知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

アフィリエイトは、オワコンなのかについて考えてみる

最終更新 2019.5.20
ようこそ(^-^)/
お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントを考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、ブログに関心のある方でしたら、甘い勧誘にほだされ?、一度はアフィリエイトに挑戦してみられたことはあると思います。

f:id:papayapapa:20190126223157j:plain

かくいう管理人もです。(^^;

結果は惨敗です。

当サイトは、開設して、2年3ヵ月経ちますが、アフィリエイトで1つも売れたことはありません。

俺には無理とあきらめ、もしもアフィリエイトをすぐに退会しました。

A8ネットは、自己アフィリができると聞き、いずれ娘にクレジットカードを作ってやる都合もあり、入会のままにしてあります。

しかし、ちょっと困ったことになってしまいました。

アマゾンアソシエイトが、2019年1月23日より、カエレバと連携できなくなってしまったのです。

f:id:papayapapa:20190121224936p:plain

アマゾンアソシエイトで収益を上げるなんて、管理人にはとても無理です。

1年間やってみて、7,241円をいただき、身に沁みています。

(´▽`)

www.panpanpapa.com

アマゾンアソシエイトでの収益狙いではなく、ブログにアクセントをつけるため利用しています。

ブログに本やモノの写真を貼りつけようとすると、著作権が絡みます。

そこまで目くじら立てなくとも思いますが、一度JASRACから告訴も辞さないとメールを頂戴したこともあり、とても怖れています。

www.panpanpapa.com

アマゾンアソシエイトは、アマゾンの審査を通っているので、堂々とブログに掲載することができます。

とても便利なので、ブログのアクセント用に使っていました。

それが、2019年1月23日からできなくなるとは・・・。

 

やむなく、一度退会した「もしもアフィリエイト」に再度申し込みました。

f:id:papayapapa:20190213104729p:plain

もしもを介すると、アマゾンのリンクが貼れるからです。

しかし、きびしい。

一度、退会した場合の復縁はきびしいです。
(;´Д`)

ようやく審査に合格し、再度「もしもアフィリエイト」再加入しました。

ところが、アマゾン提携が審査中のままです。

あのうアマゾンアソシエイトは一発合格したのですが!

グーグルアドセンスも一発合格したのですが!

なのにどうして?

一日千秋の思いで、アマゾン提携審査の結果待ち中です。

審査中のまま、早や2週間が過ぎました。

この間、アフィリエイトについて調べてみると、以前と状況が一変していることにがく然としてしまいました。

今、アフィリエイトの世界に何が起きているのか考えてみます。

スポンサーリンク
 

1 A8ネットとは

アフィリエイトに関心を持っている人なら、国内最大手のA8ネットを知らない方はいないでしょう。

f:id:papayapapa:20190213104958g:plain

A8ネットで検索すると驚きます。

月間売り上げ100万円、200万円越えを標榜するサイトがたくさんあります。

ホントかよ・・・。
(´Д`)

出るのはため息ばかりです。

A8ネットは、国内最大級のASPです。

ASPとは、アフィリエイトサービスプロバイダーの略で、広告主とアフィリエイターをつなぐ仲介役をする広告企業です。

ブログ運営者が、ASPの会員となり、広告を貼り付ければ、その瞬間からアフィリエイターとなります。

f:id:papayapapa:20181124074720j:plain

まあ、収益があるかどうかは、別問題です。(^^;

2 ファンコミュニケーションズ

A8ネットを運営する企業が、ファンコミュニケーションズ(2461)です。

東証一部上場の大企業です。

さぞかし、株価は高いだろうと思われると思います。

???

株価は、超低空飛行です。

2017年10月に1200円を超えていた株価は、ジェットコースターのように株価を下げて、現在に至っています。

特に不祥事を起こしたわけでもありません。
仮想通貨に手を出したわけでもありません。
ワンマンオーナーが暴走したわけでもありません。

一体何故なのでしょうか?

ファンコミュニケーションズ

(出典:ヤフーファイナンスHP)

3 ファンコミュ二ケーションズ決算の衝撃

ファンコミュ二ケーションズの決算は12月期です。

2018年12月期決算は非常に悪い内容です。

18年12月期の連結経常利益は前の期比24.7%減の43.6億円になり、19年12月期も前期比14.8%減の37.2億円に減る見通しとなった。

4期連続減益になる。

ファンコミュニケーションズ【2461】、今期経常は15%減益へ | 株探ニュース

4期連続減益とは、相当にきびしいと思います。

同じく、ネット広告業のサイバーエージェント(4751)も、ソネットMN(6185)も決算は良くありません。

ASPというと、時代の花形産業のような気がしますが、決算はとても厳しい状態が続いています。

 

決算資料を見るともっと衝撃です。

2018年の月次業績(売上高)が、12か月間すべて前年比マイナスです。

1月   95.4%   2月 92.3%   3月 87.4% 
4月   95.0%   5月 93.7%   6月 92.4%
7月   91.9%   8月 82.2%   9月 80.8%
10月 91.8% 11月 91.9% 12月 91.4% 

これはひどい!( ゚Д゚)

これでは、株価が2年前の半値以下となるのもわかるような気がします。

数字上、アフィリエイトはオワコンなのかと言える数値ではないでしょうか?

4 ファンコミュ二ケーションズ売上げが減少している理由

株価チャートを見ると、2017年10月から急落していることがわかります。

2017年9月19日より、Apple社のWebブラウザであるSafari11.0にITP(Inteligent Tracking Prevention:インテリジェント・トラッキング・プリベンション)機能が搭載されたからです。

f:id:papayapapa:20180922171743j:plain

現在は、Safari12.0にITP2.0が搭載されています。

ITPとは、Intelligent Tracking Preventionの略で、トラッキング防止機能という意味です。
簡単にいうと、「サードパーティーCookieの記録を24時間しか保存できない」機能のことをいいます。
Safariは最大30日間記憶する機能を持っていたので、アフィリエイトを行っている方にとっては、クリックして買ってもらえるチャンスが30日間も続くというありがたい機能でした。

www.panpanpapa.com

すでに世の中は、モバイルファーストの時代に突入し、ブログの閲覧も購入も、さらには決済までスマホ上で完結する時代です。

我が国においては、圧倒的にAppleのiPhoneがシェアを持っています。

約7割のシェアがiPhoneとされているため、ITPの影響は計り知れません。

せっかくアフィリエイトしても24時間しか追尾してくれないので、アフィリエイト効果が激減し、思うように収益を上げられなくなっていることが、アフィリエイトを目指す人たちから敬遠され、売り上げが落ちていると見てもいいかと思います。

もちろんファンコミュニケーションズも手をこまねいているばかりではありません。

サードパーティーCookieからファーストパーティ―Cookieに切り替え、ITPによるトラッキングの防止に努めています。

2019.5.20の時点で、5,167点をITP2.0対応としています。

【A8.net】新着 ITP2.0対応プログラム

それにしても、この売上げ減少は衝撃です。

5 ITPの影響は、サードパーティーCookieASPばかりか?

ここで心配になるのは、グーグルアドセンスだと思います。

グーグルアドセンスは、ターゲティング広告であることから、ITPの影響はさほど受けないとされていますが、詳細はわかりません。

管理人の立場からいうと、当サイトの影響は大かなと思います。

嗚呼、昔はよかった・・・。
(´Д`)

また、ヤフーやアマゾンがモール内で行う広告への影響は、ITPはないとされています。

そのためかどうか、ヤフーのネット広告関連会社のバリューコマース(2491)は、ファンコミュニケーションズとはまったく別で、株価は爆騰しています。

( ゚Д゚)

いつものことながら、買っときゃよかったあああ!

400円台が2,800円と株価は7倍です!

バリューコマース

(出典:ヤフーファイナンスHP)

スポンサーリンク
 

6 これからのECはどうなっていくのか?

これから、 EC(electronic commerce)の世界は、どうなっていくのでしょうか?

誰にもわかりません。

しかし、傾向は出ています。

それはGAFAの巨大化がますます高まっていくことです。

すでにアメリカにおけるECの半分は、アマゾンが占めるまでになっています。

アマゾンは、グーグルとは別の検索機能により、数千万点の商品を検索できるロボットを持っています。

このことは、アマゾンが一人勝ちしていけば、外部ASPや場合によってはグーグルアドセンスさえ必要としない可能性を秘めています。

また、フェイスブックがあれほど叩かれても業績が伸びているのは、フェイスブックは、個人の性格趣味嗜好を分析把握しているからだとされています。

個人の性格趣味嗜好を把握すれば、極めて効果的な広告を掲載でき、売り上げに寄与できます。

なんとも怖ろしい世界がやってくるかもしれません。

7 まとめ

いかがでしたか?

ブロガーやアフィリエイターにとって、必須のA8ネットを運営するファンコミュニケーションズは、業績不振に喘いでいます。

その理由が、GAFAの方針であるところに、GAFAの脅威を感じます。

ブロガーもグーグル神の方針ひとつで、マネタイズなど吹っ飛んでしまいます。

マネタイズというものは、もらえればありがたいという位置づけにしておいた方が、長くブログを楽しむことができることになるのではないでしょうか?

f:id:papayapapa:20180922171717j:plain

未来は誰にもわかりません。

転ばぬ先の杖は、何本でも持っておいた方がいいと思います。

くれぐれも株式投資は、自己責任により判断されますようお願いします。

ブログに愛と真の情報を

それでは

8 附記

このブログを書き始めた2019年2月12日夜、な、なんとA8ネットで生まれて初めて収益が発生しました。

f:id:papayapapa:20190213162102j:plain

不思議な縁を感じます。

びっくりしました。

2年と3か月にして始めてのことです。(^^;

のんきにA8ネットとはつき合っていこうと思います。
(^^;