知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

急げ!【ANAマイレージクラブEdyカード】発行が、7月3日23:59で受付終了!

スポンサーリンク

ようこそ(^o^)丿

お金を貯めることを通じて、人生を豊かに生きるヒントを提供する当サイトの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、私は飛行機が苦手です。

苦手なのですが、年に1度くらいは出張で飛行機に乗らなければなりません。(泣)

f:id:papayapapa:20170703084339j:plain

年に1度くらいなので、これまでANAマイレージクラブには入会していませんでした。正確には以前は入会していましたが、特に使うこともないので、いつの間にか紛失してしまいました。

しかし、実際には往復4万円のフライトでも、1%分=400マイレージ分がつきます。

しかし、ファーストクラスに乗るためには12万マイルを集めなければならないらしく、海外旅行に興味のない私には雲をつかむような話だと思っていました。

そんな、たまにしかANAに乗らない人にとって、ANAマイレージクラブ(AMC)を便利に使う方法が唯一あります。

それはクレジット決済機能のないAMCカードには、楽天系のEdyカード機能のあるものとないものの2種類がありますが、このANAマイレージクラブEdyカードにすれば、マイレージ分のポイントをそのままEdyポイントとして使えるからです。。

しかし、ANAマイレージクラブEdyカードは、2017年年7月3日23:59を持って、受付終了、再発行は一切なしとなります。

作っていて損は絶対ありません!急いで手続きを!

スポンサーリンク
 

1 ANAマイレージクラブEdyカード発行が、7月3日23:59で受付終了

情報が遅くて、本当申し訳ありません。<(_ _)>

私は飛行機が苦手なもので、マイレージ自体は知っていましたが、興味や関心はまったくありませんでした。

ところが、8月に急きょ福岡に出張の予定が入り、7月2日に自宅でネット予約している最中に、7月3日を持って、無料のAMCカードEdyカード(ANAマイレージクラブの略)の発行を終了しますという記事を見つけました。

www.ana.co.jp

この格好いいカードが7月3日23:59を持って発行終了です!発行は無料ですので、持ってて損は絶対ありません。

f:id:papayapapa:20170703002533j:plain

2 ANAマイレージクラブEdyカード発行を終了する理由

ANA側では、ANAマイレージクラブEdyカード発行を終了する理由を定かにしていません。

Edyなしのマイレージクラブカードは、残しますが、デザインを一新します。

大きくQRコードが鎮座しており、まるで搭乗券の半券のようなデザインです。(残念)

これまでのANAマイレージクラブEdyカード及びANAマイレージクラブカードは、Felica対応のため、プラスチック製でしたが、新AMCカードは、なんと再生PET製だそうです。

飛行機に乗る者にとってのステータスさが損なわれるのは、とても残念です。

itpro.nikkeibp.co.jp

一部の報道によれば、ANAとしての経費節減だそうです。何しろ電子マネーカードが無料発行です。経費がかかりますが、無料は厳しいということでしょうか。

f:id:papayapapa:20170703085112j:plain

もう一つの理由は、Edyと組んでもあまりメリットはなかったということも考えられます。

確かにEdyカードは、電子マネーの走りでしたが、今ではnanacoとwaonが2強となっており、使いにくい電子マネーとなりつつあります。

ANAはたくさんのクレジットカードを発行しており、クレジットで利用してもらえれば、クレジット会社から手数料のバックもあり、いいことづくめです。

残念ながらANAにとっては、魅力のない無料カードということなのでしょう。

これも一連のポイント改悪の流れの一つといえるのではないでしょうか。

↓まだHP上では、Edyカードを宣伝しているのですが・・・

www.ana.co.jp

スポンサーリンク
 

3 7月3日23:59までにネット申し込みすれば、発行が間に合います。

私は一昨年3月にリクルートカードプラスが、新規発行を取り止めると聞き、ギリギリでなんとか作ることができました。

f:id:papayapapa:20170102003032j:plain

作って本当に良かったと思っています。

わずか年会費2,160円で、カード利用で2%のポイントが付与されます。

はっきりいって無敵です。

年間100万円利用で、2万円分のポイントが戻って来ます。

このリクルートポイントは、ポンタやNTTdカードと連携しているので、使い勝手が各段に良くなりました。

昭和shellではポンタポイントがそっくり使えるので、年間2万円分ガソリン代がただになるのと同じことです。

f:id:papayapapa:20161103005311j:plain

いってみれば特権階級です。

同じ事がANAマイレージクラブEdyカードにもいえます。

たまにANAを利用しても数百マイレージがもらえるので、これをそのままEdyポイントにして利用することが可能です。(1:1です!)

また、いくらEdyカードが使いにくくなったとは言え、マツモトキヨシやキャンドウでは使えるので、マイレージ集めも可能です。

f:id:papayapapa:20161105083554j:plain

これが何しろ無料で作れます。

持っていて、損は決してないので、この際駆け込み申し込みしてもいいのではないでしょうか。

4 まとめ

繰り返しになりますが、ANAマイレージクラブEdyカードの申し込みは、7月3日23:59を持って発行終了です!発行は無料ですので、持ってて損は絶対ありません。

f:id:papayapapa:20170612185640j:plain

どんどんサービスが低下していくのは、利用者にとって寂しい限りです。

お急ぎを!

www.ana.co.jp

https://cam.ana.co.jp/amcmember/amcentry/AMCEntryFacade?EDY_FLAG=EDY

それでは