知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

年金/保険

年金2.7%UPがうれしすぎる件!

令和6年度の年金は、物価上昇にスライドして、2.7%UPです。初受給から2回目にしてのUPは想像もしていなかったのでうれしすぎます。老後設計は公的年金が基本と過去の自分に感謝です。

齢64歳にして、プチFIREとなった日

齢64歳にして、このたび公的年金の初めての受給日を迎えました。感無量です。これで公的年金と個人年金積立と配当金で、プチFIREとなることができました。早期FIREよりも退職後FIREをおススメします。

新NISAはくやしいけれど、個人年金保険も悪くはない

新NISAがスタートし、長者が続出しています。毎日チャリンチャリンとお金が増えているそうです。とてもくやしいけれど、個人年金保険も意外と悪くはないです。選ぶのは人それぞれです。

貧困層の管理人が沖縄旅行に行った理由

我が家は貧困層ですが、このたび家族旅行で、3泊4日の沖縄旅行に行ってきました。収入も少ないのになぜ?どうして?沖縄旅行に行った理由を探ります。

FIREとなるよりも、サラリーマン人生の方が得する5つの理由

30代40代のうちに経済的自立を達成し、自由な生き方を実現するFIREという生き方が人気です。しかし、FIREよりもサラリーマン人生の方が得する5つの理由を実践的に語ります。

老後の人生設計を考えない人が身近にいて、がく然とした日

老後の人生設計を考えない人は意外にも少なくありません。定年というゴールは確実に近づきます。人生設計を考えない人が身近にいて、がく然としました。老後には備えが必要です。

個人年金保険積立金据え置きで入る驚きの不労所得!

個人年金保険積立は、サラリーマンにとって老後安心して生活するには大きな武器となります。据え置きとなってから3年が経ち、運用益が驚きの不労所得となっています。やっててよかった!個人年金保険積立金!

老後の資金不足2,000万円を貯める方法

公的年金だけでは、老後の資金が2,000万円不足するとした金融庁報告書は物議をかもしましたが事実です。2,000万円を貯める最も近道は株式投資だと管理人は信じています。このたび管理人は5年で2,000万円含み益を達成できました。

個人年金保険5年間据置の破壊力に腰を抜かしたこと

個人年金保険は、60歳までの掛け金が普通です。その後5年間据え置いて、65歳になってから分配します。しかし、この分配金の据置の破壊力はすごいです。腰を抜かすほどです。

あぶく銭は、株式投資が一番と思う説

予期せぬ臨時収入いわゆるあぶく銭が入る場合があります。我が家も団体生命保険の配当金が入りました。このお金は最初からなかったお金として、株式投資に使うのが一番と思います。

歓喜!2022年5月より、iDeCo加入64歳まで延長だあ!

2022年5月より、iDeCo加入年齢が改正となりました。これまで60歳の誕生月前までの加入条件が65歳誕生月の前月までに延長となりました!再雇用者でもiDeCoに加入できます!これはお得です!

感激!個人年金保険は過去の自分からの贈り物

個人年金保険はNISAやiDeCo制度がある中で、埋没気味ですが、会社がDC制度を採用している場合、複利制度の意味合いもありお得です。個人年金保険は過去の自分からの贈り物です。

感激!掛けててよかった個人年金保険!

個人年金保険は、iDeCoや積立NISAと比べるとパワー不足は否めません。でも未来の自分に対する安全確実な仕送り方法と考えるとやらないよりは始めた方が絶対お得です。

令和3年版高齢社会白書の衝撃!

令和3年版高齢社会白書が内閣府から発刊されています。内容が衝撃です。65歳以上でも就労している人が、男性で6割女性でも4割です。働かざる人は食うべからずなのでしょうか?

私がおこづかいが0円となっても困らない訳

物価が凄まじい勢いで騰がっている中で、インフレが現実のものとなりそうです。節約の基本は夫のお小遣いを減らすことです。それでも、私がおこづかいが0円となっても困らない訳を公開します。

FIREになる前にぜひとも考えておきたい再雇用制度の現実

30-40代を中心にFIREにあこがれる人が増えています。FIREになる前にぜひとも考えておきたい再雇用制度の現実を紹介します。再雇用5年間で、2,000万円年金不足問題も解決できます。

悪夢の企業年金予定利率0.75%大幅引き下げに対抗する方法

企業年金を運用する日本生命保険が予定利率を0.75%分大幅に引き下げ、2023年4月より0.5%とします。他社も追随の予定です。大幅引き下げに対抗できる方法は、iDeCOと株式投資(NISA含む)の二択です。

個人年金保険積立で不労所得を得る方法

個人年金保険積立は早いうちから始めると不労所得である利子所得がもらえます。 現在はiDeCoやNISAの方が、税額控除や課税免除など優遇措置がありお得ですが、個人年金保険積立も負けてはいません。。

配当金が税抜きで100万円を達成した日

株式投資を続けて、ウン十年が過ぎましたが、このたび配当金が税抜きで100万円を達成することができました!不労所得が毎年100万円確保できると株式投資の幅が広がり、余裕が出てきます。配当金100万円を目指してみてはいかがでしょうか?

ねだるな!勝ち取れ!或るサラリーマンAの65歳までの出口戦略

高齢者雇用安定法が令和3年4月に大きく改正されました。また、年金改正法が令和4年4月から施行されます。定年退職後の働き方が大きく変わります。65歳からの出口戦略が絶対必要です。ねだるな!勝ち取れ!

或るサラリーマンAの老後の不安を解消する方法私説

人生100年時代、誰もが老後にとても大きな不安を抱いています。一番の不安は資産の目減りです。或るサラリーマンAの老後の不安を解消する方法を読み解き、不安を解消するヒントを考えてみます。私説です。

高配当増配株再投資で老後の不安を解消する方法

誰もが老後の生活に不安を抱えています。公的年金だけでは生活が大変だからです。そこで株式投資をおススメします。高配当増配株再投資で老後の不安を解消する方法を紹介します。

私がFIRA60に反対する3つの理由

最近、FIREの派生としてFIRA60が注目を浴びつつあります。60歳までに経済的自立を果たし、定年退職後は働かないで自由気ままに生きるという新しい生き方です。ですが、管理人は3つの理由で反対します。

知られざる団体保険に加入できれば絶対お得!

一部の企業や公共団体は、団体保険制度を採用しています。団体保険は、掛け金が安く保障は大きい社員の福利厚生ためのお得な保険です。知られざる団体保険に加入できれば絶対お得です!

一介のサラリーマンがFIREに勝てる理由

FIREが大人気です。30代から40代の間に資産を貯め、その資産を運用して生涯自由に生きる生き方です。FIREは勝ち組ではありません。一介のサラリーマンでもFIREに勝てる方法は、退職まで勤め上げることです。

1,000万円の運用法私案

マイナス金利のおかげで、普通預金の運用法が定まっていない人は少なくないと思います。1,000万円のベストな運用法について、考えてみます。

個人年金保険は早く始めた方がいい実践記

個人年金保険は、利率は高くなく、iDeCoやNISAよりも見劣りします。ですが、続ければそれなりに老後はとても楽な生活が待っています。個人年金保険は早く始めた方がいい実践記を紹介します。

あなたは大丈夫?衝撃の近視眼的行動バイアスを実例から考える

人間は不思議な生き物です。近視眼的行動バイアスという大きな損失を被むる行動を起こすことがあります。衝撃の近視眼的行動バイアスを株式売買と年金受給年齢の実例から考えてみます。

後期高齢者医療制度大改悪の生き残り戦術

後期高齢者医療制度とは、75歳以上となると等しく加入しなければならない保険制度です。これまで富裕層以外の75歳以上の自己負担は1割でしたが、2022年秋には自己負担3割と大改悪となります。生き残り戦術を考えます!

金融庁が教えようとした人生100年時代を生き延びる方法

平成31年6月、金融庁は年金だけでは3,000万円不足するとした報告書が、幻となりましたが、報告書自体はネット上に存在しています。金融庁が教えようとした人生100年時代を生き延びる方法としてとても参考となります。