知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!新聞契約で得する方法

スポンサーリンク

みなさんこんばんは 管理人のpapayapapaです。

強い冬型の気圧配置となり、全国的に真冬となりました。防寒対策に気を付けて、インフルエンザ対策に万全の構えとしておきたいところです。

インフルエンザにかかれば、肉体的にも大変ですし、何よりも通院費や薬代、高カロリー食費代など相当の出費になり、お金がもったいないです。人混みではマスクは必着です。

f:id:papayapapa:20161215213942j:plain

さて、今日のお題は、新聞契約について得をする方法についてです。

1 新聞契約は1年更新がBEST

昨夜帰宅すると見慣れない車が我が家の駐車場前に止まっていて、少しイラッとしましたが、妻が見知らぬ人と玄関先でやりとりしていました。

何ごとか?と思い、あわてて降車しました。

すると妻がかけ寄ってきました。

「新聞やさんなんだけど、新聞契約を自動更新にしてほしいと言っている。」とのことでした。ホッとしました。

即座に「ダメ!1年ごとの契約にして。」と指示しました。

理由は、新聞やさんの方では、契約を更新してもらいたいがためにさまざまな返礼品を持参するからです。

本日の戦利品は、家庭用ごみ袋大2つ(800円相当)、液体洗剤2本(600円相当)に加え、食用油セット(1,500円相当)でした。

しめて、約2,900円相当の戦利品をGETしました。約1か月分の新聞代と同等額を回収できました。

f:id:papayapapa:20161215215051j:plain

もし、これを自動更新にしておくと、返礼品は一切もらえません。新聞を替えるしか方法はなくなります。

新聞の契約は1年更新としておくと、毎年返礼品が楽しみとなります。

2 お得な電子版新聞契約

もう一つは、最近はやりのタブレットスマホで閲覧できる電子版新聞の契約です。

電子版は単体では月3,000円の利用料の新聞が一般的で、ものすごく高く、とても契約する気になれません。

ですが、新聞そのものを契約していると、月500円~1,000円程度で電子配信することが可能となります。

朝新聞が読む時間がなくてお困りの方は、利用を考えておくのも一考です。

       新聞代 +電子新聞  +追加料金  電子新聞単独

 読売新聞  3,093円 3,255円  +162円   設定なし

 朝日新聞  3,093円 4,093円  +1,000円  3,800円

 毎日新聞  3,093円 3,633円  +540円   3,456円

 産経新聞  3,024円 設定なし  設定なし   1,800円(29.2まで100円)

 日経新聞  3,670円 4,670円  +1,000円  4,200円

デジタル新聞のみですと産経の1,800円と極端に安いデジタルもありますが、大概の新聞よりも高く設定しています。(産経は28.12より電子版無料を有料化)

www.sankei.com

ところが新聞+デジタルセット割だと、+162円から+1,000円で電子新聞が読めるのはとてもお得です。中でも読売新聞の+162円はものすごいお得感があります。

premium.yomiuri.co.jp

なお、朝日新聞の場合、しょっちゅうキャンペーンを行っており、期間中契約で+500円と半額となります。

OCNの契約者ですと、+500円になって、なおかつOCN会費が-108円引きとなります。フレッツ光メンバーズクラブ会員(NTT光)ですと、+500円半額となります。

digital.asahi.com

地方新聞ですと、新聞を契約していれば、電子新聞は無料のサービスを行っている新聞社も多数存在するので、調べておいて損はないです。

電車や地下鉄などで、スマホタブレットで電子新聞を読むのは、ちょっと格好良いですね。

以上新聞にまつわる知らなきゃ大損情報でした。

 

にほんブログ村 小遣いブログへ