知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

1株優待で東洋文庫ミュージアムに無料入館する方法!

スポンサーリンク

ようこそ(^^)/

人生を豊かに生きるためには、健康とお金がとても大切と考える当サイトのポンコツ管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、管理人はかつて1株優待にハマっていました。

1株優待とは、1株保有でも単元株と同様の株主優待が適用されるというとてもお得な株式投資です。

しかし、今や1株優待は消えゆく危惧種です。

管理人の1株コレクションは現在17銘柄です。

かつては、1株のみでクオカードや商品券がもらえる銘柄もありました。

しかし、今や皆無に近いです。

ある日突然止めてしまうので、いくら待っても届きません。

また、カレンダー優待、運営するミュージアムの入場券、記念品贈呈なども同様です。

これだけ円安やインフレが続けば、少しでも経費節減を進めるのは当たり前かもしれません。

そんな中、東洋一美しい図書館として有名な「東洋文庫」の入場券が、2024年3月期「三菱総合研究所」の株式関係書類に同封されてありませんでした。

株式関係書類

軽い絶望感を味わいました。

しかし、2週間ほど遅れて届いた2024年3月期「三菱商事」の株式関係書類には同封されていたではありませんか!

東洋文庫の入場券は大人1人800円です!

たった三菱商事の株価は、1:3分割を行ったこともあり、現在1株3,165円(2024.6.25現在)です。

東洋文庫を訪れてみたいと思っている人は持ってて損はないと思います。

スポンサーリンク  

 

 

 

1 三菱総合研究所1株優待改悪?

いつかは行こうと思っていた東洋文庫ミュージアムの株主優待が、2024年3月期三菱総合研究所株式関係書類に同封されてなく、軽いショックを覚えました。

かつて、三菱総合研究所は、好みさえあれば最高の1株優待だったからです。

www.panpanpapa.com

www.panpanpapa.com

1,800円相当の雑誌や書籍、三菱総合研究所特製リングノート、そして東洋文庫ミュージアムと静嘉堂文庫美術館の入場券が贈呈されていました。

しかし、2024年に入り、フロシネス引き換えアンケートはがきは届きませんでした。

そして、東洋文庫ミュージアムの入場券も同封されてありませんでした。

2024年3月期株式関係書類に同封されてあったのは、静嘉堂文庫美術館入場券のみでした。

静嘉堂文庫美術館入場券

もちろんうれしいです。

静嘉堂文庫美術館は、移転しとてもアクセスが良くなり、東京駅から徒歩5分丸の内MY PLAZA1Fに立地しています。

入場券は一般1,500円!

2名分の入場券なので、3,000円の価値があり、美術館鑑賞したい人にはとてもお得な株主優待です。

配当金は現在160円で、利回りは3.25%です。

株式売買手数料なしのネット証券で、新NISAで買えば、税金の控除もありません。

今後さらなる1株優待の改悪がなければ、わずか4,920円(2024.6.25現在)の投資で済みます。

約定

持っていて損はないかと思います。

ただし、1株売買は市場取引ではないので、どうしても高めの株価となりやすいので注意が必要です。

3年で配当金は累計430円受領しました!

スポンサーリンク  

 

2 三菱商事より奇跡の東洋文庫入場券贈呈!

一度は東洋一と呼ばれる東洋文庫ミュージアムに行ってみたいと思っていました。

三菱総合研究所に1株投資したのもその理由からです。

ところが2024年3月期株式関係書類に同封されてなく、軽いショックを受けてしまいました。

ところがです。

三菱商事の2024年3月期株式関係書類に同封されていましたあああ!

東洋文庫入場券

感動です。

入場券は一般800円なので、2枚分1,600円の価値があります!

よかったです。

今度こそ訪れてみたいです。

約定

三菱商事は、2023年12月28日付けで、1:3分割を行いました。

おかげで3株株主となりました。

株価も爆騰して、2.5バガーです。

たった1株投資なのに含み益は+5,817円!

しかも、配当金は2025.3月期は100円予想なので、3株だと300円となります。

利回りなんと8.16%のお宝株となりました。

毎年300円の不労所得です。

新NISAに移行して、ずっと持っていてもいいかと考えています。

3 まとめ

三菱総合研究所の株式関係書類を開封した絶望感は忘れられません。

東洋文庫ミュージアムの入場券が同封されていなかったからです。

でもまさかの三菱商事の株式関係書類に同封されていたとは驚きでした。

ぱんぱんぱぱ
よかったです!
 

1株優待は今や絶滅危惧種に瀕しています。

財閥系の1株優待でさえ、改悪が続いています。

でも、こうして美術館の入場券が進呈されると、久々に東京に行ける理由もつくというものです。

管理人は現職の頃は東京に住んでいたこともありました。

また、月に1-2度は東京へ行き来もしていました。

しかし、いったん社会の第一線から卒業してしまうとなかなか東京へ行く機会がなくなりました。

株主優待でいただいた美術館の入場券を手に入れることができると東京に行く理由もつくというものです。

また、株主権利である株主総会にも顔を出してみたいと思っています。

www.panpanpapa.com

1株優待が人生を豊かにしてくれるのはまちがいありません。

また、1株でも、配当金が受領できます。

いきなり単元株(100株)ではハイリスクと考える人は、1株投資から始めても悪くはないと思います。

いくら1株優待が絶滅危惧種となったからと言っても、まだ1株優待を残してくれる銘柄はごくわずかですが残っています。

豊かな人生を楽しむためにも、1株優待にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

特に三菱商事は1:3分割したのでとても買いやすくなっています。

3,165円で100円の配当金と1,600円の東洋文庫ミュージアムの入場券はお得です。

なお、1株取引を行っている証券会社は限られています。

窓口証券では扱っていないので、必然的にネット証券となります。

1株投資でも手数料を取るネット証券もあるので、選択には十分にご注意ください。

ブログと1株優待と東洋文庫ミュージアムに愛と真の情報を!

それではまた!

このすば!

4 付記 三菱総合研究所の1株優待は2024年で終了!

株式関係書類の中に三菱総合研究所2024年9月期中間報告書が同封されていました。

6月に届いたのに9月期とは?でしたが、三菱総合研究所の事業年度は10月1日から9月30日までとしているからだそうです。

重大な情報を読み損ねていました。

1株優待改悪

2024年12月開催の株主総会より、議決権行使しないと美術館招待券の進呈はないそうです。

端株保有者には議決権行使権利はありません。

つまり、今回の静嘉堂文庫美術館の招待券が最後の1株優待ということになります。

1株では三菱総合研究所の優待は手に入れらくなるのでご注意ください!。

ぱんぱんぱぱ
また、改悪か・・・。
 

優待のない1株投資なんて、何の魅力もありません。

ああ!

残念です。