変化してしまいました。

ここまで変化したなら、4月の歓送迎会、7月の暑気払い、12月の忘年会、2月の新年会そして毎月のお茶代も全部止めてほしいと思います。

 嗚呼、1万円よ!さようなら!

f:id:papayapapa:20161122233901j:plain

話はつまらないし、料理はまずいし、酒は安酒だし、私の大切な3時間を返してください!

以上、今日は大変怒っているpapayapapaでした。

↓私と家内と娘の分です。がんばりました♪

f:id:papayapapa:20161122232930j:plain

弁当作り           約750円

ポイントサイト        約120円

NAVERまとめ           110円

 

今日は980円-10,000円=-9,020円の大損です!

それではおやすみなさい。