知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

株式投資

コンソメ値上げに見る味の素の知られざる超優良企業の正体

味の素のコンソメが、2018年4月1日より値上げとなります。味の素では、業務用冷凍食品も、3月1日より値上げします。調味料は料理に欠かせないため、影響は大きいです。値上げを吸収する方法を株価から考え、さらに味の素の知られざる超優良企業の正体を考え…

高配当銘柄株式投資に泣く人笑う人あわてる人

高配当銘柄株式投資に泣く人笑う人あわてる人は、いつの世にも存在します。配当益もあって売却益もあると思うと、つい買ってしまいたくなります。しかし、投資額だけで判断すると、思わぬ失敗につながることがあります。値に惚れないことが大切です。

苦言!吉野家は、セルフサービス方式をすぐにでも止めた方がいい理由

2019年第3四半期の決算発表で、吉野家の決算が悪く、6年ぶりの赤字決算となりました。そこで吉野家では、店内の4割を改装し、セルフサービス方式化を進めています。社長には苦言を呈します!吉野家は、セルフサービス方式をすぐにでも止めた方がいいからです…

嗚呼!株の格言ナンピンする奴スカンピンにチャレンジすべきか悶々とする日々

2019年に入っても、株式市場は乱高下を繰り返しています。個人の思惑でどうこうという世界ではありません。個人が下手に抗と、痛い目に遭う相場です。こんな時の株の格言にナンピンする奴スカンピンがあります。下落が続く中、チャレンジしてもよいのか考え…

2019年株式投資のポイントは、本当にPBR(株価純資産倍率)なのか考

2019年の世界経済は悲観的な見方が増えています。アベノミクスによる異次元の規制緩和だけでは成長はむずかしいと思います。こんなときの株式投資のポイントは、リスクオフにするために低PBRの株式投資が推奨されます。本当にPBR(株価純資産倍率)なのか考…

2019年株式市場大発会異聞

2019年1月4日大発会がスタートしました。いきなりの-452.81円安(-2.26%)スタートです。世界同時株安がまだまだ続いています。しかし、よく見るとマザーズはプラスで、中小小型株が活発に取引されています。株式市場異聞を考えてみます。

株式投資用資金を簡単に貯める方法

株式投資には、資金が必要です。それもチャンスというときにすぐに投資できる資金が必要です。ですが、生活に余裕がない中での株式投資はリスクがあります。こういった場合に備えて、常日頃の株式投資用資金貯めておく必要があります。資金を簡単に貯める方…

尊敬!2018年株式市場で運用益を上げた人は神以外の何者でもない!

2018年の株式市場は、歴史的な下落を記録した年となりました。12月の下落率は、1931年の世界恐慌以来の下落です。また、日本でも69年ぶりの下落率です。こうした最悪な2018年株式市場で運用益を上げた人は尊敬に値します。神以外の何者でもありません!

1日で100万円が復活した株バカのとった狂気の行動に何想う

2018年の株式市場は、おそらくは乱高下の激しいメモリアルな年となると思います。最高値よりも20%も下落する年は、アベノミクス以降初めてです。管理人の含み資産も乱高下です。1日で100万円が復活した際の株バカのとった狂気の行動に思いを寄せてみます。

株価大暴落は、天与のバーゲンセールかどうか考えてみる

2018年12月26日という営業日3日前に、日経平均株価は19,000円を割り込みました。実に1年と8カ月ぶりのことです。誰もがまさかと思っているはずです。個人投資家にとって、この株価大暴落が、天与のバーゲンセールかどうかを考えてみます。

ソフトバンク株にみる高配当利回り狙い株式投資の罠

2018年配当性向85%を謳い、鳴り物入りでIPO新規株式公開したソフトバンク株は、上場当日10%を超える下落となりました。IPOで購入した人は、4000億円の損失を喰らってしまったことになります。高配当利回り狙いは、一見安全のようですが罠が潜んでいます。

個人投資家がセリングクライマックスに立ち向かう方法を考える

2018年12月は、掉尾の一振ならず、セリングクライマックスになるかの勢いで暴落しています。個人投資家にとってつらい1年だったと思います。それでも個人投資家は投資を続けるものです。個人投資家がセリングクライマックスの荒波に立ち向かう方法を考えてみ…

株価は最高値から12%下落すると、相場が終わるアノマリーに恐怖する

2018年は、2月から世界同時株安が続いていますが、12月第3週にさらに株安の風が吹き荒れています。アメリカには、株価は最高値から12%下落すると、相場が終わるというアノマリーがあるそうです。2018年の株価が12%下落しているのかどうか調べてみました。

PayPayがうまくいくかどうかをヤフー株価の動きから予想してみる

100億円あげちゃうキャンペーンで一気に有名になったQRコード決済のPayPayは、ソフトバンクとヤフーの合弁会社Payga運営しています。知名度は一気に増えましたが、今後QRコード決済がうまく普及していくのかどうかをヤフー株価の動きから予想してみます。

最近の世界同時株安に思う盆栽株主の愚痴を聞いてくれ!

2018年の世界同時株安は、ひどいものです。ダウ平均も、マイナス3%、日経平均に至ってはマイナス9%という下落ぶりです。個人投資家のみなさんも損失に頭を抱えているのではないでしょうか。盆栽株主である管理人も損失を抱えています。盆栽株主の愚痴を聞い…

さらば!パイオニア!名門音響機器メーカーが、またひとつ消えて行く

名門音響機器メーカーであるパイオニアが、2019年3月に株式上場を廃止します。音響機器メーカーが、またひとつ消えて行きます。オーディオステレオ、レーザーディスク、DVD、カロッツェリア、KUROなど革新的な商品を出していたのに時代の波に飲み込まれまし…

仮想通貨ラプソディ!仮想通貨に翻弄された株式たちその1

2018年は、仮想通過バブルがはじけました。年末になるにつれ、最高値より90%以上も下落している仮想通貨がほとんどです。それにつれて、仮想通貨に関わる事業を行っている株式銘柄も大きく下落しています。仮想通貨に翻弄された株式投資ラプソディを紹介し…

2018年は、1972年以来最悪の投資年である現実に心が癒される

2018年は、1972年ニクソン大統領時代以来最悪の投資効果の年だそうです。投資には株式投資を含めたさまざまな投資がありますが、そのいずれの投資も、アメリカでは最大で5%の運用実績しか上げられないそうです。この現実に株式投資で損失を負った者の心が癒…

さらば!テキストリーム!悲しみはある日突然やってくる

ようこそ(^-^)/ お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントを考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。 さて、みなさんはインターネット黎明期に一世を風靡したヤフー掲示板をご存知ですか? ヤフー掲示板は1998年に誕生したサービスです。 あの2ちゃんねる…

毎月分配型投資信託商品を買ってはいけない簡単すぎる理由

かつて一世を風靡した投資信託商品がありました。グローバル・ソブリン略してグロソブです。毎月分配金を振り込んでくれるので、現金が欲しい人はこぞって購入しました。しかし、毎月分配型投資信託商品は買ってはいけません。買ってはいけない簡単すぎる理…

ボーナスは、NISAで買ってテンバーガーの夢を見る使い方

サラリーマンには一番うれしいボーナスの使い道は、一番が貯蓄・貯金で37.3%にもなります。NISAで株式を購入してみてはいかがでしょうか。株式投資には、株価が10倍となる可能性があります。ボーナスでテンバーガーの夢を見る使い方を考えてみます。

どうしたエプソン!どうしたキャノン!紙文化は終焉なのか考

また、今年も年賀状のシーズンがやってきます。我が家のプリンターが最も活躍する時期です。しかし、どうもプリンターで印刷する機会は減っているような気がします。プリンター二大メーカーであるエプソンとキャノンの株価が、絶賛下落中です。紙文化は終焉…

もはやSF世界の現実化!ドローンは農業を救う神器となる!

ドローンの記事が乗らないことはないほど、ドローンへの関心は日に日に高まっています。これからドローンは空中撮影だけではなく、宅配や警備、見守り、テロ対策など様々なフィールドでの活躍が期待されています。中でも農業は、ドローンと親和性がとても良…

どうしたしまむら?ファッションセンターしまむらに異変あり

ファッションセンターしまむらは、その豊富な品揃えとリーズナブルな価格設定が功を評し、デフレの申し子とまでいわれるほど成長してきました。しかし、最近は7ヶ月連続の減収です。しまむらどうしたんでしょう?ファッションセンターしまむらの異変を考えて…

日産株に見る高配当株の手痛いしっぺ返しに要注意!

高配当株はとても魅力です。それもNISAで買えるとなると、超お得です。しかし、ほしい人が多ければ、株価は値上がるはずです。いつも定位置にいるのは、必ず訳があるからです。日産株も高配当株で有名ですが、ゴーン逮捕により、手痛いしっぺ返しを喰らって…

嗚呼!ついに超面倒なタイヤチェーン規制強化がやってくる。

ようこそ(^-^)/ お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントを考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。 さて、最近の異常気象はかつてないほど目を覆うばかりの災害をもたらしています。 2018年2月には、福井県と富山県を中心に、数十年に一度という大雪をも…

2018年独立系ファンド運用成績と比較して、心をなぐさめようとした衝撃の結果

2018年の日経平均株価は、暴落が続き、管理人は含み損の真っ最中です。いかにもへたくそな盆栽株主です。しかし、俺だけ?という疑問が生じます。そこで、独立系ファンドの運用成績と比較してみました。心をなぐさめようとしたところ、衝撃の結果となりまし…

嗚呼!2018年三度目の株価暴落にむせび泣く日

2018年は、株式投資家にとって、受難の日です。2月5日にブラックマンデーが発生し、株価は大きく下落しました。ようやく戻った10月に再び暴落です。そして11月に三度目の暴落です。嗚呼!2018年三度目の株価暴落にむせび泣く日が続いています。

卵は、本当に物価の優等生なのか考えてみる

卵は、本当に安いと思います。何十年も200円前後です。すごいことだと思います。しかし、実際には鶏卵業界はものすごく変化しています。零細農家は撤退し、大手商事会社の経営に変わってきています。卵が本当に物価の優等生なのか考えてみます。

あのドイツ銀行が資産89%損失!2018年は株式運用マイナスは許される!(自虐)

2018年は、株式投資家にとっては、試練と煉獄の日々です。1年に2回も暴落した年がかつてあったでしょうか?あの天下のドイツ銀行でさえも資産89%も損失を被っています!2018年は個人投資家もさすがに株式運用マイナスは許されるのではないでしょうか。!(自…