読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!宅急便や宅配便をできるだけ安く利用する最強の方法

みなさんこんばんは管理人のpapayapapaです。

先週末高校生の娘が修学旅行から帰ってきました。

修学旅行というよりはUSJ(大阪)に遊びに行ったようなものですが(涙)。

f:id:papayapapa:20161212235042j:plain

ただ殊勝なところは家族にお土産を買ってきたところです。

まあ小遣いと称して3万円もふんだくられたので、当たり前といえば当たり前です。

その娘が、なんと私と妻の実家の分まで、八ツ橋を買ってきました。聖護院八ツ橋を買ってこいといったのに「おたべ」を買ってきました。しかも賞味期限は、12月20日までです。

f:id:papayapapa:20161212221835j:plain

引用元:京都銘菓「おたべ」公式ブランドサイト

実家には年末年始に帰省しようとしていたので、とても無理です。そこで宅急便か宅配便を使う選択肢となります。

ちなみに宅急便と宅配便の違いは、クロネコヤマトが1972年に宅急便の商標登録したので、他の運送会社は宅急便の名前を使えなくなり、宅配便と名乗っているそうです。

しかし、宅急便や宅配便は個人の小口便を止めてしまいました。これで、アマゾンのマーケットプレイスを止めた人は多かったようです。

ちなみにわたしもです。

さて、サイズは、210mm×横127mm×高さ23mmです。重量は数百gといったところです。

何で送るのが一番得か検討してみました。

1 ゆうパック(郵便局)

長さ+幅+高さ=60cm以内の場合、東京-大阪で840円

コンビニ、郵便局持ち込みで、-120円  ※720円

2 郵便局定形外郵便物(郵便局)

3辺計90cm以下+500以下の場合     ※400円

3 クロネコヤマト宅急便(ヤマト運輸

長さ+幅+高さ=60cm以内の場合、東京-大阪で864円

コンビニ、営業所持ち込みで、-100円  ※764円

4 クロネコヤマト宅急便コンパクト(ヤマト運輸

長さ25cm+幅20cm+高さ5cmの専用BOX(65円)648円

コンビニ、営業所持ち込みで、-100円  ※613円

5 レターパックライト(郵便局)

34×25cmの専用封筒に入り、厚さ3cm以下で4kg以下の場合 ※360円

f:id:papayapapa:20161212232914g:plain

 

と、レターパックライトが360円で最強と喜んでいました。

ところがもっと安い方法がありました。

それは、クリックポスト(郵便局)で、なんと全国一律164円です。

恥ずかしながら知りませんでした。

  • 1kgまでの荷物を送ることができます。
  • 長辺34cm以下、短辺25cm以下、厚さ3cm以下

レターパックライトとほぼ同じ条件です。違うのは送る重量と専用ケースではないことです。

ただし条件が4つあります。

Yahoo!JAPAN IDを持っていること

Yahoo!ウォレットによる決済とすること

・クレジットカード払いであること

・あて先をプリンターで印刷すること

f:id:papayapapa:20161212234827p:plain

↓プリンターで打ち出します。

f:id:papayapapa:20161212234844j:plain

↓後は梱包した袋や箱に貼ってそのままポストに投函し終了です。

f:id:papayapapa:20161212234854j:plain

知れば知るほど、宅急便宅配便の世界は奥が深いです。厚さ3cm以上の場合は、改めて記事にしたいと思います。

360円-164円=196円×2袋=392円も損してしまいました。もっともっと勉強しなければなりません。お金を貯める道は険しいです。

それでは!