知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

スポンサーリンク

株式投資

配当貴族三菱UFJリース合併に見る愛と哀しみのラプソディー

三菱UFJリースは、21年連続増配を達成している高配当株です。このたび、三菱UFJリースと日立キャピタルが来春合併する話が発表されました。シナジー効果が期待されますが、株価が反応しません。これではまるでラプソディーです。

キングオブくそ株といわれたブロードバンドタワー株が3倍になった日

ブロードバンドタワーは、国内の大手データセンターを運営管理しています。そのBBTがデジタル庁の開設もあり、本命視されています。かつてキングオブくそ株と称されていました。株が3倍になった日を振り返ってみます。

みんなで渡れば怖くない?NISAで選ぶ株式銘柄を考える

NISAは、年間120万円までの株式投資で、譲渡益や配当金に税金が賦課されないタックスヘブンの制度です。でも何を買っていいのかわからない?そんなときは、みんなで渡れば怖くないかもしれません。NISAで選ぶ株式銘柄を考えてみます。

卵はひとつのカゴに盛れ!株式投資実践妄想記

株式投資の世界では、卵はひとつのカゴに盛るなという格言があります。いわゆる分散投資(ポートフォリオ)が安全性が高いことは言うまでもありせん。しかし、卵をひとつのカゴに盛れ!という格言もあります。実践妄想記を紹介します。

33万人悲鳴!すかいらーくの株主優待が大改悪!

2020年9月、日本一の株主優待といっていいすかいらーくの株主優待が、2020年12月より大改悪されることとなりました。株主優待は約半分となります。株主優待に永遠はないことに注意が必要です。33万人の悲鳴が聞こえます!

ダウの犬、日経のセレブ犬投資戦略を考える

株式投資にはたくさんの方法があります。中でもとくに有名な投資方法がダウの犬と呼ばれる投資手法です。わが国では、日経のセレブ犬投資戦略ともいいます。不人気で高配当連続増配株を選ぶだけですが、運用成績は抜群です。

首相辞任でもNYダウ平均暴落でも、それでも相場は明日もある

株式市場は、常に地政学的なリスクや思惑で変動しています。我が国における最大級のニュースは、首相の辞任です。それが2020年8月29日に唐突に発表されました。7年8カ月ぶりの大ニュースです。それでも相場は明日もあります。

夏枯れ相場は仕込み時アノマリーは本当なのか実践記

夏枯れ相場は仕込み時というアノマリーがあります。8月は、株式投資が低調となり、株価は少しづつ下がっていくそうです。そこで、年末には大きく株価を上げるのは本当なのかについて実践記を公開します。

それはないよ!株式市場場立ち中に総理大臣辞任報道で号泣した日

2020年8月28日、安倍総理大臣が突然辞任を表明しました。公表は株式市場場立ち中の14時です。株式市場は大混乱で、管理人も大きく損失を被りました。それはないよ!株式市場場立ち中に総理大臣辞任報道で号泣しました。

ゴルフ好き慟哭!平和がゴルフプレー優待大改悪!

またも大人気の株主優待大改悪です。ゴルフ好きの味方平和が、子会社PGMグループのゴルフプレー優待を2020年9月30日をもって大改悪することとなりました。優待目的で持っていたゴルフ好きの株主は慟哭です!

九死に一生!なんとトラスコ中山が株主優待廃止とは!

株主優待として、常に人気上位であったトラスコ中山が令和2年度を持って、株主優待が廃止となります!いよいよ新型コロナによる業績不振は株主優待の分野まで迫ってきています。株主優待派にはきびしい時代がやってきそうです。

なんてcotta!cottaで損失を抱える株主が0となった日

ようこそ 人生を豊かに生き抜くためには、健康とお金はとても大切と考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。 さて、みなさんはcotta(3359)(マザーズ)という株式銘柄をご存じですか? 1998年に大分県津久見市で創業した会社です。 当初はタイセイという…

1日に300万円失っても株式投資の恐怖に打ち勝つ方法

株式投資は、ハイリスクハイリターンの塊です。並の覚悟では恐怖に打ち勝つことはできません。管理人は先日一時的に1日に300万円の損失を被りました。それでも株式投資は最強です。恐怖に打ち勝つ方法を考えてみます。

100万円を取り戻せ!我がポンコツ盆栽株実践記

最近の株式市場の動きはわかりません。新型コロナウイルス感染症パンデミック第二波がやってきているのにアメリカは連日最高値です。管理人は7月末100万円を失いました。100万円を取り戻します!我がポンコツ盆栽株実践記の紹介です。

100万円を損しても、俺はそれでも株を買ってやる

新型コロナウイルス感染症パンデミック第二波が、国内に急激に拡大しています。この最中のGoToトラベル開始です。日経平均株価はコロナの第二波を想定し、6日連続続落です。しかし、管理人は100万円を損しても、それでも株を買います。

キヤノンショック!恐怖の減配に震えおののく日

2020年7月28日、国内超優良企業であるキャノンの決算発表は、キャノンショックとなりました!なんと30年間続けてきた増配若しくは維持が、ついに減配に切り替わったからです。恐怖の減配に震えおののく日がやってきます。

持ち家派最大の悩みである固定資産税から解放される方法

賃貸か持ち家かは、大きな悩みですが、当サイトは持ち家派を強く推します。将来の資産となるし、ローン後の支払いから自由になります。ただし、固定資産税は大きな負担です。固定資産税から解放される方法を考えます。

特別特定給付金は、オリックス100株購入一押し!年10.90%の配当優待利回り(予想)です!

新型コロナウイルス感染症パンデミックによる経済と家計支援のため、特別特定給付金が全国民1人当たり10万円が配布されました。管理人は、オリックス100株購入を一押しします!年10.90%の配当優待利回りとなる予想です!

苦節12年!ソニーが19年ぶりに高値を更新だあああ!

2008年に管理人はソニーの株式を購入しました。苦節12年を経ましたが、19年ぶりに高値を更新しました!バブル崩壊で95%もの下落を経験したソニーは、再び頂上に向かって飛躍しようとしています。

やられたらやり返す!我が三菱UFJ関連配当奪取計画!

管理人は新型コロナウイルス感染症パンデミックにより、株式投資でダメージを受けました。ここでめげていたのでは敗者となるだけです。やられたらやり返す!我が三菱UFJ関連配当奪取計画の全容を公開します!

涙涙、ひたすら涙!ゆうちょ銀行株に見る地獄

郵政民営化により、2015年11月4日に郵政関連のゆうちょ銀行など三社の株が公開となりました。しかし、株価は下落を続け、現在半値以下となっています。涙涙、ひたすら涙です。ゆうちょ銀行株に見る地獄は続いています。

配当貴族戦慄!イオンフィナンシャルサービスが大減配!

配当貴族とは、毎年高配当で増配する株式のことをいいます。これまでイオングループの金融事業部門であるイオンフィナンシャルサービスは、配当も高く増配していました。ところが、イオンフィナンシャルサービスが大減配となりました。

2020年我が株式投資上半期と下半期スタートの洗礼に涙す

早いもので2020年も半分が過ぎました。2020年の我が株式投資は、波乱万丈の毎日で今も闘いは続いています。果たして株式は上昇するのか下落するのか人それぞれです。管理人は。2020年上半期と下半期スタートの洗礼に涙しています。

特別特定給付金10万円は、オリックス100株株式投資がベスト私説

新型コロナ禍による家計支援のため、国民1人に付き特別特定給付金10万円が支給されています。このまま使うのはもったいないです。特別特定給付金は、オリックス100株株式投資がベストだと考えます。

株式投資は怖い?2020年個人投資家株式運用結果の衝撃!

銀行の定期預金の金利が、2020年4月より、悪夢の0.002%に大改悪となりました。でも株式投資は怖いというイメージがつきまといます。折りも折り、日経マネーから、2020年個人投資家株式運用結果が報告されました。衝撃です!

投資信託商品は何がベストなのか?金融庁「顧客本位の業務運営」公表の衝撃

せっかく貯金しても、銀行の定期預金の金利は、たったの0.002%です。そこで、株式投資と投資信託です。何がベストなのでしょうか?金融庁「顧客本位の業務運営」公表を見ると衝撃の結果です。34%の人は損失を被っています。

株式投資は怖いの?或る株主の1週間を検証してみる

アフターコロナがやって来るかどうか、世界は不安に駆られています。現在新型コロナ感染者は毎日10万人規模で発生しています。コロナバブルと主張する人は少なくありません。株式投資は怖いの?或る株主の1週間を検証してみます。

株式投資は現代の錬金術?時間を味方につける驚異の資産形成法私説

現在定期預金の金利は、絶望の0.002%です。定期預金でお金を貯める時代は終わりました。お金を増やすには、株式投資しかありません。株式投資は現代の錬金術です。時間を味方につける驚異の資産形成法を紹介します。

株式投資は参加しなければ何も始まらない!

今、世界中で株式市場は、コロナバブルに酔いしれています。感染者は1日10万人以上増え、800万人を超えたにもかかわらずです。疑問に思ってもどうしようもありません。株式投資は参加しなければ何も始まりません。始めるなら今です!

150万円を失っても、俺はまだまだ株を買う

新型コロナウイルス感染症パンデミック第二波が現実味を帯びてきました。これを契機に世界の株式市場はすさまじい乱高下を繰り返し始めてきています。管理人も3日間で150万円を失いました。それでも、まだまだ株を買うつもりです。