知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!近頃大ブームの「電子タバコ」の愛用者に物申したいこと

みなさんこんばんは 管理人のpapayapapaです。

さて、最近、やたらと御仁が不思議な手つきで、たばこらしいものを口にしているけれど、煙が出なくて、WHY?と思ったことはありませんか?

その答えは、その御仁が電子タバコを吸っている光景です。

電子タバコは、これまでニコチンエキスを加温して吸うのが、一般的でしたが、葉タバコの香りがしないことから、あまり一般受けはしませんでした。

しかし、2015年9月に葉タバコを加温加湿し、その水蒸気を吸う電子タバコ(アイコス)が発売されて、大ヒットしています。

現在国内には3つのメーカーの電子タバコが販売されていますが、エリア限定のため、エリア以外の御仁が手に入れようとやっきになって、市場は品薄状態となっており、加温する装置が、インターネット上で、倍以上の価格で取引されています。

いわゆる転売屋が買占めし、さらに価格を吊り上げている状態です。

タバコを吸わない方は、関心はないと思いますが、近くの大切な人が吸っているのであれば由々しき事態ですので、ぜひご一読ください。

 

1 iQOS(アイコス)

世界最大のタバコメーカーであるフィリップモリス(Philip Morris)社が、2500億円の開発費をかけて、2015年9月に発売した電子タバコです。

本体価格9,980円 ヒートスティック(20本入)460円

ブランドはマルボーロ(4種類)のみ

f:id:papayapapa:20170103231342j:plain

2016.4時点で100万台突破。

2016年度流行語大賞の第3位となりました。ちなみに第1位はポケモンGOで第2位は君の名はです。

1本に付き14回吸うか、6分で終了となります。連続使用は不可で、6分待たなければなりません。副流煙0、ニコチン90%カットと革新的な点がヒットにつながったそうです。

2 glo(グロー)

昨年12月、世界第2位のタバコ産業BAT(ブリティッシュ・アメリカン・タバコ社)(主なタバコブランド名KENT、KOOL)が、仙台市内に限って、発売開始。

瞬く間のうちに完売続出で、警察騒ぎとまでなったいわくつきの電子タバコです。

アイコスと違って、充電器(チャージャー)と加熱器(ホルダー)が一体化しているので、gloにネオスティックを差し込むだけで吸うことができるのが、便利なところだそうです。充電も1回で35本まで吸うことが可能だそうです。

ちなみにネオスティックは、KENTブランド3種類のみとなります。直接入手は仙台市内のコンビニやBAT仙台支店のみとなり、欲しい方は通販となります。

現在品切れが続いており、ネット上では高値で取引されています。

www.huffingtonpost.jp

3 プルームテック(Ploom TECH)

JT(日本たばこ産業)が、満を辞して2016年に発売を開始した電子タバコ。現在は福岡県内でしか購入できないが、2017年より順次全国展開していくとのこと。

アイコスやグローとは違って、液体カプセル状のタバコ液を気化させて吸引するタイプです。現在はメビウスブランド3種類のみで460円。葉タバコではないので、違和感がある意見が多数を占めていますが、ジャパニーズブランドである安心感から常に品薄状態となっています。価格4,000円

f:id:papayapapa:20170103234732j:plain

引用元:JT

4 国内では以上3つの電子タバコが全国展開開始

以上国内では、アイコスとグローとプルームテックの3種類が、いずれ紙巻タバコに取って代わろうとしています。

その理由は、紙巻タバコは健康被害や火事の原因となり、バッシングが著しいからです。

今や喫煙人口は男性40%台、女性10%台であり、今後の健康志向のこともあり、ますます喫煙人口が減少することが予想されます。

タバコ産業企業も死活問題であり、莫大な研究費をかけて、電子タバコが発売されることとなりました。

 

しかし、煙が出ない、ニコチンが少ない、タールが少ないから健康というのは、少し尚早すぎる結論です。タバコはニコチンやタールを吸い込むので、習慣性が強くなり止められなくなります。

それは電子タバコでも同じです。

電子タバコの厄介な点は、煙が出ないので、健康的と思ってつい大目に吸ってしまうところにあります。

私の同僚も、紙巻タバコだったら1日1箱だったのに、アイコスにしたところ2箱は吸うようになって、小遣いが厳しいとぼやいていました。

電子タバコのヒートスティック、ネオスティック、カプセルいずれも1箱460円です。2箱なら920円です。

習慣性が極めて強く、副流煙を出さないことから罪悪感もなくなると歯止めが効きません。

1年間だと920×365=335,800円

10年吸えば、3,358,000円

30年吸えば、10,074,000円・・・とタバコ代で1千万を失ってしまいます。

電子タバコは、喫煙者が減少している中で、タバコ産業に利益をもたらすドル箱です。

ゆめゆめ大切な人が電子タバコにはまっていかないように、注意してあげてください。

お金が消えていきます。健康も害します。

お金を貯めたいのであれば、タバコは絶対止めなければなりません。

それでは