知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!こんなにポイントが付加されていいの?と思うくらいリクルートポイントは最高です

みなさんこんばんは 管理人のpanpanpapaです。
昨日リクルートカードから、先月(12月分)のポイント付加のメールが来ました。
1,450ポイントです♪

f:id:papayapapa:20170129173835j:plain

recruit-card.jp

f:id:papayapapa:20170126215508j:plain

年末だったので、72,500円も使っていましたが、やはりリクルートポイントは本当にデカいです。
さらに驚くことには、年末予約ポイントキャンペーンで、ホットペッパーグルメ2,000ポイントも付いていました。

f:id:papayapapa:20170126215524j:plain

合わせてなんと3,450Pです!

 

こんなに大判振る舞いでいいの?と思ってしまいます。

 

2,000Pといったら、100,000円分のお買い物で付くポイントです。2,000円そのものです。

いただいた2,000Pは、グルメ券として、購入でき、しかも席上の予約までできるという優れものです。

ホットペッパーグルメは、知る人ぞ知る国内最大のグルメ予約サイトです。

使わなくては絶対損します。
何しろ、予約しとけば、窓側の最高のVIP席が、ただで予約できます。

f:id:papayapapa:20170127001642j:plain

たいていの場合は、長蛇の時間待ったあげくに、トイレの近くで臭いが漂う席とか、喫煙可の客室の隣で煙たい席とか、狭くて暗い席とか、セルフの近くでざわついている席とかで、料理を味わう前から、並び運でダメージを喰らうことが多い中で、予約さえしておけば気分はVIPです。
それが、グルメ券でさらにお安く利用できます。

というかリクルートポイント(ポンタポイント)で購入できるので、ポイントをフルに使えばただで堪能できます。
最近はこのホットペッパーグルメに登録する飲食店も増えて、さまざまなバリエーションで活用することが可能となりました。
本当にお得です。
前にも書きましたが、リクルートポイントは、2015年春からポンタポイントと完全統合されたので、一気に利用価値が上がり、金券同様の価値をもつ無敵のポイントとなりました。
特にお勧めなのが、昭和シェルでの給油です。

f:id:papayapapa:20161103005311j:plain

ガソリンをポイントで入れられる感動は、一度入れたら生涯忘れることはないと思うくらいの大感動です。

我が家は毎週2台必ず給油しなくてはなりません。

そのため、あそこのGSは1円安いとか、毎週水曜日はあそこは5円引きだとか、複数のGSのメールサービスに登録し、情報を収集しています。
しかし、いかんせん、ガソリンスタンドも人の子です。

24時間営業のガソリンスタンドは少なく、生活に追われてその日に給油できないことがしばしばで、臍を噛んでいます。
ですが、例えば相場より3円安く、毎週15リッター(軽自動車)+25リッター(普通車)合わせて40リッター給油しても、3円×40リッターで120円安くなるだけです。

1年間にしても、せいぜい51回×120円=6,120円です。
ところがポンタポイントで給油すれば、ただです。

つまりポンタポイントで年間6,120ポイント分以上使えば、ガソリンスタンドを選ぶ必要も、曜日を選ぶ必要もなくても、値引きと同額分となります。

いつでも自由に入れて年間リッターあたり3円以上相場よりガソリンを入れることとと同じとなります。
これはもう最高を超えています。

リクルートカード所有者の特権です。
私は最近では500円程度の支払いでも、リクルートカードプラスを使うこととしています。

f:id:papayapapa:20161101002345j:plain

年間100万円を目途に頑張ってみるつもりです。
そうすれば100万円×2%=20,000ポイントです。
これで、グルメと美容室とガソリンに使えます。ああ、最高です。

リクルートカードは今でも作ることができます。還付率は1.2%と少ないですが、年会費無料で、しかも、リクルートカードプラスではできなくなったnanacoチャージでもポイントが還付されますので、まだまだ使い勝手があるカードです。

さらに現在6,000Pプレゼント中です。

f:id:papayapapa:20161031001603p:plain

我が家では私がリクルートカードプラスを使い、妻がリクルートカードを使って、Quoカードの購入と税金支払いとアマゾン支払いに使っています。

 

 リクルートカードプラス 100万円×2%-年会費2,080円=17,920P 

 リクルートカード    60万円×1.2%-年会費0円=7,200P     

 合わせて、24,920Pを今年は獲得する予定です。

これに先ほどのグルメポイントサービス、ビューティポイントサービス、ポンパレモールポイントなどを加えると、保証はできませんが、年間10,000~20,000Pは行きそうです。
合計すると、34,920P~44,920Pにも達する予定です。

また、これからリクルートカードを申し込もうとする方も損はしません。

今なら申し込むと6,000ポイントプレゼントキャンペーン実施中です。

recruit-card.jp


実はリクルートカードプラスは、2,160円の年会費がかかりますので、10万円以上使わなければ年会費の元は取れないカードです。
分岐点は約30万円です。(リクルートカードプラス30万円×2%-2160円=3,840P リクルートカード30万円×1.2%=3,600P)

nanacoチャージは、リクルートカードにしかポイントは付与されないので、30万円+税金支払い+Quoカード購入であれば、リクルートカードとリクルートカードプラスに差はありません。

リクルートカードで、プチ贅沢を堪能しましょう!

それでは