知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

丑年の相場の格言「つまずき」にご注意!

スポンサーリンク

ようこそ

人生を豊かに生きるためには、健康とお金はとても大切と考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、2021年は干支でいうと丑年です。

↓ 初売りでいただいた縁起ものです!

丑年

丑年の相場の格言は、なんと「つまずき」だそうです。

なんとも、なんともいやな響きです。

2021年の株式相場は暴落するの?

株価が購入額よりも下がると、哀しみは滓(おり)のように心に沈んでいきます。

そんな不安要素がある中で、2021年株式市場は始まりました。

今年こそ、我が31種類のポンコツ盆栽株が捲土重来となることを願うばかりです。

頼むからつまずかないでくれえええ!

スポンサーリンク

 

1 株式市場の相場の格言

 株式市場には、さまざまなアノマリーがあります。

アノマリーとは、経験則と呼ばれているもので、不思議と法則性があるけれど原因がわからないという事象です。

中でも最も有名な相場の格言は、干支にちなんだ格言です。

干支に合わせたそれぞれの年の相場の格言があります。

「辰巳(たつみ)天井、午(うま)尻下がり、未(ひつじ)辛抱、申酉(さるとり)騒ぐ、戌(いぬ)笑い、亥(い)固まる、子(ね)は繁栄、丑(うし)つまずき、寅(とら)千里を走り、卯(う)跳ねる」

12ある干支の中でも、暴落のイメージが強い年が、午(うま)年と丑年です。

株価暴落

午尻下がり、丑つまずく・・・

(´-`).。oO

しかし、アノマリーです。

意外に当たるところが怖いところです。

60年間の合計で、マイナスの騰落率の年は、午年と丑年のみです!

午年が平均▲5.04%、丑年が平均▲0.05%

その他の干支の年は、すべてプラスの騰落率です。

悪夢のようなコロナ禍に襲われた2020年は、子(ね)年でした。

子(ね)は繁栄の格言どおり、終わってみれば+13.36%の結果となりました。

しかし、勝った人はおそらくは機敏に動いた機関投資家やファンドばかりだったのではないでしょうか?

この大波乱の中で、勝てた個人投資家は賞賛に値します。

個人投資家は、変動が激しすぎてなかなか結果を出せなかったのではないでしょうか?

かくいう管理人も完敗です!

まあ、2020年3月に比べればずいぶんと取り返せたので、不満足ながらもホッとしています。

2021年につなげることができました。

2 ドキュメント2020年大納会

2020年大納会は、2020年12月30日でした。

12月29日には、701円もの爆上げとなりました。

日経平均株価

日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンス

新型コロナ変異種が世界中に広がろうとしているにもかかわらずです。

さすがに大納会の日は値を下げてしまいました。

大納会株価

-53,760円で波乱万丈の2020年は終了となりました。

スポンサーリンク

 

3 ドキュメント2021年大発会

2021年大発会は、1月4日(月)です。

大納会後、NYダウ平均は史上最高値を更新し、コロナ変異種なんのその!という勢いです。

当然日経平均株価にも期待が寄せられます。

ふたを開ければ、始まりこそご祝儀相場でしたが、見る見るうちに下落が止まらなくなりました。

日経平均株価チャート

日経平均株価【998407】:国内指数 - Yahoo!ファイナンス

なんじゃこりゃあ!

一時は‐24万円まで下がってしまいました。

大発会株価

なんとか、-56,130円までまくってくれて助かりました。

今年も大発会は、マイナススタートとなってしまいました。

嗚呼! (´Д`)

4 2020年よりはいいや!

昨年はどうだったっけ?

1年前のことをコロナ暴落ですっかり忘れてしまっていました。

確か年末年始に、アメリカがイランに報復するかどうかで、世界の緊張が一気に高まった時だったと思います。

2019年12月30日大納会です。

2019年大納会

なんだ!(´▽`)

昨年は、-266,150円と大きかったじゃないか!

2020年1月6日大発会の時です。

2020年大発会

新年早々‐451円もの大暴落の中、-276,200円に留まりました。

なんだ!昨年と比べたら下落幅が小さいじゃないかあああ!

株式取引

小っちゃい!小っちゃい!

死なない傷は、かすり傷だああああ!
(狂)

スポンサーリンク

 

5 2021年は波乱万丈になる可能性特大!

2021年の株価は、政治経済とリンケージが高まることはまちがいありません。

1月  バイデン大統領誕生
7月  2020東京オリンピックパラリンピック開催
     東京都議選
~10月  衆議院解散総選挙

これに加えて、新型コロナウイルス感染症の終息の方向性

何か一つにでも「つまずき」が生じれば、株価の下落要因となることは間違いありません。

嗚呼、怖い!

でもワクワクします!

リスクを回避することがリスクです!

6 まとめ

2021年株式市場は、NYダウ平均史上最高値に引っ張られることなく、2年連続マイナススタートから始まりました。

管理人のポートフォリオでは、3年連続マイナススタートです。

( `ー´)ノ このポンコツ野郎!

哀しみが雪のように積もっています。

でも、一方では2021年は大イベントがいくつも控えているので、ワクワクもしています。

何か一つイベントにつまずく可能性もあり得ます。

そのときは押し目のチャンス時かもしれません。

株価上昇

いずれにしても株式投資は、保有しなければいつまでも指をくわえているだけです。

今年こそ、株式投資にチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

株式投資はくれぐれも自己責任により判断されますようお願いします。

ブログと株式投資に愛と真の情報を

さあ、2021年戦いのゴングが鳴りました。

つまずかないで、がんばりましょう!

それではまた