知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

クランチロール買収で始まるソニーの野望にドッキドキ

ようこそ(^^)/

人生を豊かに生きるためには、健康とお金がとても大切と考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、2020年12月10日、大変なビッグニュースが国内を駆け巡りました。

ソニーの100%子会社であるファニメーショングローバルグループが、クランチロールを1,222億円で買収することに親会社のAT&Tと合意しました!

japan.cnet.com

クランチロール?
ファニメーション?
何その会社?

ほとんどの人は聞いたこともない世界だと思います。

アニメオタクであり、ソニーの最弱株主である管理人は、猛烈にうれしいです。

ソニーのクランチロールの買収は、世界のIT巨人GAFA+M(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン、マイクロソフト)よりもソニーの立場が逆転する可能性があります。

嗚呼!愉快痛快!

やられっぱなしの日本企業ですが、ソニーの前にGAFA+Mがひれ伏すかもしれません。

ソニー株主として、妄想たっぷりにソニーによるクランチロール買収の意味を語ります。

いつの日かソニーが任天堂の株価に追いつき追い越す準備ができました!
( `ー´)ノ 妄想

ただし、本記事は管理人の妄想です。

くれぐれも株式投資は、自己責任により判断されますようお願いします!

IT’s a SONY!

スポンサーリンク

 

1 クランチロールとは?

クランチロールとはアメリカサンフランシスコに本社を構える日本アニメ専門のネット配信会社です。
(現在はJPOP や漫画に加え、東アジアのアニメも配信)

クランチロール

アニメは、我が国においてはごくごく当たり前の日常です。

しかし、日本から遠く離れたアメリカやヨーロッパのアニメファンは、日本のアニメに対して強い憧れと敬意を持っています。

クランチロールも、当初は海賊版違法アニメを流すファンサイトとして、2006年に設立されました。

しかし、正式に日本のアニメ版権企業(テレビ東京)と海外での日本アニメ放映権を獲得してからは、続々と版権企業と正式契約し、急速に会員数を伸ばしています。

2020年7月現在、無料会員9,000万人突破、有料会員300万人を突破するまでに至っています。

放映のスタイルは、日本語のアニメに字幕を流し、吹替はありません。

世界から見れば、我が国は極東と呼ばれる世界のさいはての国です。

しかし、日本アニメの影響を受け、我が国にあこがれと敬意を抱く世界の若者は少なくありません。

クールジャパンです!

コロナ禍前は、インバウンドと称し、年間4,000万人の海外観光客を招く観光立国を目指していましたが、アニメの聖地巡礼に訪れる外国人は少なくありませんでした。

しかし、日本で生まれたアニメコンテンツネット配信のプラットフォームが、またしてもアメリカの企業に独占されてしまうのは、なんとも残念でなりません。

スポンサーリンク

 

2 ソニーがアニメ界に進出!

ソニーという企業は、国内企業において、どこよりも先見の明と行動力を持つ企業です。

いずれコンテンツが世界を支配することにいち早く気づいたのがソニーです。

ソニー

いくらウォークマンを作ったって、トリニトロンカラーTVを作ったって、ベータマックス(ビデオデッキ)を作ったって、ソフトがなければただの箱であることに危機感を常に抱いていました。

そこで、1980年代に音楽分野ではCBSソニーを設立最終的に買収し、映画の分野ではコロンビア・ピクチャーズを買収しました。

www.panpanpapa.com

音楽と映像を押さえれば、自社開発した機器がデファクトスタンダード化します。

事実CDもブルーレイもソニーが開発したものです。

しかし、これで終わらないところがソニーのすごさです。

音楽と映像のソフト資産を生かして、ゲーム界に進出しました。

1993年にプレイステーションを発表し、これが大ヒットとなりました。

音楽、映像、ゲームと続けば、アニメ界への進出は必然でした。

当初はうまくいきませんでしたが、2003年にアニプレックスを設立してからは立て続けに大ヒットを飛ばしています。

管理人の一押しは、まどか☆マギカと化物語シリーズです。

そのほかにもアイドルマスター、あの日見た花の名前を僕たちは知らない、Fateシリーズ、かぐや姫は告らせたいなどたくさんの作品を発表公開しています。

2020年最大のヒットは、ご存じ「鬼滅の刃無限列車編」です。

鬼滅の刃も、アニプレックスとufotableとの企画制作です。

鬼滅の刃の大ヒットから、DVDやブルーレイの販売、Lisaの大ヒット(SACRAレコードもソニーミュージックのレーベル)につながります。

今後映画の世界進出、スマホ課金ゲームアプリ、PS用のゲームソフト発売などが計画されており、巨額の収益がソニーに転がり込みます。

3 クランチロール買収の狙い(妄想)

ソニーは、今や世界に冠たる一大コンテンツ企業です。

アニメは、まだまだ日本のお家芸です。

日本アニメが巨大なコンテンツとなりえることをソニーは音楽や映像を通じて熟知しています。

そこで、ソニーは日本アニメのネット配信ビジネスを展開するために、アニプレックスオブアメリカを設立し、アメリカにおいてネット配信を展開しています。

アメリカにおける日本アニメのネット配信は、アニプレックスオブアメリカとファニメーションとクランチロールが3強です。

ソニーは2017年にファニメーションを買収しました。

そして、ついにクランチロールの買収です。

アメリカにおける日本アニメのネット配信は、ほぼソニーの独占となったわけです。

今後、アメリカで日本アニメをネット配信する場合は、ソニー系のネット配信企業がプラットフォームを持ったこととなります。

そうなれば、ソニーはアニメの制作企画段階から、ワールドワイドを意識した製作が可能となり、よりファンのニーズに応えたアニメを制作できるようになります。

また、ソニーにとっても映画配給にとどまらず、アニメのネット配信、アプリ課金、ゲームソフト、製品販売など垂直ビジネスの独占展開が可能となります。

すごい!すごすぎる!

4 日本アニメ争奪戦

アニメは世界各国でも作られていますが、日本アニメのクオリティは一歩図抜けています。

そこで、日本アニメという金のなる木の争奪戦が始まっています。

ネット配信の先行者であるHuluやネットフリックスも日本アニメの囲い込みにしのぎを削っています。

また、アニメにはアップルやグーグルも強い関心を持っています。

グーグルは、ユーチューブで2019年から『OBSOLETE(オブソリート)』を公開しています。

project-obsolete.com

これも日本人が製作しています。

Huluやネットフリックスは、日本アニメチャンネルをたくさん作って、利用者を増やす戦略です。

しかし、クランチロールは、無料放映のものは広告付きとし、広告料の収益を得ています。

有料版に限って、毎月の課金や日本上映1時間後にほぼリアルタイムで配信が可能な仕組みとし、より日本アニメにコアなファン獲得を目指しています。

管理人的には、アニメファンにとって、アニメ全体のサブスクというよりは、コアなアニメのサブスクの方が、的を得ているような気がしますが、判断はアメリカの視聴者に委ねられています。

いずれにしろ日本人にとって、とても痛快な買収劇であったことは間違いありません。

スポンサーリンク

 

5 まとめ(いつか任天堂を抜く日)

ソニーは、CMOS(電子の目)で世界市場の5割以上を独占しています。

CMOS市場は、5GやIT進展、DX、MaaS、Saas、自動運転、ドローンなどで引っ張りだこです 。

あのiphone12のレンズもソニー製CMOSです。

いずれ、CMOSを生かした自動運転市場に打って出るという噂まであります。

また、2020年11月に発売したPS5の評判はすさまじく、1億台の発売は確実だと予想されています。

それにもましてPS4から作り上げたプレイステーションネットワーク会員は、課金会員だけで3600万人を超え、課金収入が年間3,000億円を突破しています。

そして、版権ビジネスです。

音楽も映像もそしてアニメも、コンテンツを押さえるばかりでなく、企画製作段階から販売配給、そしてメディアミックスまで展開できる強みを持っています。

すごくね?

すごすぎます。

アマゾンが販売するDVDやBLの製造元はソニーです。

アップルストアやグーグルプレイのアプリや課金も、ソニーに流れていきます。

iTuneの売り上げもソニーに流れます。

マイクロソフトの発売するXボックスのソフトも版権を借りてXボックス用に発売するソフトもありそうです。

フェイスブックなどの広告でも、音楽映像ゲームなどの販売は、ソニーに流れていきます。

ソニーは企画制作流通販売を押さえているので、版権ビジネスを徹底すれば、GAFA+Mが頑張れば頑張るほどソニーの売り上げに貢献してくれます。

まるでディズニーの版権ビジネスと同じです。

ソニーの強みは、版権ビジネスにハードや基幹部品の独占シェアまで保有しているところにあります。

株価が安すぎると思うのは、最弱株主の淡い期待だけなのでしょうか?

現在の株価の数倍でも足りないくらいソニーの業績は盤石です。

任天堂の株価に近づくには、現在の株価の5倍は必要です!

50,000円!

おおおおおおお!
( ゚Д゚)

管理人は、11年前に2,020円でソニー株を少しばかり購入しました!

25倍になるの?(妄想)

もちろんたわ言です。妄想です。

でも妄想が現実的な話になるかもしれないというワクワク感をソニーは持っています。

がんばれ!ソニー!

日本に元気を!

世界のアニメファンに夢と希望のコンテンツを!

www.panpanpapa.com

なお、ソニーの株価は現在10,000円を突破していません。

50,000円なんて根拠はまったくありません。

管理人の妄想であることにご留意願います。

くれぐれも株式投資は自己責任で判断されますようお願いします。

ブログとソニーに愛と真の情報を

それでは生きていればまた