知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

へたなナンピンすかんぴん実践記

ようこそ(^^)/

人生を豊かに生きるためには、健康とお金がとても大切と考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、株式市場が変調です!

2021年2月、世界に先駆けてワクチン接種が進むイスラエルにおいて、ファイザー製ワクチンが発症を94%防ぐことが発表されました。

これを受け、コロナワクチン接種により、コロナ禍を克服できるのではないかという楽観的な見方が大勢を占め、世界中の株価はうなぎのぼりとなりました。
(´▽`)

www.bbc.com

それに伴い、インフレが懸念され、アメリカ国債金利も急激に上がり始めました。

金利が上がれば金融株も連動して上がります。

株価上昇

まるで、コロナ禍が終わったかのような動きが始まりました。

我がポンコツ盆栽株も大いに騰がって、この世の春を楽しんでいました。

www.panpanpapa.com

しかし、このタイミングでよもやよもやの事態が2つ発生しました。

ひとつは、日銀が上場投資信託を日経平均株価上位構成銘柄からTOPIX上位構成銘柄に変更する旨を発表しました。

www.panpanpapa.com

もうひとつは、ヨーロッパを中心にコロナ変異株が猛威を振るい始め、変異株にワクチンは効かないのではないかという見方が出始めました。

人類はコロナ禍を克服できないの? 

これらにより、日経平均株価は2021年3月18日から4日続けての暴落となりました。

日経平均株価チャート

日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンス

これはひどい。

3月18日終値が、30,216.75円でした。

3月24日終値が、28,405.52円です。

4日間で、-1811.23円もの暴落です!

3月期決算権利確定日は、3月29日です!

もうすぐ配当金が受領できるというのに!

なぜ高値のまま年度末に突っ走ってくれないのでしょうか?

涙で周りが良く見えません。

泣いてもいいですか?

この間の日経平均株価の下落率はなんと-6.0%です。

1,000万円投資なら平均-60万円

3,000万円投資なら平均-180万円

5,000万円投資なら平均-300万円

管理人のポンコツ盆栽株もしこたまやられました。

こんなときは、黙って嵐が過ぎ去るのを待つのが賢明です。

名人ともなると、下落したらいったん損切りして、下がりきったところで買いなおしするという高等戦術を使うそうですが、並みの個人ではまず無理な方法です。

また、思惑とは違って株価が下がった時は、ナンピン買い下がりで、平均単価を下げる方法が知られています。

しかし、それは悪手とされています。

でも、俺はナンピンがやりたいんだあああ!

俺は株式分割がたまらなく好きなんだ!

あなた!私に断りもなくどこからお金を持ってくるの! 
ぱんぱん妻
スポンサーリンク

 

 

1 株式分割とは?

株式分割とは、主に株式の流動性を高めることを目的に現在ある株式を会社が好きなように分割するものです。

業績が伸びてくるにつれ、株価はどんどん高くなっていきます。

10,000円を超える株のことを超値嵩株といいます。

何しろ1,000株投資するのに1,000万円も必要とします。

普通のサラリーマンではとても買える金額ではありません。

誰も買わなくなると、株価は次第に値下がりしてしまう傾向があります。

需要が供給を上回れば、株価は騰がっていくからです。

株価が騰がれば、その会社の資産価値も高まります。

会社にとって、株価は命と同じです。

そこで、株価の流動性を高めるために株式分割を行います。

流動性が高まれば、その分取引が活況化し、株価も騰がってくれるからです。

株式分割は一般に業績の良い銘柄が行う傾向があります。

2 俺は株式分割に弱いんだ

管理人は株式投資の歴史だけは長い底辺中の底辺ポンコツ盆栽株主です。

株式で財を成す人は、わずか数年で億り人になる人もいるそうです。

管理人はポンコツなので、とてもとてもそんな域には達していません。

ただし、管理人のポンコツな株式投資歴の中で、1つだけの不敗の伝説があります。

それは、株式分割銘柄に投資して、損を生じたことがないことです。

それだけ株式分割というものは、素人の個人投資家でも勝てるチャンスのある投資法です。

ナンピン

買いたい!

買いたい!

買っちゃったあああ!
(´▽`)

あんたバカあ! 
ぱんぱん妻
スポンサーリンク

 

3 管理人が投資した銘柄は?

管理人が投資した銘柄は2つの銘柄です。

ひとつはまだ未公表とさせてください。

いつか報告します。

もうひとつは、ダイワボウホールディングス(3107)です。

何この会社?

紡績会社?

時代に取り残された繊維株?

あんたばか?

ハイ、馬鹿です。

でもダイワボウホールディングスは、知る人ぞ知るIT企業の一角に劇的に変貌しました。

子会社にダイワボウ情報システムDISを傘下に持っています。

ダイワボウ情報システム

これがすごい。

全国の法人や学校にPCや周辺機器をリース保守点検するIT事業に乗り出しました。

今や全国の法人のリースPCの33.6%のシェアを持つPCリース最大規模の企業となりました。

DIS

ITインフラ流通事業 | 事業紹介 | ダイワボウホールディングス株式会社

わが社もDISからPCとサーバーの一部をリースしています。

PCはすぐに性能が陳腐化するので、法人PCはリースが基本です。

いったんリース契約を結べば、よほどのことがない限り契約は続きます。

すごいビジネスに目をつけたものです。

現在はクラウドコンピューティングが主流で、システムと一体化したリースを組むのが一般的です。

業績はすさまじく右肩上がりで、株価もうなぎのぼりです。

ダイワボウホールディングス株価チャート

ダイワボウホールディングス(株)【3107】:チャート - Yahoo!ファイナンス

1年前に気づいていれば4,000円台でしたが、管理人にはアウトオブ眼中でした。

値嵩株は高すぎて、貧乏サラリーマンにはとても買える代物ではなかったからです。

4 ダイワボウホールディングスは1:5分割!

そんな矢先、ダイワボウホールディングスが、2021年4月1日現在の株主に対し、保有株を1:5分割するというじゃありませんですか!

kabutan.jp

2021年3月権利確定日(3月29日)までに買っておけば、5倍の株式を保有できます!

なんという気前の良さ!

同じように考える投資家はたくさんいたようで、あっという間に9,700円を超えてしまいました。

でも配当金は200円です。

仮に100株を97万円で購入しても配当はわずか2万円です。

俺には超値嵩株は買えないかとあきらめました。

同じように1:5分割するBASEにとても心が動かされました。

BASEは、ネットショップ開設支援を行う企業で、2020年コロナ禍の中、奇跡のテンバガーとなった企業です。

BASE株価チャート

ここも1:5!

しかし、赤字が続き先行投資型です。

むろん配当金も出ません。

株価上昇もうれしいですが、配当金も欲しいところです。

株価は1か月で7,000円近い大暴落中です。

5 ダイワボウホールディングス配当金を300円に!

そんな中悶々としていたところ、3月12日にビッグニュースが飛び出しました。

ダイワボウホールディングスは、今期配当金を200円から300円に増配するというではありませんですか!

kabutan.jp

これなら配当利回りは3%前後確保できます。

しかも現在のEPSは驚異の1,100円です。

5分割してもEPSは220円を確保できます。

しかも、2021年度よりGIGAスクール(小学生1人に1台のパソコン供与)が始まります。

GIGAスクール

これは神風ではないの?

保有株が絶好調ということもあったかもしれません。

3月21日に検討し、22日に底値らしきところで100株購入しました。

翌日ふたを開けると-530円もの暴落です・・・。

早速の含み損を喰らいました。

これだから3月期の株式投資は油断なりません。

バカヤロー!

スポンサーリンク

 

6 下手なナンピンすかんぴん

ダイワボウホールディングスの配当金支払いは、年に1回3月末です。

ということは3月29日までに購入すれば、100株でも30,000円が必ず受領できます!

こうなったらナンピンだ!

9,010円でナンピンだあ!

これで200株購入したので、4月1日に5分割で1,000株保有となります!

あわせて配当金60,000円が受領できます。

下落しても必ず騰がると信じています。

と思っていたら、3月24日は、日経平均株価はすさまじい暴落となってしまいました。

日経平均は-590円もの大暴落です。

暴落

我がポンコツ盆栽株は、吐き気がするほどの大暴落となってしまいました。

(スクショはもう少し心の準備ができてから公開します。)

こんな中、株式投資しておまえ大丈夫なの?

もちろん怖いです。

妻にバレるのがもっと怖いです。

呼んだ? 
ぱんぱん妻

 

分割と聞いて、1か月で280万円も株式を購入してしまいました。

投資は怖いですが、分割の方がもっと魅力的です!
(´▽`)

7 まとめ

3月26日のダイワボウホールディングスの株価終値は、9,020円まで戻ってくれました。

でもナンピンしても、-27,000円の損益中です。

まさかここまで下落するとは思いもしませんでした。

これ以上のナンピンは管理人にはもう無理です。

まあいいです。

4月1日からは5分割になります。

楽しみでしょうがありません。

IPO株式投資よりも分割投資は、チャンスはあるのではないでしょうか?

株式取引

ただし、最近の株式分割は必ずしも騰がるわけではないことに要注意です。

分割ゴール!となって下落する株もあります。

ほとんどの証券会社のサイトで、毎月の分割情報が掲載されますので、株式投資のヒントとして検討されてみてはいかがでしょうか?

くれぐれも株式投資は自己責任により判断されますようお願いします。

すかんぴんとなるかどうかは、権利落ち後の30日にわかります。

それまでドキドキです。

ブログと株式分割に愛と真の情報を

それではまた