読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!株式の神様は二人いる!

みなさんこんばんは 管理人のpanpanpapaです。

お金を貯める方法で、一番ベストな方法は株式売買だということを昨日お話しました。

f:id:papayapapa:20161231144805j:plain

そんなのただのギャンブル狂だろう。株なんて怖くてやってられない。株で儲けるのは、極々一部の人間だけだろうなどという意見も確かにあります。

たとえばこの株式を見てください。

タカタ㈱(7312)

https://chart.yahoo.co.jp/?code=7312.T&tm=ay&type=c&log=off&size=m&over=m65,m130,s&add=v&comp=

出典:ヤフーファイナンス

エアーバッグやチャイルドシートで圧倒的な世界シェアを持つタカタ(株)のチャートです。

2007年には5,000円の株価でした。その株価が2009年に800円まで1/6に下がりましたが、2013年までは順調に上がりました。

しかし、アメリカでエアーバッグの破裂事故が頻発し、アメリカではタカタの製造ミスだと集団訴訟が各地で発生しました。タカタはそれでも、原因は使用者の使い方に問題があるとリコールしませんでした。

しかし、装着した自動車メーカーは、あまりの逆風に独自リコールを始めたものですから、一気に株価は下がり、現在500円前後となっています。

2007年に5,000円で購入した方は、10年後の株価が500円と資産が1/10になっています。1,000株購入したとすると、500万円が50万円です。

こんなことは滅多にないだろうと思いますが、残念ながらどんな株でも上がり下がりがあり、その激しさには、いつも心臓はバクバク、脈はドキドキで、目が廻っている状態です。

こんなに上がり下がりが激しいのなら、とても株は怖くてやれないと思う方もいるのは、納得です。

しかし、株式売買には、投資戦略があります。この戦略で勝率はぐんと上がります。

 

1 ウォーレンバフェット式長期投資

投資の神様と称される投資の神様ウォーレンバフェット氏の提唱する株式長期投資法です。

資産はすでに7兆円、世界一の資産家です。さらに資産の85%を慈善団体に寄附すると宣言している世界一の慈善家です。

私も、ウォーレンバフェット氏を最大限尊重し、バフェット式長期投資法で株式売買しています。

president.jp

ウォーレンバフェット氏の投資方法は、単純明快です。

コカ・コーラとかIBMといった「優良株」を、株価が安いときに買って、長期間保有しておくだけです。その際何があっても、損切りはしないで、長期間保有する。

これだけです。

これだけだと、株式投資はすごく簡単に見えます。例に挙げたタカタ(株)であれば、2009年の800円の時点までは決して買わないということです。

そうはいっても、人間自分が買った株価よりも下がると、心がざわつきます。後悔が募ります。

自分自身を激しく問い詰め、消耗します。

毎日損のことばかり考え、仕事も上の空になります。

しまいには廃人のようになってしまいます。

こう書いてしまうと、大げさだと一笑されるかと思います。しかし、本当です。

私自身がそうだったからです。

毎日、日経新聞をすみずみまで読み干し、短波ラジオで流す株価情報に耳を傾け、自分の買った株式の株価に一喜一憂していました。

そして、候補に挙がった方の株ばかりぐんぐん上がると、自分の選択の間違いに激しく後悔ばかりしていました。

完全に株式中毒の一歩手前でした。

幸い今の妻と出会い、そのとき持っていた株式をすべて売り払うと、目の前の霞が晴れた気がしました。

毎日朝を迎えるのがとてもさわやかで、株式を止めて本当に良かったと実感しました。

その後、リーマンショックが来るまで、株に手を出さなかったのは、本当に良かったと思っています。

2 ジョージソロス式短期売買

もう一方の天才投資家が、ジョージソロス氏です。彼の投資方法はレバレッジと呼ばれる短期売買で利ざやを稼ぐ方法です。

ある株価が材料や思惑買い(売り)が出て、一本調子に上がる(下がる)場合が、往々にしてあります。そのときに集中して売り買いしていきます。2円上がったら売って、1円下がったら買うの繰り返しをすれば、たとえ1円2円でも巨額の投資をすれば、利益は計り知れません。

ただし、この方法はディトレーダーのように1日中株価ボードに張り付いていないと、まず無理な投資方法です。

また、時には巨額の損失を招きかねないマネーゲームとなってしまいます。

しかし、ジョージソロス氏でさえ、トランプ政権誕生は読んでいなかったそうで、トランプ政権誕生でなんと1,140億円の損失を被ったと報道されています。

hbol.jp

3 私の投資法

私の投資は、ウォーレンバフェット氏及びさわかみファンドで有名な澤上一人氏の推奨する長期投資法です。

将来性があり、10年後20年後もその分野のトップシェアを持つ企業を選ぶようにしています。

しかし、現実は険しいです。良かれと思って買った株が、東日本大震災の影響で、業績が悪化し、それに引きづられて持っている株価もどんどん下がってしまったからです。

今でも、マイナスの株も持っていて、ウォーレンバフェット氏を見習って、持ってはいますが、いつプラスに転換するのか、本当に辛いです。

本当に株は難しいと思う毎日です。でも、とても面白く、ワクワクします。自分に流れている血がそうさせているのかもしれません。

私の祖父は、昭和の初期炭鉱相場で、一代で財を成し、一代で破綻したそうで、小さな頃から、株だけは止めろと強く言われて育ってきました。

ですが、今現在株にどっぷりつかっているのは、祖父から受け継いだ血のせいかもしれません。

ほどほどに投資は楽しみたいものです。

それでは