知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!断捨利して本当に大丈夫

スポンサーリンク

ようこそ(^^)/  管理人のぱんぱんぱぱです。

さて、最近はミニマリストという言葉を良く聞くようになりました。

ミニマリストとは、ミニマム=最小の意味であり、身の回りのものを最小限に留める主義の人のことを指します。

モノを持つ喜びではなく、モノを持たない喜びがひとつの価値観となった感があります。「フランス人は10着しか服を持たない」という本も、年間ベストセラーになりました。

 

また、我が国でもこの数年の間に断捨離(だんしゃり)という言葉が、ずいぶんと普通に使われるようになりました。

断捨離とは、断行、捨行、離行の3つの修行を1つにまとめた造語で、モノを持つことを最小限にし、モノに対する執着をなくすことだそうです。

 

信じられないことですが、この言葉は登録商標されており、商用としては使用料を支払わないと使えないそうです。

そこで、メディアは、断捨利(だんしゃり)の単語を使うようになっています。少し、ビジネスの臭いのする心に響かない言葉と思っていましたが、そのとおりです。

さて、現代はモノにあふれている時代だといわれていますが、まったくそのとおりだと思います。

この私でさえ、10年以上着ていない服(正確には太って着られなくなった服)が、クローゼットやタンスの中に山のようになっています。

しかし、私には、なかなかモノを捨てる勇気がありません。

思い出の詰まったモノを捨てるには、相当の勇気が必要になると思いますが、私にはその勇気がありません。

というのも、私は3月31日で、今の職場が転勤となります。

そのため、異動内示があってから、この10日間、職場のデスク周りの書類や机をひたすら整理してきました。

しかし、実際に使っていないノートや文房具であっても、妙に懐かしく、あの日のことが思い出され、どうしても捨てることができません。

f:id:papayapapa:20170331220419j:plain

一方、ミニマリズムや断捨利ブームの影響で、モノを無造作に捨ててしまい、後から後悔する人が続出しているそうです。

f:id:papayapapa:20170331215328j:plain

gathery.recruit-lifestyle.co.jp

 

 

文房具や古い使わなくなったOA機器類は、結局は使い道がないので、捨てることは正しいと思います。

初期のアップルのパソコンがOA骨董品として、数十万ドルもの高値で取引されているそうですが、裏返せばそれだけ欲しがる人は、捨ててしまったということに他なりません。

internet.watch.impress.co.jp

一方、写真やノートなどソフトに関するものは、二度と代替は不可能なものであり、捨てることによって、一時はすっきりするかもしれませんが、後から欲しくなっても、手遅れです。

断捨利では、記録ではなく、記憶で整理できるといいますが、スマホなどで撮った写真も、印刷しないと何だか楽しくないのと同じです。

思い出を記憶に頼るのは、あまりにも無理があると思います。

私の同僚にも転勤となったものがいます。本人の希望ではない部署の異動となり、かなりの勢いで、八つ当たりするように資料を捨てていました。

ところが、昨日、顔を真っ青にして、ひどく憔悴していました。

大切なID、パスワード、アクセスキーなどを記載したメモ用紙を捨ててしまい、大事なファイルを開けなくなったそうです。

現代は、IT社会です。パスワードやIDを忘れてしまえば、自分の作ったファイルすら開くことが困難となってしまいます。

プロテクト会社に相談したところたところ、復旧は不可能ではないが、相当の費用が生じると説明され、困惑しています。

捨てるのはいつでもできます。

安易に捨ててしまうことにより、後々莫大なお金がかかってしまうことになりかねません。

後悔する前に、慎重に判断して断捨利することが大切です。

f:id:papayapapa:20170331223208j:plain

それでは