知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

歯無しのつらさは、失ってみてからしかわからない

スポンサーリンク

みなさんこんばんは 管理人のpapayapapaです。

突然ですが、今日歯医者に行きました。奥歯がぐらぐらして痛くて痛くて、もう駄目だなと思い、ついに抜く覚悟で行ったのです。

f:id:papayapapa:20161126234609j:plain

恥かしい話ですが、私は年齢を経る毎にどんどん歯を失っています。

もうすでに7本を失い、今日歯医者でさらに1本抜かれました。

その痛かったこと、先生!麻酔が効く前に抜かないでください!

歯を抜くと、魂まで抜かれた気分になります(鬱)。

嗚呼、若い頃、もっと歯を磨いていれば良かったと悔やんでも悔やみきれません。

厚生労働省は、8020運動と言って80歳までに20本自分の歯を残す運動をしています。20本の自歯があれば、食生活に支障はないそうです。

1989年(平成元年)より厚生省(当時)と日本歯科医師会が推進している「80歳になっても20本以上自分の歯を保とう」という運動です。20本以上の 歯があれば、食生活にほぼ満足することができると言われています。そのため、「生涯、自分の歯で食べる楽しみを味わえるように」との願いを込めてこの運動 が始まりました。楽しく充実した食生活を送り続けるためには、妊産婦を含めて生まれてから亡くなるまでの全てのライフステージで健康な歯を保つことが大切 です。ぜひ「8020」を目指してください。

「8020(ハチマルニイマル)運動」とは?|8020運動|啓発活動|日本歯科医師会

ですが、私はこれで8本の永久歯を失ってしまったので、すでに24本しかありません(号泣)。

80歳まで、まだ20余年もあるというのに、厚生労働省のいう20本まで後4本の余裕しかありません・・・(絶望)。

f:id:papayapapa:20161126234804j:plain

馬鹿な親父と笑ってください。

でも私はこれでも20代の頃から、人一倍歯と髪のケアだけはやってきたつもりです。

私は1日3回は欠かさず歯を磨きます。会社でだって昼食後は磨いています。

歯ブラシだって、298円レベルの歯周病対策用を使っていますし、時には1分間に16,000回転するという電動歯ブラシも使っています。

歯磨き粉だって、数百円レベルの歯周病ケア専用の歯磨き粉を使っています。

それでも、加齢には勝てませんでした。だめです。

いくら虫歯のあとを治したからとっても、神経を取って被せた歯は、いつか中から腐って、歯根にまで到達してしまいます。

ブリッジは、間に食べ物のカスが溜まりやすく、また両端の歯に負担がかかり、いずれどっちもダメになります。

高校生の頃に治療した歯が、何十年も経ってダメになり始めています。

大切なのは、虫歯の治療ではなく、虫歯になってはいけないということでした.そのためには中学生、高校生の頃にしっかりと歯磨きしておかなければならなかったということです。

いわば後の祭りという奴です・・・。

f:id:papayapapa:20161126234958j:plain

私のかかりつけの歯医者では、インプラント1本が20万円です。どうしても3箇所には入れないといけないので、60万円が必要になります。

これがしっかりと歯を磨いてこなかった天罰です。60万円がその代償です。

でも、娘たちの教育費のことを考えると、今そんな余裕はありません。数年後に迎える定年退職時に入れようと考えています。

ただ、それまで持つかが心配です。

今は失った歯の後には、部分入れ歯を入れていますが、そのストレスといったら、本当に我慢できないくらいの異物感です。

歯無しのつらさは、失ってみないと決してわからないと思います。

本当に辛いです。

今日の治療費は3,960円も取られてしまいました。思わずカードでといいそうでした。

まだ、ほとんどの医療機関では治療費は現金決済です。これがカード支払いであれば80Pは得したのにと思うと残念でなりません。

 

まだ歯を失っていないみなさん!私のようなバカの末路にならないように歯を磨きましょう!

健全な歯は、健康の源です!

60万円をドブに捨てることになります。

一生懸命お金をためても、歯の治療に消えてゆくなんてバカそのものです。

 

バカだねバカだねバカのくせにあたし♪(中島みゆき 化粧より)

それでは