読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

親の心 子知らず

みなさんこんばんは 管理人のpanpanpapaです。

さて、私には二人の娘がいて、下の娘は現在中学2年生で、来年はいよいよ高校受験です。しかし、本人に進学の意味がぜんぜんわかっていません。

水泳クラブの活動ばかり心血を注いで、家に帰ってバタンキューの毎日で、成績はどんどん落ちてしまい、親ばかりがあわてふためいているという状況です。

f:id:papayapapa:20170208230452j:plain

子供が私立高校に行くか、公立高校に行くかで、授業料を始めとして教育費は、天と地ほどの差が生じます。

文部科学省の発表している「子どもの学習費調査について」によれば、公立高校の3年間の授業料の平均が約69.3万円なのに対し、私立高校ではなんと216.7万円にも上ります。

benesse.jp

高校は授業料だけでなく、学校外活動費(参考書代、制服代、施設見学費など)がかかります。公立高校で平均46.7万円かかるのに対し、私立高校では平均73.4万円かかります。

公立高校116.8万円

私立高校306万円~318万円

と私立高校は、公立高校に比べ、3年間で約200万円も余計に出費しなければなりません。

上の姉は進学のことも考え、私立高校に入れましたが、授業料だけで毎月約7万円もかかっています。

さらに吹奏楽部に入ったため、Bachのトロンボーンに45万円も支出させられました。

まさに石川啄木の歌

はたらけどはたらけど猶わが生活楽にならざりぢっと手を見る

そのものです。

 

また、この二人の娘にはせめて大学を出てもらいたいと学資保険にも入れています。

これが、毎月7万円ボーナス28万円と年間140万円も払っています(泣)。

まだ、結婚されていない方、子供が進学の時期に至っていない方は、遠い未来のことと思います。

しかし、教育費は、家や生命保険料に次いで、金がかかるということを覚えていて損はありません。

子供には本当に金がかかります。

そんな娘もようやくこのままでは近くの高校に入れないという危機感を覚えたのか、塾を変えたいと言い出しました。

これまで行っていた塾は、やる気のまったくない塾で、お菓子やジュースは持ち込み自由、おしゃべりまで認めるアットホームなところで、塾というよりは共働きのためのシェルターのようなところで、当然に成績など伸びるところではありませんでした。

本当は自宅や図書館で勉強すれば、塾に行く必要はないと思いましたが、この意欲を大切にしたいと思い、行くことを許可しました。

今度の塾は月4万円です。本当に破綻してしまいそうです。

f:id:papayapapa:20170208230540j:plain

ですが、これも子をなした親の役目です。

子供にかかるお金はすべて私へしわ寄せが来ます。こづかいカットです。

まあ、それもしょうがない。これも親の役目です。

年末から通い始め、今日も20時に迎えに行きました。

車に乗ると、なんだかエネルギードリンクのにおいがしました。

何を飲んでいるんだ?と聞くとモンスタードリンクを飲んでいるといいました。

http://art33.photozou.jp/pub/509/3068509/photo/245303156_624.v1486562354.jpg

これに私はブチ切れました。

1本200円の栄養ドリンクを中学2年生が飲んでいたのです。

「おまえ、こづかいいくらもらっているんだ?」

「2,000円」

「おまえ、1ヶ月のこづかいの3日分をそのドリンクに使ったんだぞ!おかしいとは思わないか!」

「みんな飲んでいる。」

「みんなってだれだ?」

「AちゃんとBちゃん、それにCちゃん」

「みんな馬鹿ばっかりだろう。」

「馬鹿じゃない。テスト私よりもいい。」

「そんなことをいっているんじゃない!中2の腐れガキに200円の栄養ドリンク飲ませているそんな家族は、馬鹿ばかりだといっているんだ!第一、今日は何か、疲れたことしたか?中坊なんてな、疲れたら早く寝ればすぐ疲れは取れるんだ。これはな、おまえらのような中坊が飲むものではない!街中でこういう寒い日でも外で一生懸命仕事している人がいるだろう、ああいった人たちが飲むものだ!わかったか!おまえ、人生をなめきっているぞ!その200円を得るのがどれほど大変なのかわかるか!家で手伝いもしたことがない、後片付けもしたことがない人間が、偉そうに何が疲れて栄養ドリンクだ!このクソ馬鹿野郎!ふざけるのもいい加減にしろ!」

とまくしたてて怒りました。

我が子のために節約に節約を重ね、少しでも夢を描いて、その夢を実現してあげたいと思う親心は、子供には伝わらないのでしょうか・・・。

私は、ブログで宣言しているようにさまざまな節約やポイント稼ぎ、カード利用、弁当作りなどで、なんとか年間88万円の不労所得を得ています。

しかし、子供の教育費であっという間に消え去ります。

いつの日か、娘たちも私の心を理解し、感謝してくれる日がやってくるのでしょうか・・・。

多分今年もバレンタインデーに私へのプレゼントは、娘たちの頭の中にじゃ入っていないような気がします・・・。

↓なんとかこのような素敵な女子高生になって、青春を謳歌してもらいたいと願って止みません(涙)。

f:id:papayapapa:20170208230605j:plain

最愛の娘を罵倒し、落ち込んでいる姿を見て、さらにおちこんでいます。

ああ

それでは