知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

日経平均掉尾の一振から取り残される哀しみ

ようこそ(^^)/

人生を豊かに生きるヒントを考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、2019年の我が国の株式市場は、8月までの夏枯れ相場から一転し、まるでバブルのように連日爆騰しています。

2019年12月13日(金)には、ついに前日比+598.29円(+2.55%)の爆上げで、24,023.10円の年初来最高値を更新しました。

年初来安値は、大発会の2019年1月4日につけた19,241.37円です。

値上がり幅は、なんと4,781.73円です。

日経平均株価

(出典:ヤフーファイナンスHP)

年利回りに換算すると、124.85%の値上がりです。

定期預金の金利は、年利回り0.01%です。

1年間定期預金にした人と、株式投資(投資信託)で投資した人との差です。

なんと2,485倍にもなる計算です。

100万円を投資しない人とした人との差は、理論上100円と24万8,500円となります。(税込み)

富裕層が、ますます富んでいく秘密は、株式投資にあります。

www.panpanpapa.com

だからといって、株式投資でいきなり勝負するのは、誰かの養分となるだけです。

年末に向けて、掉尾の一振がまことしやかに囁かれています。

株式投資

でも世の中、そんなに甘くはありません!

我がポンコツ盆栽株は苦しんでいます。

株式投資の難しさと哀しみを知っていただき、慎重にして大胆な株式投資にチャレンジしていただく肥やしにしていただければ幸いです。

嗚呼!(´Д`)

スポンサーリンク
 

1 日経平均が爆上げしても、暴落株はあるんだよ

2019年12月13日、日経平均株価は、 前日比+598.29円の爆上げでした。

なんと、+2.55%という上げっぷりでした。

株式投資をしている人は、みんなウハウハだったのではないの?

株式投資しない人からは、やっかみの声が聴こえてきそうです。

たった1日で、+2.55%も資産が増えたからです。

No!( `ー´)ノ

個別株で見れば、日経平均株価は幻想であることに気づきます。

2019年12月13日の爆騰した日でも、暴落した株はたくさんあります。

株価暴落

金型やICリードフレームの大手、三井ハイテック(6996)の株価は、前日比-445円安の-20.77%の暴落でした。

たった1日で、2,142円が1,692円です。

また、ドラッグストア大手くすりの青木HD(3549)の株価は、前日比なんと-1,250円安の-15.17%でした。

たった1日で、8,240円が6,990円です。

くすりの青木を1,000株持っている人は、たった1日で125万円を失ったことになります。

こういった暴落は、普段あり得ないように思えますが、実は日常茶飯事です。

スポンサーリンク
 

ポンコツ盆栽株主の管理人も、今年は3回もストップ安を喰らいました。
(´Д`)(´Д`)(´Д`)

死を身近に体感できます。

1日で70万が下落していきました。

ストップ安

この暴落のリスクは、回避は不可能です。

株式市場は余裕資金でというのは、暴落のリスクを回避するための手段です。

株式投資は、ハイリスクの塊です。

元々なかったお金としてあきらめる覚悟がないと、命の次に大切なお金を株式投資に回すことはできません。

覚悟が必要です。

それでなければ、2,485倍の利回りを手に入れることはできません。

2 日経平均株価の秘密

日経平均株価は、225種類の東証一部上場企業の株価を指数としたものであることを知っていないと、数字に振り回されてしまいます。

日経平均株価は、我が国の経済のバロメーターです。 

すべての株価を反映したものではありません。

日経平均とは東証一部市場に上場する225銘柄をもとに算出される株価指数です。

日経平均株価の変動は、225銘柄の株価の変動であり、すべての株価の値動きの変動ではありません。

東京証券取引所には、6つの上場取引所があります。

東京証券取引所

一部上場
二部上場
マザーズ
JASDAQスタンダード
JASDAQグロース
Tokyo Pro Market

2019年12月12日現在のこれらの上場企業数の合計は、なんと3,692企業です。

一部上場だけでも、2,157企業です。

225の株式銘柄で持って、3,692の株式銘柄が連動しているわけではないことには、注意が必要です。

そうはいっても、株式投資家が、日経平均株価の値動きが気にならないわけがありません。

株式投資家の願いは、今年の運用成績が日経平均株価の騰落率を上回ることです。

管理人のポンコツ盆栽株もです。

株価は、地政学的リスクと営業成績そして、新技術の取入れやライバル企業の動向などによって、ゼロコンマの速度で日々変化しています。

個人は機関投資家に絶対にかないません。

www.panpanpapa.com

3 掉尾(とうび)の一振(いっしん)

2019年の大納会は、12月30日です。

2019年12月15日の時点で、2019年の株式市場はあと11日です。

これまで12月23日は天皇誕生日で国民の祝日でした。

しかし、令和の時代となり、天皇誕生日は12月23日から2月23日に変更となったことに注意が必要です。

国民の祝日について - 内閣府

年末に向けて、掉尾(とうび)の一振が来るのではと囁かれています。

掉尾の一振

掉尾の一振とは、株式市場のアノマリーの一種です。

理論的根拠があるわけではないが、よく当たる相場での経験則であるアノマリーのひとつで、株価が年末の大納会に向けて上昇すること。
年末に期末を迎える年金基金やファンドなどのお化粧買いや新年相場への期待などが要因と推測されています。

掉尾の一振 | 金融・証券用語解説集 | 大和証券

統計では、約7割の確率で、年末には株価が上がっています。

もう十分すぎるほど上がっているはずですが、さらにもっと上がるのではないかと、株式市場は強欲です。

スポンサーリンク
 

2018年はブラッククリスマスで大暴落したことをすでに忘れているかのようです。

買うか、売るか、見(けん)するか?

株式投資は、すべてが自己責任です。

4 我がポンコツ盆栽株の動向2019年12月第2週

繰り返しとなりますが、日経平均株価が爆騰しているからといって、個別株のすべてが上がる訳ではありません。

上がってほしいのは、山々ですが・・・。

(´Д`)(´Д`)(´Д`)

管理人は、少数株を25種類保有するポンコツ盆栽株主です。

盆栽株主

2019年12月第2週のポンコツ盆栽株の含み損益を晒します。

ちなみに第1週はこちらの記事となります。 

www.panpanpapa.com

12月9日(月) 

第1週(2日から6日)の含み損益は、健闘空しく、2勝3敗の成績で、-68,350円に終わりました。

損益を解消してくれないかと願います。

日経平均株価は、+76.30円なんだから上がってくれよ!

NYダウは300ドルを超える爆上げだったので、土日はドキドキでした。

しかし、動かず!(´Д`)

結果的には+80,250円と第1週の損益を解消してくれました!

( `ー´)ノ

本音からすれば、もっと上がってくれよといいたくなります。

尻すぼみなんだよなあ。(´Д`)

ポートフォリオ

12月10日(火)

本日は、公務員のボーナス支給日であり、多数の企業のボーナスの支給日でもあります。

管理人の会社でも本日がボーナス支給日でした。
(´▽`)(´▽`)(´▽`)

ボーナスの支給ほど、サラリーマンでよかったなあと思うことはありません。

お金がものすごく動く日です。

新たに株式投資する人も増える期待があり、値上がりの期待は高まります。 

しかし、思惑通りに動かないのが株式市場です。

-0.13円という凪のような1日となりました。

NYダウが-105.46ドルと変調な中、がんばりました。

我がポンコツ盆栽株も、+30,350円と結果的には凪のような1日でした。

まあ、朝方だけ高かった尻すぼみとなり、とても気分が悪いです。

ポートフォリオ

12月11日(水)

日経平均株価もNYダウも膠着状態のような市場の1日でした。

我がポンコツ盆栽株もパッとせず、マイナスを意識しました。

午前中は-20万円を超えていました。

上がる時はパッとせず、下がる時はドンだもんな。

哀しみが心をかきむしります。

会議が忙しく、16時にそっと見てみました。

プラス域になっている!

+4,850円じゃないかあああ!

(´▽`)(´▽`)(´▽`)

これで4連騰だああああ! 

ポートフォリオ

12月12日(木)

この日は、仕事がとても忙しく、まるで株式市況を見ることができませんでした。

とうとうマイナスとなりました。

日経平均株価が上がった日に、保有する株式だけが下がると心が病みます。

でも、まあ、今年最大のプロジェクトが終わったことに満足です。

うれしさのあまり、久々に帰りがてらパチンコ店に寄って、+500円となりました。

株式投資もギャンブルもいつもそこそこなのが情けないです。

ははは(自虐) (´Д`)

ポートフォリオ

12月13日(金)

13日の金曜日というあまり縁起の良くない1日です。

しかし、日経平均株価はどんどん上昇します。

+598.29円と24,000円の大台を突破しました。

いいなあ!(´Д`)

我がポンコツ盆栽株は、パッとせず、+204,600円でした。

20万円もプラスなら文句言う方が阿呆だぞ。

いえ、+2.55%から見たら上がりが足りなすぎるのが、とても気分が悪いです。

世界中からおのれだけが取り残されてしまった感じがします。 

ポートフォリオ

まるで、ウィル・スミスのアイアムレジェンドそのものです。

2019年第2週は、4勝1敗という好成績には終わりましたが、損益は+284,500円となりました。
プラスはありがたいですが、なんだかなあというアンビバレンツな気持ちが、とてもつらいです。
100万円くらいプラスになってほしかったのが本音です。
強欲です。(´Д`)

5 まとめ

2019年の株式市場は、あと残り11日です。

世界はますます混とんとしてきています。

イギリスの総選挙で与党が圧勝し、いよいよEU離脱が現実味を帯びてきています。

香港の問題は、解決の糸口はまったく見いだせていないようにしか見えません。

北朝鮮は相変わらずミサイルをぶっ放しています。

世界的なトランプ大統領と金書記長との和平会談は、茶番劇の政治ショーだったとしかいいようがありません。

それでも地政学的なリスクの海を泳いで行くしかないのが、個人株式投資家の宿命です。

世界情勢

掉尾の一振があって、2019年の株式投資は、最高値で終わる夢を見たいものです。

ブログと株式投資に愛と真の情報を

くれぐれも株式投資は自己責任により判断されますようお願いします。

それでは