知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

旅する管理人が贈る出張でほんの少し得をする歩き方傍白

スポンサーリンク

ようこそ(^^)/

お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントをアツく語る当サイトの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、管理人は現在日本の首都TYOに出張中です。

f:id:papayapapa:20180513112658j:plain

まあ、NHK旅するラジオのように日本全国を出張しています。(^^;

そういえば2018年度は、TYOは早くも3回目です。

今月は青森、来月は横浜か。

札幌も入っていたなあ・・・。

ということで旅するラジオ管理人が贈る「出張でほんの少し得する方法」をプレゼンツします。

スポンサーリンク
 

 

1 ホテル選択は価格よりも利便性がベスト

管理人の出張はたいてい1泊2日です。

f:id:papayapapa:20180505122821j:plain

残酷です。

昨年も福岡と鹿児島出張が別々にありましたが、どちらも1泊2日でした。( ゚Д゚)

下手すると日帰りの可能性もありました

芸能人でも政治家でもないんだから、もう少し年寄りをいたわり、リスペクトがあってもいいんじゃないの?と総務のS子ちゃんをからかうも、規則ですの一言で終わりました。

ああ、昔はよかったと昔話をしたくなります。(^^;

ただし、我が社は給料表の等級で宿泊費が出るという昭和なところがあるので、安いところに泊まれば、手当と実費の差額を丸々手に入れられるという裏技があります。

管理人も若い頃は、この裏技で得した分で、夕食をリッチにとったり、お土産代に回したものでした。

しかし、今は考えを改めました。

管理人の1泊2日の出張の場合、1日目はホテルで会議と懇親会がセットで、2日目も同じホテルで会議のパターンがほとんどです。

f:id:papayapapa:20180505114947j:plain

安いホテルを選ぶと、会場から離れている場合がほとんどです。

2日目の会議は早いことが多く、ホテル出発は早くて大変です。

朝食は満足にとれないわ、朝のラッシュに遭うわで散々です。

やはり多少高くとも同会場のホテルに泊まるのが一番です。

朝は遅くまで寝ていられるし、朝食もまったりと取ることができます。

早起きは三文の徳という言葉があるとおり、移動の時間を気にせず、非日常空間でのんびりと時を過ごすのは、多少お金が高くついても、損とは思えません。

ようやく、ホテルの価格が違うということに気づくことができました。

心のゆとりと時間のゆとりを買えるなら、わずか数千円の差は払う価値があります。

2 ネットトラベル予約で得をする方法

今やホテルの予約も新幹線も飛行機の予約も全部ネット上で済ますことが可能な時代となりました。

f:id:papayapapa:20180608014845j:plain

それが面倒という方には、JTBを推薦します。

お金に糸目をつけないのなら全部取り計らってくれます。

ただし、そういう考えの富裕層は結構いて、2時間3時間待ちは当たり前なのでご注意ください。(-"-)

朝一をオススメします。

さて、ホテル予約サイトは、圧倒的シェアを持つ楽天トラベルを筆頭に、ヤフートラベル、じゃらん、KNT、びゅーなどたくさんあって選択に困ってしまいます。

管理人の場合は、「旅の窓口」を使っていましたが、楽天に吸収されて、楽天トラベルとなってしまったので、結果的に楽天トラベルを使っています。

楽天トラベルの最大のメリットは、楽天スーパーポイントが付くことではありません。

申し込む際に、ホテルによっては要望が書ける欄があるところです。

ホテルは究極のサービス業ともいわれ、どんなに精一杯おもてなししても、なにかしら至らぬところもあるものです。

人間がやることなのでやむを得ないと思います。

しかし、それを権利と主張し、投稿の際に星印を少なくして、罵詈雑言を浴びせかける利用者も少なくありません。

口コミの評価が下がるとそれだけ人気が下がり、利用者も減る可能性があります。

f:id:papayapapa:20180516230537p:plain

そこで要望欄の登場です。

できれば、できるだけ高層階で角部屋に近い部屋をお願いします。

と記載します。

旅する管理人の経験では、十中八九要望は通ります。

いい時代になったとつくづく思います。

この裏技は当ブログを読んだ読者のみなさんにだけに留めてください。(^^;

お願いです。<(_ _)>

3 決済は事前にクレジット決済で

トラベルのネットサイトでは、ほぼ100%クレジットによるネット決済が可能です。

たまに当日現金決済のみのホテルがありますが、選択肢としては優先順位が下がります。

クレジットの利用を拒否するホテルは、経営環境が厳しい可能性があるからです。

経営環境が厳しければ当然サービスも低下します。

通常クレジットカード決済サービスを利用すると、利用施設はクレジットカード会社へ3%から6%もの手数料を支払わなければなりません。

また、ネットサイトへは、1予約当たり平均1,000円の利用料を支払わなければなりません。

10,000円の宿泊費でも、1,300円から1,600円も持って行かれてしまいます。

スケールメリットがないとホテル業は本当に厳しい産業だと思います。

できるだけクレジットカード決済可能なホテルをチョイスした方が無難な選択です。

また、その際は、高還元率のクレジットカードで決済しましょう。

管理人はもちろん2.0%という国内最高の還元率を誇るリクルートカードプラスです。

f:id:papayapapa:20180608013942j:plain

楽天スーパーポイントと合わせれば3.0%以上の還元となります。

スポンサーリンク
 

 

4 荷物はできるだけコンパクトに

旅行で憂鬱なのは、荷物が重いことです。

キャスター付きトランクも便利ですが、意外にかさばり、移動は重荷です。

家族旅行ではキャスター付きトランクを使いますが、出張の際は今はやりの大容量リュックを背負います。

両手が自由になるので、移動中スマホも使えるし、便利です。

f:id:papayapapa:20180428195417j:plain

また、身だしなみを考えると男性用化粧品や髭剃りも持って行きたくなるところです。

しかし、何かを切っていかないことにはコンパクトになりません。

少しでも軽くします。

そこで、旅する管理人が考え出したのが、歯磨き粉をアフターシェーブローションに代用する方法です!

ホテルについている歯ブラシの歯磨きチューブは必ず余ります。

あのスースー感は、成分はメンソール系です。

これで、ローションは持参不要となります。

合わせて電動髭そりもあきらめます。

5 まとめ

いかがでしたか。

旅する管理人の出張の作法について、ちょっとお得なことを思うままにプレゼンツしました。

新幹線やホテルなど非日常空間でブログを打つのは最高の悦楽です。(^^;

⇩新幹線の中で

f:id:papayapapa:20180608015303j:plain

⇩ちょっとリッチなホテルで

f:id:papayapapa:20180608015333j:plain

ブログに愛と真の情報を

それでは