知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

カフェイン過剰摂取に要注意! 睡眠不足が招く人生の終点

スポンサーリンク

ようこそ(^^)/

お金を貯めて、人生を豊かに生きるヒントを提供する当ブログの管理人の「ぱんぱんぱぱ」です。

みなさんは朝起きるときや日中は眠くないですか?

私は眠くて眠くてしょうがありません。

まあ、ブログを更新するために睡眠時間を削っているからかもしれません。(^^;

やむなくコーヒーのがぶ飲み、栄養ドリンクや流行りのエナジードリンクの補充で、何とか仕支障がないように維持していますが、身体に悪いのは重々承知の上です。

f:id:papayapapa:20170612185738j:plain

本日は、これらカフェインの過剰摂取が、知らず知らずのうちに身体にダメージを与えて、ひいては健康をこじらせ、命にもかかわり、莫大な治療費をかけてしまうことにつながりかねませんので、深刻に考えてみます。

スポンサーリンク
 

1 カフェイン過剰摂取で、5年間で3名死亡

昨日の新聞やTVで、カフェイン過剰摂取で、5年間で101名が救急搬送され、うち3名が死亡という何ともショッキングな内容が報道されました。

f:id:papayapapa:20170518184354j:plain

ご存知と思いますが、カフェインは神経毒作用があります。

3時間以内にカフェインにして17mg/kgを摂取すると、誰もが急性症状(気分高揚、不眠、胃痛、不整脈、頻尿、頭痛など)を引き起こすとされています。

飲料、錠剤 カフェイン量
コーヒー 120mg
煎茶 40mg
レッドブル 80mg
モンスターエナジー 142mg
コーラ 34mg
栄養ドリンク 50mg
強強打破 170mg
エスタロンモカ錠 100mg

体重が50㎏の方ですと、17✖50=850mgを3時間以内に摂取すると、急性作用が生じます。

眠気覚ましのため、コーヒー3杯(360mg)、強強打破1本(170mg)、エスタロンモカ錠2錠(200mg)、モンスターエナジー1本(142mg)を摂取すれば、たちまち850mgに達しますので、注意が必要です。

                                 

2 眠気が催すのは、睡眠不足だけ?

人間の適切な睡眠時間は6時間から8時間とされており、多くとっても少なくとっても健康に悪い説が有力です。

f:id:papayapapa:20170501101805j:plain

私の妻は、22時半には寝てしまい、7時まで起きません。(涙)

妻の睡眠時間は、8時間半にも達しています。

身体に悪いらしいよといっても、もっと寝たいとのたまいます・・・。

私は、大体午前1時半睡眠、5時40分起床なので、睡眠時間は、4時間10分です・・・。

これでは眠いのは当たり前であり、身体にも悪い不健康で、健全な日常活動にも支障を来します。いや、来しているかもしれません。

ところが、本日なぜこのテーマをブログ記事にしたかというと、今週突然私の部下のS課長が体調を崩したからです。

原因は睡眠時無呼吸症候群(SAS)です。

3 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の対策

S課長は、50代後半で、私と同じくらいの小太りです。

だいたいBMIは25~28くらいだと思います。

ただし、毎日朝夕犬の散歩を欠かさず、計2時間を日課にして、身体を動かしています。

イビキがひどくなり、最近は日中に猛烈に睡魔が襲うようになったそうです。

奥さんが、夜中に呼吸が止まることに気づき、通院したところ、重度の睡眠時無呼吸症候群と診断されました。

f:id:papayapapa:20170331215328j:plain

治療方法は、気道の確保が主のため、酸素吸入器を借り入れ、睡眠時は口の中に酸素吸入マスクをつけて、ポンプで気道に酸素を送る治療を在宅でやっているそうです。

これで、睡眠はなんとか確保できたそうですが、喉が渇き、しばしば風邪をひくそうです。

睡眠時無呼吸症候群(SAS)を予防するには、次の5つの方法があります。

  • 適正体重を維持すること
  • 寝酒など、アルコールの常習は行わないこと
  • 鼻呼吸すること
  • 仰向けではなく横臥の姿勢にすること
  • 睡眠薬を飲まないこと
特に大事なのは鼻呼吸で睡眠することです。
口呼吸の睡眠は、イビキをかく原因となります。
また、感染症のリスクなど口呼吸による睡眠は、良くないというのが一般的な学説です。
スポンサーリンク
 

4 睡眠時無呼吸症候群(SAS)の健康影響

睡眠時無呼吸症候群(SAS)の怖ろしさは、睡眠を十分にとれていないので、身体を休ませていないことです。
これがダメージとなってさまざまな変調を引き起こしていきます。
S課長は検査入院しましたが、診断は、腎臓病でした・・・。
このままでは、透析になるかもしれないという診断でした。
腎臓病は不治の病であり、とても治療がつらい病気です・・・。
睡眠時無呼吸症候群(SAS)と腎臓病との因果関係は明らかではありませんが、さまざまな生活習慣病を引き起こすとされているので、例外ではないのかもしれません。
酒もたばこもギャンブルもやらない誠実そのもののS課長が、よもやの腎臓病とは、想像もしませんでした。
因果関係はわかりませんが、いつも眠い眠いと言葉に出し、コーヒーのがぶ飲み、コーラなど炭酸飲料のがぶ飲み、しまいには栄養ドリンクや、最終兵器と称して、強強打破や唯一の医薬品であるエスタロンモカ錠も飲んでいました。

f:id:papayapapa:20170329064714j:plain

人体の毒物の廃棄機能があるのは、腎臓です。
もしかして、カフェインの摂り過ぎが、腎臓病を招いたのかもしれません。

5 まとめ

いかがでしたか。
コーヒーや煎茶は、日常生活においてリフレッシュするために、欠かせない嗜好飲料です。

f:id:papayapapa:20170412132516j:plain

しかし、嗜好飲料にはカフェインという精神に影響を与える物質が含まれています。
過剰摂取は、必ず人体に異常が現れます。過剰摂取は厳禁です。
場合によっては、腎臓病を患い、生涯透析とつき合わざるを得なくなるケースも生じます。
そうなれば莫大な治療費負担がかかるし、人生そのものがつまらなくなってしまい、何もいいことがありません。
治療はお金と時間を浪費し、苦痛を生むだけです。
人生を豊かに生きるためにも、適切な睡眠時間の確保を確保し、健康でありたいものです。(自分自身にも問いかけています。)
それでは