知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

絶句!スマホ用アドセンスアプリが、2019年中に消えるなんて!

ようこそ(^-^)/
お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントを考える当サイトの夢見る管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、みなさんブログを楽しんでいますか?

ブログは楽しいです。

たとえグーグル神から残酷な仕打ちを受け、PV数が激減しても楽しいです。
(´Д`)

好きなことを自由に書いて、発信できます。

しかも、運営者が削除しないと、地球上のすべてのサーバーが同時にクラッシュでもしない限り、どこかのサーバーには永遠に残っています。

ある意味、ブログとは生きた証をウェブ上に残しているといえるといえます。

毎日、遺言状を残しているようなものです。

そう思うとワクワクしませんか?

しかも、ブログは収益化も可能です。

好きなことを自由に書いて、自由に発信し、しかも収益も期待できるなんて、まるで現代の魔法です。

ROM専だけなんて、絶対にもったいないです。

読者のみなさんの中で、ブログを始めていない方がいらっしゃるのなら、すぐにでも始めることを強くおススメします。

ブロガー

グーグル神は、ブロガーに次々と試練を与えます。

またも強烈な試練です。

2019年以内にグーグルアドセンスのスマホアプリを終了します。

あのう、管理人にとってはヤフーファイナンスの次に利用しているアプリなんですが!

(´Д`)

↓管理人の最も使うアプリです。

アプリ

グーグル神よ。

所詮ブログは、神にとって広告を出す場所の提供に過ぎないのでしょうか?

(´Д`)

スポンサーリンク
 

1 アドセンスアプリ廃止

2019年7月15日(現地時間)、グーグル神は衝撃の発表をさらりと行いました。

原文タイトル

グーグル神

 

この発表によれば、今やアドセンスユーザーの70%がモバイルからアドセンスを確認しているそうです。

管理人もそのとおりです。

収益は微々たるものですが、ページビュー(PV)数やクリック数ページCTR、ページRPMそしてインプレッション収益を見るのがとてもおもしろいからです。

UPしたブログ記事の評判の現実が手に取るようにわかり、反省と希望と今後の方向性が読めるのが何よりも励みになります。

それが、廃止となるとは・・・。
(´Д`)(´Д`)(´Д`)

グーグル翻訳で読もうとしましたが、killingを殺害と訳したりして、日本語となっていないので、GIGAZINEからの説明を引用します。

アドセンスを殺害するなよ!
(´Д`)

原文翻訳

グーグル神

ユーザーにとってモバイル端末からGoogle AdSenseをチェックできることはとても重要なことであると理解している」とGoogleは記しています。
実際、Google AdSenseユーザーの3分の1以上がモバイル端末からGoogle AdSenseにアクセスしており、そのため、モバイルユーザーのユーザーエクスペリエンスを向上させることはGoogleにとっても重要なことであるそうです。

Googleの広告配信サービス「Google AdSense」のiOS・Androidアプリが2019年内に廃止 - GIGAZINE

やはり管理人と同じブロガーが、とても多いことに安心です。

Googleは「すべてのプラットフォームをサポートする共通のウェブアプリケーションに投資することで、モバイル向けに最適化されたGoogle AdSenseの機能を、現在よりもはるかに素早く提供できるようになるはず」と、Google AdSenseアプリの抜本的な見直しを宣言しています。

それに伴い、Googleは2019年後半にもGoogle AdSenseのモバイルウェブインターフェースの改善を発表し、今後数か月以内にiOSおよびAndroid向けに提供されているGoogle AdSenseアプリが廃止となる予定も明かしました。
既存のGoogle AdSenseアプリは2019年内にアプリストア上から削除される予定とのことです。

Googleの広告配信サービス「Google AdSense」のiOS・Androidアプリが2019年内に廃止 - GIGAZINE

何々?

廃止はするけど、抜本的見直しは図る!

ということは新バージョンのアプリが誕生する可能性があるということかもしれません。

(´▽`)(´▽`)(´▽`)

 まだ、希望はある???

あって欲しい!

2 アドセンスアプリの概要

アドセンスアプリは、次の項目からなっています。

見積もり収益額
ページビュー(PV)
表示回数
クリック数
ページCTR
クリック率
クリック単価(CTC)
ページRPM
インプレッション収益

どれも自分のブログを分析し、反省し、少しでも前向きに進むためには必要な項目ばかりです。

おさらいします。

スポンサーリンク
 

2-1 見積もり収益額

ブログの収益化の結果です。

正直にうれしいものです。

グーグル神がやりましょうと背中を押してくれます。

グーグルアドセンス

微々たる額でもうれしいです。
(´▽`)

計算方法です。

速算法

見積もり収益額=PV数×ページCTR×クリック単価(CTC)

正確法
見積もり収益額=表示回数×クリック率(CTR)×クリック単価(CTC)

とはいいながら、グーグルアドセンス神の計算要素は、もっとあります。

あくまでも目安にしてください。

2-2 ページビュー(PV)

ブログを訪問した回数です。

1人で何回訪問しても、訪問した分がカウントされます。

ブロガー

従って、見積もり収益額は高めに出ますが、最終的に補正されます。

アドセンスの収益は、PV数が増えれば増えるほど増えるのは、PV数が増えればそれだけクリックしてもらう機会が増えることを意味しています。

アドセンスは、PV数といわれる所以です。

2-3 表示回数

ブログにアドセンスが掲載した広告の表示回数となります。

何らかの不具合で、広告が不具合となれば、その文表示回数は減ります。

また、広告を増やせば、表示回数が増えて、見積もり収益額が上がるのではと考えることもあろうかと思いますが、そうはなりません。

クリック率やクリック単価で調整されます。

2-4 クリック数

アドセンスが掲載した広告を実際にクリックした数です。

もっとも重要な要素です。

グーグルアドセンスを利用している人は、いかにクリックしてもらえるか広告の配置に知恵を絞ります。

ブログ閲覧

◆記事下にダブルレクタングルを配置する
◆目次上にリンクユニットを配置する
◆真ん中に記事内広告を配置する

などの方法もあるようです。

当ブログは効果はありません。

(´Д`)

2-5 ページCTR

CTRとは、 Click Through Rate の略です。

1ページ当たりの広告がクリックされた比率を表したものになります。

例えばページ CTRが1%なら、100PVのときに広告が1回クリックされたことになります。

ページCTR=クリック数/PV×100

一般にページCTRの平均値は、1%とされています。

もちろん2%の方もいれば、0.5%の方もいるはずです。

管理人ですか。(´Д`)

死者にムチ打つ話になって、誰もみんなうとましくなって逃げだして行きます。

2-6 クリック率

クリック率は、表示回数をクリック数で割った数となります。

見積もり収益の正確性は、クリック率の方がより正確です。

大体0.05%から1%で、平均は0.4%程度とされています。

たとえば表示回数10,000回で、クリック回数40回であれば、クリック率は0.4%となります。

2-7 クリック単価(CTC)

広告をクリックしたときに発生する報酬額です。

一番安い報酬は1円、高い場合2,500円なんていう場合も稀にあります。

平均単価は、どんどん下がっているようです。

ブログの参加者が増える一方な中で、広告数は限られているので当たり前な話です。

現在は20円~40円程度が、平均単価とされています。

大体30円程度といったところでしょうか。

2-8 ページRPM

RPMとは、Revenue Per 1,000 Impressions の略です。

1,000PVあたりの見積もり収益額になります。

ページRPM=1,000×見積もり収益額÷PV

現在のRPMが500円であれば、3,000PVなら1,500円の見積もり収益があると計算することができます。

あくまでも目安として使うものになります。

2-9 インプレッション収益

インプレッション収益(RPM)は、表示回数 1,000 回あたりの見積もり収益額です。

インプレッション収益は実際の収益額ではありません。
見積もり収益額を広告表示回数、またはクエリ数で割り、1,000 を掛けた値です。

インプレッション収益 =(見積もり収益額/広告表示回数)×1000

3 これら項目で何が見える化

この9つの項目で、ブログの見える化が可能となります。

見積もり収益額が常に高ければ何もする必要はありませんが、安定して見積もり収益額右肩上がりにはなりません。

ブログは必ずピークアウトがやってきます。株ととても似ています。

ピークアウトとは、旬と呼んでもいいかと思います。

ブログには賞味期限があり、ピークを過ぎるとダラダラとPV数は下落していきます。

その原因を探り、少しでもピークアウトが高止まりするように対策を講じる必要があります。

当サイトの場合、次の特徴があります。

◆クリック数は、0時前後に増える。
◆PV数は、8時前後、12時前後、23時前後に増える。
◆クリック単価はひたすら下落している
◆クリック率は、ピーク時に比べ半減している
◆RPMも、ピーク時に比べ半減以下である

と悲惨な結果が見えてきます。

グーグル神よ!何故この弱小ブログにここまで試練を与えるのですか!

4 だけどアドセンスアプリはおもしろい

結果を見ると悲惨ですが、暇なときはほぼ20分おきくらいに見ています。

おっ、増えてきたな。

今はサラリーマンが昼休みで見てくれているな。

今日の記事は不思議と10時過ぎに多いな。主婦の方かな?

リアルに自分のブログが変動する姿を推測できるのは、アドセンスアプリのおかげです。

スポンサーリンク
 

5 まとめ

スマホ用グーグルアドセンスアプリが突然2019年内中に廃止なんてあんまりです。

管理人から毎日の密やかな楽しみを奪い去るようなものです。

グーグル神はブロガーに対して、何を求め何を奪おうとしているのでしょう。

https化はまだ助走です。

これからは、AMP(Accelerated Mobile Pages)化が待っています。

AMP化は、すでにはてなブログでも対応していますが、大量PV数のあるブログであればメリットこそあれ、弱小ブログにはデメリット(広告が配信されにくい、変更すると同じ記事にみなさない)がまだ解消されていません。

すべての広告の自動広告化は、合うブログと合わないブログがあり、強行すれば阿鼻叫喚の世界が待っていることでしょう。

そして速さはすべてです。

モバイルファーストの時代です。

これらはすべて読者をストレスレスにして、快適なブログ環境を作るためといっています。

速い

そうでしょうか?

グーグル神といえど営利企業です。

早く快適に閲覧できれば、それだけ広告が効果を発揮し、広告主がメリットを享受するはずです。

そうなれば、広告主はもっと広告を発注するかもしれません。

ブログとはグーグル神にとっては、広告を載せるための単なる場所に過ぎないのかもしれません。

ブロガーは所詮養分なのかもしれません。

それでもグーグル神の作り上げた収益システムの中で、何百万円、何千万円もの収益を上げる人は少なからず存在します。

せっかくのブログです。

少しでもマネタイズを試み、豊かな生活に寄与できればと思います。

スマホ用アドセンスアプリの新バージョンが出ることを期待するばかりです。

ときすでにお寿司かもしれませんが。
(´Д`)

ブログに愛と真の情報を 
それでは