知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

東横INNを最安値(約20%引き)で宿泊する方法

スポンサーリンク

ようこそ(^o^)丿

お金を貯めることを通じて、人生を豊かに生きるヒントを提供する当サイトの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、夏休みも本番です。

家族や知人と旅行に行く機会も増えると思います。

f:id:papayapapa:20170728004813j:plain

ただホテルや旅館は、当たりはずれが多く、泊まってみてがっかりしてしまい、旅行自体が楽しくなくなってしまうことは、よくある話です。

管理人も出張でホテルに泊まる機会がありますが、期待以上のホテルに当たることは滅多にありません。

経費を浮かすため、安ホテルを選ぶ管理人が悪いのはわかっています。(哀)

このようなリスクをできるだけなくすためには、全国津々浦々にある全国チェーンのホテルに宿泊することをおススメします。

全国チェーンのホテルは、間取りや利用方法も共通しているので、一定のクオリティを確保することができ、しかもリーズナブルに安心して宿泊することができるからです。

f:id:papayapapa:20170728001129j:plain

中でも、現在もっとも勢いのある全国チェーンホテルといえば、東横INNとアパホテルが双璧と言って過言ではありません。

f:id:papayapapa:20170727223820j:plain

東横INNには、より安く宿泊できる方法が、満載です。

お得な宿泊方法を情報提供します。

スポンサーリンク
 

1 予約サイトと直接予約はどちらが得か

1-1 予約サイトで利益を生む仕組み

ホテルの予約は、ネットでの予約が、旅行会社窓口での予約よりも、安くてスピーディで、しかもポイントまで付くので、現在宿泊予約の主流となっています。

代表的な予約サイトとしては

楽天トラベル 

じゃらん

一休

などが良く知られています。

また、最近はトリバゴに代表される比較サイトも人気です。

f:id:papayapapa:20170728005230j:plain

これらの予約サイトは、JTBやKNTやViewなどの旅行パッケージと比べると割安なので、最安値と思いがちです。

しかし、ホテル側は、予約サイト側に10%程度の紹介料を支払っています。

たとえば10,000円の宿泊料で、予約サイトを利用して宿泊すると、店側に入る宿泊料は9,000円となり、1,000円が予約サイトの利益となります。

ホテル側としては、9,000円の宿泊料の客とみなします。

管理人の経験上の話となりますが、予約サイトでいい部屋に泊まることは相当に困難です。

先月も予約サイトを使って、13階建てのホテルを予約しましたが、泊まった部屋は3階でした。(泣)

経験上、予約サイトは、悪かろう安かろうしかないとつくづく感じています。

1-2 有名全国チェーンは、直接予約の方が得する時代

ところが、東横INNもAPAホテルも、今や予約サイトを使うとむしろ損する時代に変わりつつあります。

ホテル側が、約10%もの紹介料を予約サイトに支払うのが、馬鹿馬鹿しいと考え始めたからです。

10,000円の宿泊料で、300円OFFにしても、ホテルには9,700円の宿泊料が入ります。

予約サイトを利用すると、実質9,000円の宿泊料となるので、差し引き700円がホテル側に入るので、直接予約に積極的になっています。

f:id:papayapapa:20170727234300j:plain

(東横INN HPより転載)

www.toyoko-inn.com

www.apahotel.com

今後、力のあるチェーンホテルが、予約サイトから脱退する傾向は顕著になっていくものと思われます。

2 東横INNは、ビール券や商品券やおこめ券でも泊まれる!

うそのような本当の話です。

f:id:papayapapa:20170727234238j:plain

(東横INN HPより転載)

www.toyoko-inn.com

 金券ショップでは、ビール券や百貨店商品券は、2~3%引きで販売しています。

金券を使って、実質2~3%引きで、宿泊することが可能です。

f:id:papayapapa:20170728005505j:plain

3 東横INNクラブカードで、平日5%、休日20%引きとなる

もっと安く泊まる方法が、東横INNクラブカードを作る方法です。

f:id:papayapapa:20170728002707j:plain

3種類の東横INNカードがあります。

インターナショナルカード 年会費無料 入会金1,500円

VISAカード 年会費1,350円

レディースVISAカード 年会費1,350円

高いように見えますが、実はクレジットカードは実質ただです。

●VISAカード(東横INNクラブVISAカード、東横INNクラブレディースVISAカード)
1,350円の年会費(保険料)がりそなVISAカードより発生します。(毎年、口座振替にて自動引き落とし)
※東横INNではお客様にご負担いただく費用相当の「東横INN商品券」を進呈させていただきます。
商品券は最初3年分(4,050円)をVISAカードと一緒に同封しお届けします。
※4年目の年会費お引き落し後3ヶ月を目安に、残り2年分(2,700円)の商品券を発送いたします。

1回利用すると1ポイントが付き、インターナショナルカードとVISAカードは10ポイントで1泊無料、レディースVISAカードは5ポイントで1泊無料です。

f:id:papayapapa:20170728003453g:plain

(東横INN HPより転載)

そのほか、6ヶ月前から予約可能、15:00チェックイン可能などお得すぎる得点満載です。

東横INNは朝食(軽食)は無料なので、さらにお得です。

スポンサーリンク
 

4 まとめ

東横INNを常宿とすると本当に得します。

東横INNサイト予約で300円引き

東横INNカードで、休日20%引き、平日5%引き

10回泊まれば1泊無料

商品券やビール券、図書券などでも支払い可能

東横INNカードは、実質無料

これらを組み合わせれば、300円+0%引き(10回で1回無料)+平日5%引き+2~3%引き(ビール券、商品券)=約20%引きとなります。

今や、ネット宿泊予約サイトより直営サイトでの予約の方が安くなる時代です。

情報を持っていなければ、損してしまう怖ろしい時代です。

だからこそ、常に最新情報にはアンテナを立てておかなければなりません。

それでは楽しい旅行を!