知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

株式投資

Windows7サポート切れに喜ぶ企業、泣く企業

2020年1月14日、Windows7のサポートが切れました。わずか9年の歴史ですが、評価が高いOSでした。サポート終了に伴い、喜ぶ企業と泣く企業に明暗が分かれます。特にパソコン周辺機器最大手のメルコHDにとっては複雑となりそうです。

ソニーの元気は日本の元気!

ソニーの株式が最近絶好調です。2019年12月に7,000円を超えたと思ったら、1月には8,000円を超えてきました。絶好調の理由は、CMOSイメージセンサーの需要がひっ迫しているところにあります。ソニーの元気は日本の元気です!

アマゾンミュージックで、中島みゆきが開放だあああw

アマゾンプライム会員に大朗報です。サービスの一つに200万曲無料のサブスクリプション「アマゾンミュージック」があります。2020年1月10日より、世界の歌姫中島みゆきの楽曲91曲が開放です!感動!感激!最高です!

2020年株式市場は、あまりにも値動きが激しすぎて身も心もトロトロw

2020年の株式投資は、大発会が始まってからすさまじい乱高下を繰り返しています。原因はまたもアメリカトランプ大統領です。イランとの戦争状態寸前です。株式市場があまりにも激しすぎて、身も心もトロトロです。最高の刺激です。

株式投資は、絶望と希望を繰り返す。それは何度でも繰り返す。

2020年年明け早々、世界は混乱の極みにあります。アメリカとイランの戦争危機一髪状況です。これを受けて世界の株式市場は大混乱です。しかし、株式投資は、絶望と希望を繰り返します。絶望の果てには必ず希望がやってきます。来るはずです。

令和2年大発会に何想う

令和2年の株式市場大発会は、2019年に続き2年連続で400円を超える暴落で始まりました。世界経済が混とんとしている中で、アメリカなんと今度はイランの司令官をドローンで殺害する事件が発生して、大根案の気配です。

会社四季報をただで読み尽くす方法

東洋経済新聞社が発刊する会社四季報は、株式投資のバイブル的存在です。ただし、1冊2,200円もします。しかし、2020年もまたやってくれました。12月30日から1月5日まで7日間、ただで読み尽くすことができます。

2019年大納会が終わって思うこと

2019年12月30日、波乱万丈の1年を締めくくる大納会が終了しました。2019年は日経平均株価が123%を超える上昇で、株式投資をしている人は最高の年となったと思います。大納会が終わって思うことを我が投資に照らして綴ります。

配当狙い投資法は勝てるの?キャノンを例に検証してみる

株式投資の方法の中で、ポピュラーな投資法は、配当狙い投資法です。これは配当権利最終日頃に仕込んでおいて、権利落ち日に売却し、配当金を手に入れる方法です。キャノンを例に検証してみます。

2019年掉尾の一振来い!来い!来い!12月第4週報告

2019年の株式市場も波瀾万丈でした。しかし、2018年12月に発生したブラッククリスマスの傷口をあっという間に埋めてくれました。最後の最後に掉尾の一振が来て、さらなる株価少々を期待したくなります。12月第4週の報告です。

ヤフーファイナンスが見れない場合の心の処し方一案

ヤフーファイナンスは、株式投資家に必須のサイトに成長しています。投資家の生の声が反映しているからです。2019年12月23日ヤフーファイナンスはかつてないシステム障害に陥りました。見れない場合の心の処し方について一案です。

株式市場アノマリー「サンタラリー」はやって来るのか来ないのか

株式市場にはたくさんのアノマリーがあります。12月に入ると「サンタラリー」というアノマリーがあります。クリスマスが近づくと、株価が高騰するというアノマリーです。2019年は4年ぶりにサンタラリーはやって来るのでしょうか。

日経平均掉尾の一振から取り残される哀しみ

2019年12月13日、日経平均は、2019年最高値を更新しました。昨年ブラッククリスマスの頃よりも5,000円近く上がる暴騰です。しかも、年末には、さらに掉尾の一振があるかもしれません。上昇から取り残される哀しみを語ります。

感涙!世界のソニーの株価がついに7,000円を突破した日

管理人は10年前リーマンショック直後に、2,020円で世界のソニーの株式を購入しました。一時は、買値の-61%となりました。しかし、10年粘り強く持ち続け、世界のソニーの株価がついに7,000円を突破しました、感涙です。

2019年大納会がこのままやって来ることを祈るしかない

2019年の株式市場も12月30日の大納会を持って、終了です。2019年は令和ショックと8月夏枯れ相場がありましたが、9月以降はすさまじい爆上げが待っていました。世界経済が変調せずこのままやって来ることを祈るしかありません。

シェアリングエコノミーを自分に当てはめてみると見えてくる世界

シェアリングエコノミーは、国内でも2025年には1兆8千億円もの巨大産業となる見通しです。しかし、現実世界でシェアリングすることは法律の規制や安全性の確保などさまざまな課題が浮き彫りとなります。自分に当てはめてみると見えてきます。

夏枯れ相場からの地獄の3カ月に、すがったもの

2019年8月の日経平均株価は夏枯れ相場でしたが、9月からもも売れるな勢いで株価は上昇します。3カ月で+116.43%と8月に投資した人はウハウハです。我が盆栽株はつらい下落を続けましたが、地獄の3カ月に、すがったものを紹介します。

ヤフーとLINEが統合しても、俺には何も関係ない

2019年11月18日、ヤフーとLINEが統合すると電撃的な発表を行いました。株価はぐんぐん上昇したと思いきや、行ってこい相場となっています。ヤフーとLINEの統合で天下が取れるのでしょうか?でも、俺には何も関係ない話です。

祝!曙ブレーキ株が、1年4か月の歳月をかけてプラス転換となった日

曙ブレーキは、日本が誇る世界のブレーキメーカーです。北米での受注に失敗し、急激に赤字が嵩んでいます。そうと知らない管理人は、購入して1年4か月の歳月、下落に苦しみました。その曙ブレーキが、ついにプラス転換となりました。

ポイントサイトの有効期限に要注意!5,024Pを失効してしまいました。(泣)

管理人はこのたびあるポイントサイトで集めた5,000ポイントものポイントを失効してしまいました。ポイントサイトのポイントは、絶対的なものではありません。すべからく有効期限が設けられています。5,024Pを失効してしまいました。

悲報!NISA制度恒久化がまたも見送り!

2019年10月16日、金融庁は令和元年殿政府税調へNISAの恒久化要望を断念しました。とても残念です。今度こそという機運がありましたが、年金2,000万円不足問題と軽減税率の混乱が吹き飛ばしてしまいました。捲土重来を期待します。

自然災害が起こるたびに思う五洋建設株主としての複雑な心境

2019年10月12日から13日にかけて、台風19号の被害は想像を絶するものでした。特に一級河川の氾濫による住宅の被害は甚大です。こうした自然災害が起こるたびに護岸工事の必要性が高まります。五洋建設株主として少し複雑な心境です。

これはヤバいかも?レオパレス21の株主優待が大改悪になりそう!

2019年2月に発覚したレオパレス21が建築請負施工した自社アパートが、建築基準法違反(界壁不良)で、修繕工事を進めています。対象となるアパートはなんと26,399棟にも達します。レオパレス21の株主優待が大改悪になりそうです。

関西電力に見る「事故は買い事件は売り」アノマリー考

高浜原発を巡り、関西電力のとんでもない不祥事が発覚しました。この現代に口利きで3億円以上の金品が関西電力に還流していたというから驚きです。こんなときはすぐに「事故は買い事件は売り」のアノマリーを思い浮かべる人は少なくないと思います。

株式投資は、魂の叫びロックであることを確信した日

日経平均株価が上昇しても、自身の持つ保有株が下落することは良くあることです。ただし、下落のダメージは、とても辛く耐えがたいものです。ですが、こんな時は、弱気は禁物です。株式投資は、魂の叫びロックです。闘いに勝つ気概がなければ勝てません。

時間を味方につければ、お金はどんどん貯まります

時間を味方につければ、お金をどんどん貯めることができます。目先のことを考えないで、10年後、20年後の自分を想像していくとお金を貯めることが苦痛ではなくなります。リスクはありますが、高配当狙いの驚きの株式投資法を紹介します。

悪魔の増資「MSワラント債」を頻発する株式銘柄は買ってはいけない

株式投資を行う上で、IR情報はとても大切です。特に株価の希薄化を招き、結果的に株主の利益を損ねかねない「MSワラント債」の発行は、悪魔の増資とも恐れられています。MSワラント債を頻発する株式の投資は、慎重な判断が求められます。ご注意ください。

心底、株式投資が怖くなった1週間

株式投資は、上がっているときは心も穏やかで安心して値動きを見ていられます。しかし、暴落が続くと、その恐怖で株式投資が心底怖ろしくなります。管理人の味わった地獄の1週間を通じて、株式投資の怖さを感じていただきたいと思います。

年利回りなんと7%!JT株に投資する胆力はあるか考

JTの株価は、昨今の喫煙者の減少に加え、2020年4月1日に完全施行される健康増進法による喫煙者の減少、さらには消費税やたばこ税の値上げなど逆風にさらされていて、株価は長期下落傾向です。年利回りなんと7%です。JT株に投資する胆力はあるか考えてみます。

ウォーレン・バフェット氏に学ぶ株式投資の極意は、安いうちに仕込むことにあり

株式投資の神様ウォーレン・バフェット氏の投資法は、優良株式を安いときに仕込んでおき、高いときに売るいわゆるバリュー投資法です。とはいっても安いときと高いときは誰にもわかりません。バフェット氏に学ぶ株式投資の極意について、考えてみます。