知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

チャンスかピンチか?日銀ETFの買い入れ対象変更の衝撃

スポンサーリンク

最終更新 2021.5.29

ようこそ(^^)/

人生を豊かに生きるためには、健康とお金がとても大切と考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

管理人は現在31種類の少数株式を保有し、盆栽を愛でるかの如く、売買もろくにせず、株価の一挙一動に魂を削るだけの底辺中の底辺ポンコツ盆栽株主です。

そんなポンコツ野郎に衝撃が走りました。

2021年3月19日(金)の日経平均株価の値動きです。

日経平均株価チャート日経平均株価3月19日

日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンス

-424.70円(-1.41%)もの暴落です。

なにこれ?TOPIXは騰がってる!我がポンコツ盆栽株まで騰がってる?

日経平均株価とTOPIX(東証株価指数)との乖離です。

何が一体どうなったのでしょう?

我が国の株式市場の大きな歪みが露呈した1日となりました。

ゆがみ

おいおい、もうすぐ権利付き最終日が迫っています。

2021年3月の権利付き最終日は、3月29日(月)です。

この時期に日銀がETF買い入れ対象変更で、すべての株式投資家は上や下への大騒ぎです。

管理人の保有する株式銘柄にはプラスに働くことを祈るだけです。

みなさんもご注意ください!

スポンサーリンク  

 

1 日銀ETF買い入れとは

2010年より、中央銀行である日本銀行は、金融緩和の一環として、株式市場からETF(上場投資信託) の買い入れを始めました。

これは世界の中央銀行の中で、日本銀行だけという極めて異例の金融緩和策です。

日本銀行

当初は年間3千億円であったのが、アベノミクスによる異次元の規制緩和政策が後押しとなり、現在年間6兆円ものETF買い入れが進められています。

現在のETF買い入れによる保有株式資産はなんと45兆円にも上ります。

東証一部市場でもっとも株式を保有するクジラとなっています。

幸いなことに10兆円以上の含み資産を持っています。

しかし、とてもやっかいな問題を抱えています。

ETF買い入れは、あくまでも金融緩和を進めて、インフレ率2%を達成することが目的です。

現在のように日経平均株価が30年ぶりに30,000円台となって高値更新している市況の中で、株式を買い支えする理由が希薄となってしまっています。

2 2021年3月19日日銀金融政策決定会合の衝撃

日銀が毎月行っている金融政策決定会合で、上場投資信託(ETF)の買い入れ対象を変更することが決定しました。

1 買い入れ対象を日経平均株価構成銘柄を止め、TOPIX構成銘柄のみとする
2 原則6兆円の年間買い入れめどを削除し、引き続き12兆円を上限に買い入れを行う

これが、すべての株式投資家の衝撃となりました。

これまで、日銀の上場投資信託(ETF)の買い入れ対象は次の通りです。

1 TOPIX                     4.2兆円
2 日経平均構成銘柄 1.5兆円
3 設備・人材投資ETF  0.3兆円

今後の ETF の買入れの運営について

これからは、日経平均構成銘柄の買い入れを止め、TOPIX構成銘柄の買い入れのみとします。

これに市場が大きく反応し、日経平均株価を大きく左右するユニクロのファーストリフティグが-5,910円もの大幅下落となりました。

kabutan.jp

ファーストリテイリング-5,910円の下落は、日経平均株価の下落寄与度の212円にも達しました。

超値嵩株に著しく影響されるのが、現在のいびつな日経平均株価の姿となってしまっています。

jp.reuters.com

日経平均株価が大幅に下落してもTOPIXが騰がるという不思議な動きとなっているのはこのためです。

スポンサーリンク  

3 バリュー株にチャンス到来か?

個人投資家からすると実はチャンスかもしれません。

日経平均株価構成組み入れ上位銘柄(2020.12.1)

第1位 ファーストリテイリング 
第2位 ソフトバンクグループ 
第3位 東京エレクトロン
第4位 ファナック 
第5位 ダイキン工業
第6位 エムスリー
第7位 KDDI
第8位 信越化学工業
第9位 テルモ
第10位  中外製薬
以下、TDK、アドバンテスト、 リクルートホールディングス

TOPIX構成組み入れ上位銘柄(2020.12.1)

第1位 トヨタ自動車
第2位 三菱UFJフィナンシャル・グループ
第3位 日本電信電話
第4位 三井住友フィナンシャルグループ
第5位 ソフトバンクグループ
第6位 ホンダ
第7位 KDDI 
第8位 みずほフィナンシャルグループ
第9位 JT
第10位 ソニー

TOPIX(東証株価指数) | 日本取引所グループ

日経平均構成組み入れ上位銘柄が、株価1万円を超える超値嵩株である一方、TOPIX構成組み入れ上位銘柄は自動車、銀行、電気通信が目立ち、一般NISAでも買える株価が目立ちます。

今後、日経平均株価やTOPIXが急激に下落した場合は、日銀がこれらTOPIX構成組み入れ上位銘柄を買い支えてくれるという絶大な安心感が生まれます。

いわば国家が株価の下落を防いでくれるかもしれません。

これらの構成株式銘柄を購入することにより、配当を得れば安定的に株式投資が行えるかもしれません。

日銀金融政策決定会合を受けて、TOPIX構成組み入れ上位銘柄第9位であるJTは、減配で大きく下落していましたが息を吹き返しています。

JT株価チャート

JT【2914】:チャート - Yahoo!ファイナンス

4 個人的には三菱UFJフィナンシャル・グループ一推し

個人的にはTOPIX構成組み入れ上位銘柄第2位の三菱UFJフィナンシャル・グループが一推しです。

1 圧倒的に株価が安く、個人でも買えること
2 まだまだ高配当(25円)であること
3 世界的な金利高で、日銀も一定程度寛容していること

管理人は、コロナ禍で含み益の7割が吹き飛んでしまい、起死回生の策として金融株の集中投資に切り替えました。

株式購入

しかし、思惑とはうらはらにさっぱり騰がらず、ポンコツ野郎と揶揄されてきました。

www.panpanpapa.com

しかし、時代が追いついてくれました。

連日の最高値更新です。

2020年3月19日(金)に日経平均株価が‐424.7円暴落しても関係ありません。

659.4円!

+12.4円(+1.92%)の値上がりです!

三菱UFJフィナンシャル・グループ株チャート

(株)三菱UFJフィナンシャル・グループ【8306】:チャート - Yahoo!ファイナンス

バリュー株の極意は集中買いにあります。

集中買い

卵はひとつのカゴに盛ることで、含み益を増やすことができるという方法です。

www.panpanpapa.com

この方法に切り替えて、管理人は起死回生の策が今のところ大成功となっていてくれています。

スポンサーリンク  

5 超個人的含み益が増えていく喜び

2021年3月19日(金)も結果的に含み益が増えることとなりました。

連日の爆上げで、朝一は、マイナス24万円からスタートし、どうなることかと思いました。

日銀さまさまです。

+361,020円!

マイポートフォリオ3月19日

2021年3月第3週は怖いほどの爆騰となりました。

+1,845,740円!

2021年第3週マイポートフォリオ

2021年3月は、このまま順当にいけば、忘れられない株式投資の月となりそうです。

15営業日で12勝3敗の成績となりました。

+3,802,260円!

奇しくも1年前の3月19日に管理人は思い余ってお宝株の一部を売却した苦い記憶の日でもあります。

グロース株からバリュー株に転換した忘れられない日となりました。

あなたのお金は私のお金! 
ぱんぱん妻

6 まとめ

新型コロナウイルス感染症がまだまだ終息の灯りも見えないのに株価が上昇する理由がわからない!

こんなに全世界の人々が苦しんでいるのに、金金金とおまえは腐っている!

お金

腐れ銭ゲバ野郎!

さまざまな批判はあろうかと思います。

ですが株式投資は家計の金融資産を増やす方法として、金融庁も積極的に推奨しています。

むしろ株式投資を始めないことがリスクです。

www.panpanpapa.com

こんなポンコツ盆栽株主でさえ、3月だけで+380万円の含み益を叩き出してくれるのが株式投資です。

だったら俺も私も三菱UFJフィナンシャル・グループ株を買おう!

と考えるのは慎重に判断してからにしてください。

三菱UFJフィナンシャル・グループ株は、2021年1月から動意づき始め、すでに5割以上騰がっています。

急激すぎるので反動の要素も否定できません。

日銀ETF買い入れ対象変更で、週明けの日経平均は大荒れの模様です。

安いうちにいい株を見つけて買っておかないと高値つかみとなってしまうことがあります。

世界最高の株式投資家であるウォーレン・バフェット氏の株式投資の極意を今一度咀嚼してご理解してください。

株式投資の極意とは、いい銘柄を見つけて、いいタイミングで買い、いい会社である限りそれを持ち続けること。これに尽きます。

くれぐれも株式投資は、自己責任によりご判断されますようお願いします。

日銀ETFの買い入れ対象の変更は、長く見れば資金不足の個人投資家にとってはチャンスに働くのではないでしょうか。(私見)

ブログと株式投資に愛と真の情報を

それではまた