知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

出光石油と昭和シェルが提携して、ポンタの先行きに取りあえずホッとした

スポンサーリンク

みなさんおはようございます。

管理人のpapayapapaです。昨日、12月7日のトップニュースで、動向が注目されていた出光石油と昭和シェルが合併を白紙として、資本提携からスタートすることとなり、ホッとしています。

何も私は株主でもない、一利用者ですが、ポイントカード利用者として、その動向にとても気になっていました。

その理由は、出光石油がTカードポイントを採用しているのに対し、昭和シェルはポンタを採用しているからです。

f:id:papayapapa:20161208080527p:plain

引用先:

www.idemitsucard.com

もしも統合にでもなってしまったら、出光の方が大きいので、昭和シェルは吸収され、Tカードで統一されてしまうという危惧がありました。

 

なぜそこまで心配するのかという疑問もあるかと思います。

その理由は、リクルートカードを愛用する者にとって、ポンタとの提携廃止は、リクルートポイントの現金化の危機的状況となるからです。

リクルートポイントとポンタは2015年4月より提携して、リクルートポイントは格段に使いやすいポイントとなりました。

そして、ケンタッキーフライドチキン大戸屋などでもポイントが使えるようにはなり、利用幅が広がり魅力的なカードに変身しました。

 

しかし、我が家では固定資産税を始め、基本的にイオンクレジットカードセレクトとトヨタカード(TUカード)以外は、リクルートカード(1.2%)とリクルートカードプラス(2%)を使っています。

年間使用額は約100万円にも上り、20,000ポイント近くを貯めることになります。これくらい貯まると飲食だけでは消化しきれません。

f:id:papayapapa:20161031001603p:plain

かといって、ポンパレモールで毎回購入するわけにはいきません。

そこで現金化として最も有効な手段がポンタでした。昭和シェル石油と提携していて、ポンタポイント分を給油することができます。

これは本当に感動です。もらったポイントで、給油できます。

ここにリクルートカードの最高の使い方がついに完成したと感慨にふけっていました。

 

その矢先です。出光と昭和シェルの合併騒動が立ち上がったのは!もう気分がずっとブルーでした。

私はリクルートカードの前は、漢方スタイルクラブカードを使っていました。ポイント付与率率が1.75%で、nanacoチャージでも付与されるという夢のようなカードでしたが、昨年改悪されてしまい、付与率1.5%は、高評価ですが、nanacoチャージでは、1/7の0.25%という悪夢のような改悪となってしまいました。まあ、マイナス金利の中では厳しいのはわかっていましたが・・・。

藁をもすがる思いでやっと見つけた高還元率のリクルートカードに出会えてホッとしていましたが、それも統合で使えなくなる可能性すらありました。

それが白紙から資本提携に戻すというBIG NEWSでした。

ポンタでガソリンが給油できることが、永久に続くことを願います。

 

それでは!