知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

プチ週末収入・週末起業などあり得ないことを論破する

ようこそ(^o^)丿

お金を貯めることを通じて、人生を豊かに生きるヒントを提供する当ブログの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、みなさんは現在の収入に満足していますか?

私は決して満足はしていません。

しかし、内閣府の調査によれば、48.1%の方は、満足または、まあまあ満足だそうです。

管理人の私は、満足しない41.9%を応援したいと思います。

f:id:papayapapa:20170404232108j:plain

本日は収入に満足しない人が、もっと収入を得るための方法について、一部推奨される週末プチ稼ぎ・週末起業について、ごく一部の人間を除いて、ありえないことを実体験を踏まえ、論破します。

スポンサーリンク
 

1 内閣府 国民生活に関する世論調査

私は本音でいいますが、自分の収入にはそこそこは満足していますが、決して満足はしていません。

銭ゲバ野郎と罵られようが、お金はいくらあっても欲しいものだと私は思います。

f:id:papayapapa:20170618214328j:plain

それでなければ市場経済は成り立ちません。

人間は、他の種と違って、明日を見る想像力があるから文明が発達したはずです。

「明日があるさ」というフレーズは、明日は今よりも収入が増えて、豊かな生活ができることを日本全体が信じて止まない高度成長時代のよりどころとされたフレーズです。

お金があれば、2泊3日で120万円の四季島や瑞鳳にも乗れるし、飛行機のファーストクラスにも乗れます。

↓ TWILIGHT EXPRESS 瑞風(みずかぜ) 西日本旅客鉄道(JR西日本)が2017年6月17日から運行開始

f:id:papayapapa:20170618214548j:plain

お金が欲しいからこそ、株式や投資信託で運用したり、リスキーなFXで勝負します。

お金が欲しいからこそ、宝くじを買ったり、競馬やBIGをしています。

しかし、内閣府が発表した「国民生活に関する世論調査」によると、現在の所得・収入について「満足」「まあ満足」と答えた人は合わせて48.1%に上ったそうです。

資産・貯蓄で聞くと42.0%が満足またはまあ満足になったそうです。

しかも、住生活への満足度が、81.4%%、レジャーや余暇生活は計62.2%で、過去最高の数字だそうです。

とても現状を反映している数字には思えません。

日本社会は、完全に格差社会になってしまった数字の一端ではないでしょうか。

2 平成27年 日本人の平均収入

国税庁では、毎年サラリーマンの給与実態調査を報告しています。

これによれば、年間の平均給与は420万円です。

さらに非正規雇用労働者の平均収入は171万円です。

f:id:papayapapa:20170618221753j:plain

内閣府の調査結果とは、あまりにもかけ離れているような気がするのは、私だけではないと思います。

満足などする訳ねええええええ!(怒)

平成27年分民間給与実態統計調査結果について|報道発表資料(プレスリリース)目次|国税庁

 年間の平均給与は420万円であり、前年に比べて1.3%増加した。これを男女別にみると、男性521万円、女性276万円で、前年に比べて、男性は1.2%の増加、女性は1.4%の増加となった。
 また、正規・非正規についてみると、正規485万円、非正規171万円で、前年に比べ、正規は1.5%の増加、非正規は0.5%の増加となった

3 プチ週末収入・週末起業をできるサラリーマンはあり得るか?

ちょうどALL ABOUT(オールアバウト)にプチ週末収入・週末起業で副業しようという記事が目に留まりました。

正直???の感想です。

?の100乗にしてもいいくらい、しっかり調査して記事にしているの?と思いました。

以下、記事を書いた方の主張を論破します。

3-1 週末アルバイトで稼ぐ

副業を推奨している会社もあるといいますが、一体どの程度あるとお思いなのでしょうか?

まだまだこの日本社会で企業を認めている企業は、極めて少ないのが現実です。

経済産業省によれば、副業を認めない会社は、実に96.2%にも及びます。

特に機密情報が漏えいする可能性があり、これからも認める会社はそう簡単には増えないと思います。

たとえあったとしても、1週間でボロボロになるくらい働いています。

それを土日はアルバイトに登録して、サービス業や不動産業の分野をこの方は推奨しています・・・。

この方は、FPの方なので、現場で働いたことなどないのでしょう。

不動産業は成果主義です。

いかに賃貸物件を確保し、または回収するか、足で何百件も歩いて訪問しなければなりません。

ときには嫌がられて、罵詈雑言を浴びせかけられて、それでも契約を取り、滞納回収しなければなりません。

ボロボロになって、その上さらにボロボロになれというのでしょうか?

ありえねえええええ!(怒)

また、土日サービス業の人材不足の仕事といえば、何といっても飲食店です。

深夜までワンオペレーションで、仕込み、調理、配膳、会計、片づけを繰り返す仕事は、究極のブラック業界と化しています。

f:id:papayapapa:20170618222440j:plain

ボロボロになって、その上さらにボロボロになれというのでしょうか?

ありえねえええええ!(怒)

3-2 自宅で稼ぐ

この方は、ネットオークションとコラム記事を推奨しています。

今さら?

何言ってんの?といいたくなります。

今さらネットオークションで、収入をどのくらい得ようとしているのでしょうか?

24時間注文を見張って、出荷する極めて煩雑な手続きは土日で済むものではありません。

一時注目されたせどり転売もブックオフ本体の赤字続きやせどりやお断りで、先行きは極めて厳しいです。

また、コラム記事?ああクラウドワークスですね。

もはやオワコンですよ。

3年で約3,663記事書いた私がいうのです。

地獄を見ます。

この方は本当に実践したことがあるのでしょうか?

ありえねえええええ!(怒)

スポンサーリンク
 

3-3 モニターになる

最近ブログに集中して怠っています。マクロミルを代表とするモニターや被検モニターですよね。

monitor.macromill.com

簡単簡単といいますが、当日会場に行くプレッシャーは並大抵のことじゃないですよ。そして、見知らぬ人と座談会で発言しなくちゃならないんですよ。

それも度々あるわけではありません。少なくともアルバイトのような確実で約束された仕事ではありません。

こづかい稼ぎにはなりません。

3-4 週末起業

この方は才能豊かな方なんでしょうね。

司会業、DJ、カメラマン・・・なんて、素人を誰が採用するんですかね。

司会業はたいていの場合、フリーアナウンサーの副業で入り込む余地などありません。

f:id:papayapapa:20170618223126j:plain

DJに至っては、限られた活動の場であり、コネがなければ無理です。

カメラマンは、すべての結婚披露宴会場は地元の写真店の牙城です。

ありえねえええええ!(怒)

4 まとめ

いかがでしたか。

FPさんが、さまざまな情報を駆使してまとめたのはわかりますが、現実とあまりにもかけ離れていることを書いても、賛同は得られないと思います。

もっと具体的で実現可能なプチ週末収入や週末起業を、汗をかいてルポした上で、取材して欲しかったです。

サラリーマンが、正業を持っている限り、生半可な気持ちで二束のわらじを履くことはできません。

やるのであれば、本業にしてもいいくらいの覚悟が必要です。

もっともっと貪欲にお金を貯めるには、先ずは得られる収入を増やすのではなく、支出を減らすことから始めなければ、何も始まりません。

入るを量りて、出ずるを制すの実践が必要です。

それでは