知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

早起きは三文の徳どころではないほど人生で得をする

スポンサーリンク

ようこそ(^^)/

お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントをアツく語る当サイトの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、早起きは三文の徳ということわざは、現代のシーンではあまり重くはとらえられていないと思います。

宵っ張りのような不規則な生活は、不摂生となり、身体を壊し、大切なものを失うことを言っているんだとは思いますが、違和感を覚えるのは管理人だけではないと思います。

f:id:papayapapa:20180513112150j:plain

街には24時間営業のコンビニがあります。

24時間営業のスーパーもあれば、ガソリンスタンドもファミリーレストランもあります。

いざというときのため24時間救急医療センターもあります。

もはや早起きは三文の徳は、死語かもしれません。

しかし、三文を現代の金額に換算すると大体100円です。

早く起きれば、100円得するとなると試してみたくなりませんか?

単純計算で年に36,500円にもなります。

10年も続ければ365,000円にもなります。

早起きは本当に得するのか、管理人の不摂生な生活を挙げながら考えてみます。

スポンサーリンク
 

 

1 人間はそもそも朝方の動物である

ご存知のとおり、人間の祖先はホモ・サピエンスです。

これまでホモ・サピエンスは、約19万5000年前にエチオピアに誕生したとされていましたが、2017年に約30万年前のホモ・サピエンスの骨がモロッコで発見され、大騒ぎとなりました。

ホモ・サピエンスはか弱く、強固な骨格を持つネアンデルタール人には個体レベルではとても敵いませんでした。

f:id:papayapapa:20180505173354j:plain

しかし、頭脳と集団行動性があることから、進化の過程で、次々とライバルに勝ち、現在に至っています。

www.afpbb.com

ホモ・サピエンスは、厳しい氷河期を生き延びるために洞窟に長く暮らしたとされています。

そのために、寄生虫や感染症などの脅威に勝つために体毛の一部を自ら失ったとされています。

そして明かりのない長い洞窟暮らしで、人類が身につけたのが、体内時計(サーカディアンリズム)といわれています。

人類は時計がなくとも、体内時計機能を持ち、24時間リズムで動いています。

この体内時計の仕組みの発見は、なんと2017年ノーベル生理学賞受賞となりました。

人間の身体は,24時間のリズムで変化しています。

活動や睡眠といった目に見える変化だけでなく,朝が来ると血圧と心拍数が上がり始め,昼には血中のヘモグロビン濃度が最も高くなります。

夕方には体温が上がり,夜には尿の流出量が多くなります。

真夜中には免疫を担うヘルパーT細胞の数が最大になり,成長ホルモンがさかんに分泌します。

こうした周期のことを,サーカディアンリズム(概日リズム)と呼びます。一般には「体内時計」と言ったりもします。

www.nikkei-science.com

真っ暗闇の洞窟の中で、1日24時間を分子レベルで体内に身につけたのが人類です。

f:id:papayapapa:20180610074027j:plain

そのため、宵っ張りなど生活のリズムが狂うと、体内時計がうまく同期しなくなります。

時差ぼけは、典型的なケースですが、一過性のためすぐに治ります。

しかし、長期の夜型や不規則な生活が続くと、最新の研究では、がんや神経変性疾患、代謝疾患などのリスクが高まるとされています。

早起きするだけで、がん疾患やうつ病や糖尿病などのリスクを抑えられるとは、三文の徳どころではありません。

これだけでも早起きする理由はありすぎです。(^^)/

なお、人間のサーカディアンリズムは、1日25時間とされています。

あえて不正確なリズムを獲得したのは、人間は夢の大地を探し求め、移動を繰り返したからと推定されています。

アフリカで誕生し、世界中に散らばる過程で、時差までも体内時計に獲得していきました。

なんとも人間という生き物は、すごい動物です。

2 宵っ張りでお金と健康と時間を捨てている現実

みなさんは、夜にブログを書いたり、仕事を持ってきたり、勉強したりしても非常に能率が悪くはありませんか?

自分の文章力や遅筆が嫌になることはありませんか。

管理人は、ブログを毎日更新することを日課としています。(^^;

そのためその日のうちに次のテーマを探し、下書きをして、翌日の移動時間や昼休みを利用して更新しています。

しかし、夜中だと考えがまとまらないことがほとんどです。

集中力が続かず、睡魔が襲い、気づいたら1時2時を過ぎていることが普通です。

猛烈な眠気を防ぐため、つい近くにあるお菓子や飲み物を暴飲暴食してしまいます。

毎日通勤で約5kmは歩いているはずなのに、なぜか体重が増えています。

原因はわかっています。

睡魔と戦うための暴飲暴食です。( ゚Д゚)

f:id:papayapapa:20180425102725j:plain

正確に計算してはしてはいませんが、ブログを書くための飲食費は、平均1日500円くらい食べていると思います。

ゴミ箱が無残です。

月にしたら、15,000円以上です。

アホです。

ようやくがんばってブログでマネタイズしているのに、グーグル先生からいただく報酬は、ほとんどブログの食費として失っている計算です。( ゚Д゚)

身体にも絶対悪いはずです。

最近は自宅の体重計に上がるのが怖くなりました。(^^;

会社の健康診断が恐怖です。

そして、1日中続く睡眠不足は、仕事にも影響しています。

本当にバカな自称ブロガーのカス男です。

f:id:papayapapa:20180425102631j:plain

末路も見えそうです。

3 朝型に変えると超お得な時給計算

今日は朝から雨が降っていたので、車で出勤しました。

ラッシュが嫌なので、5時30分に起きて、6時10分には家を飛び出しました。

勤務先に着いたのは、6時40分です。

もちろん守衛を除き、社員は誰もいません。

f:id:papayapapa:20180309103025j:plain

ブラインドを開け、ポットにお湯を沸かします。

ゆっくりと持参したご飯を食べ、顔を洗い、歯を磨きました。

それでもまだ7時前です。

自分のためのドリップコーヒーを入れ、持参したパソコンで、ブログを書きます。

進むどころの騒ぎではありません。

夜の3倍以上のスピードで、ブログが進みます。

夜の時給の3倍以上の効率のよさです。

そういえば著名な行動経済学者のダン・アリエリー教授は、1日の中で、目が覚めてからの2時間が「最も生産的な時間」であるといっています。

ブログは、朝に書くのが、一番効率的だとしみじみ思いました。

時給にすれば三文ならず15,000円以上お得です。

スポンサーリンク
 

 

4 まとめ

人間は進化の過程で、朝型を獲得してきた動物であり、夜型の夜行性の動物ではありません。

電気の発見や明かりの発明で、疑似的に日中を作り出しているため、夜型人間が増えています。

しかし、どだい遺伝子レベルでインプットされている人間が夜型動物になれるわけがありません。

無理をすればどこかにしわ寄せが行きます。

まさか、体内時計を狂わすことが、がんを誘発したり、うつ病になりやすくなったり、糖尿病になりやすくなるとは、思ってもみませんでした。

健康を害する

太る

食料費、電気代がかかる

睡眠不足で仕事にも影響する

こんなよくないことをよくもまあ毎日繰り返してきたものだと猛省しています。<(_ _)>

明日は職場健康診断の日、最悪の健康状態を数字でみて、絶対に早起きに切り替えたいと宣言します。

f:id:papayapapa:20180225114819j:plain

早起きは三文の徳のレベルではありません。

早起きは人生の徳です。

ブログに愛と真の情報を

それでは