知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!リクルートカードはやっぱり無敵の神カード!

スポンサーリンク

ようこそ(^.^) 管理人のぱんぱんぱぱです。

みなさん!クレジットカードを使ってますか?

今や、現金を使うよりクレジットカード、電子マネーそしてプリペイドカードなどキャッシュレスの方が、得をすることは、広く社会に認識されるようになりました。

我が家は、イオンカードセレクトリクルートカードプラスの2枚のクレジットカードを軸に日々ポイントをGETしています。

1回あたりはわずかなポイントでも、年間ともなれば数万円分のポイントとなります。この貯めたポイントで、プチぜいたくするのが、我が家の流儀です。

ですが、我が家は特別なことは何もしていません。ミニマリストのようにエアコンを止める、暖房を止める、電気も止めるなど極端な行動は、一切していません。

普通にこの2枚のクレジットカードを金利なしの1回払いで使うだけで、ポイントが他の大手クレジットカード会社の何倍ものスピードで貯まります。

絶対得します。そして、やらなきゃ絶対損します。

読者の皆さんもぜひとも始めませんか。

私はイオンの関係者でもリクルートの関係者でもありません。また、どこぞのポイントサイトのように紹介者制度で儲けようなんて、毛頭企んでいません。

この感激を読者の皆さんにお知らせしたいだけです。よろしくお願いします。

なお、イオンカードセレクトは、イオンの100株株主にならないと、ポイント獲得パワーはいまひとつとなることをご注意ください。すでに記事にしていますので、ここでは神カードであるリクルートカードについて紹介します。

 

↓イオン100株株主についてはこちらをどうぞ

www.panpanpapa.com

http://www.aeon.co.jp/common/images/card/card-056.png

 

リンク元:イオン㈱

 

http://recruit-card.jp/site_assets/lp/common/img/top/campaign/campaign_card_jcb.png

 

リンク元:リクルート㈱

なお、リクルートカードは、昨年9月までは2種類(リクルートカードプラス)ありましたが、現在はリクルートカードのみですので、あらかじめご理解願います。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/j/j_ktwr/20161030/20161030031521.jpg

 

神カードの証その1 リクルートカードは、年会費無料で国内最高のポイント付与率1.2%

リクルートカードが、無敵の証は、年会費無料のクレジットカードの中で、No1のポイント付与率を誇るからです。

付与率は、なんと1.2%です。

(リクルートポイントプラスは、2.0%)

年間50万円分をリクルートカードで使えば、6,000P付与されます。

50万円も使わないとか、リクルートポイントは使いにくいことを心配する必要はありません。(後で説明します。)

昨日、リクルートポイントが付与されました。2ヶ月で、なんと3,604Pついていました♪我が家では、リクルートカードプラス(2.0%)とリクルートカード(1.2%)を2種類使い分けしています。(理由は後で説明します。)

2ヶ月で、180,200円分を使ったことになります・・・。使いすぎかも・・・。

f:id:papayapapa:20170311183228j:plain

神カードの証その2 リクルートカードは電子マネーnanacoにチャージしてもポイントが付与される超レアなクレジットカードである

https://www.nanaco-net.jp/assets/img/common/img_nanaco_card.png

 

今や発行枚数4,000万枚を突破したセブンイレブンやイトーヨカドー系列で使える電子マネーです。100円につき1ポイント付与されることから、大人気で2016年上半期は決済件数なんと10億回だそうです。

nanacoのチャージは、現金だけでなく、クレジットカードからもチャージできます。

クレジットカードの一部には、チャージした額に対してポイントが付与される太っ腹なクレジットカードがごく一部あります。

その代表例が、神カードリクルートカードです。なお、リクルートカードプラスもポイント付与の対象でしたが、2016年9月15日を持って、対象外となりました。とても残念です。

www.nanaco-net.jp

nanacoへの最大チャージ額は50,000円(一度の最大は29,000円まで)です。

50,000円をリクルートカードでチャージすると、600Pが付与されます。

他にもYahoo!JAPANカード(1.0%)、楽天カード(1.0%)もポイントが付与されますが、リクルートカードの方が0.2%も付与率が高くなっています。

また、nanacoは、電子マネー唯一の税金や各種支払いにも使えます。

これが何を意味するかというと、間接的に税金や各種支払いを1.2%減らすことが可能となることです。

たとえば固定資産税をnanaoで支払うとします。年間30万円支払うのであれば、リクルートカードからチャージするので、nanacoへのチャージ分30万円×1.2%=3,600Pが、付与されます。つまり、税金をnanacoで支払うことにより、間接的に税金を1.2%減額することができます。

税金の減額など夢のまた夢だったのが、リクルートカード+nanacoの合わせ技で実現できます。

税金の他にもさまざまな支払いに応用できます。クロネコヤマト宅急便代、各種使用料の支払い、振込み、チケット支払いなど応用が利きます。

セブンイレブンでnanacoの買い物が少なくとも、さまざまな支払いにnanacoを利用すれば、年間利用額は飛躍的に高まります。

神カードの証その3 Pontaカードとポイント統合により現金化達成

リクルートカードポイントは、2015年にPontaカードとポイントを統合しました。これで、リクルートカードポイントは飛躍的に使いやすくなりました。

もちろんリクルートカードポイントとPontaポイントは1:1です。

point.recruit.co.jp

Pontaポイントで使いやすいのは、何といっても昭和Shellです。

ガソリンスタンドで、Pontaポイントを1ポイント単位で使えます。リクルートカードポイントの現金化達成です。

他に大戸やケンタッキーでも普通に使えます。

↓昭和Shellでのポンタの使い方をまとめました。こちらからどうぞ!

www.panpanpapa.com

神カードの証その4 ドコモdポイントと等価交換でき、携帯使用料利用も可能

2016年からは、ドコモdポイントと交換可能となりました。

f:id:papayapapa:20170312003454j:plain

引用元:

Pontaポイントとdポイントとの交換がスタートしました!|ポイントターミナル Ponta [ポンタ]

何かと携帯電話代は、家計を圧迫しがちです。リクルートカードポイントから携帯電話代を補填できるようになったのは、ドコモを使っている方にとっては、神カードです。

神カードの証その5 リクルートグループで使うと、最大4.2%引きとなる

リクルートカードは、リクルート社が発行しています。

リクルート社では、あまり知られてはいませんが、楽天やヤフーと同じサイトを複数持っています。

リクルートカードで決済すると、ポイント還元があり、お得です。

ポンパレモール EC

www.ponparemall.com

ホットペッパーグルメ 飲食店予約サイト

www.hotpepper.jp

ホットペッパービューティ 美容室予約サイト

beauty.hotpepper.jp

ポンパレ 割安クーポンサイト

ponpare.jp

じゃらん 旅行予約サイト

www.jalan.net

ほとんどが、楽天やヤフーと競合していますが、サービスは充実しています。

リクルートカードを利用すると最大+4.2%引きとなります。

場合によっては、新刊本が+6.2%引きとなることもあり、隠れたECサイトとして評価は高いです。

recruit-card.jp

 

どうですか。リクルートカードが神カードであることを感じ取っていただいたでしょうか。

2016.10.25からはリクルートカード(VISA)

2017.1.23からはリクルートカード(Mastercard)

が、Apple Pay対応となり、ますます便利となりました。

リクルートカードを積極的に使って、プチぜいたくをしようではありませんか!

今なら最大8,000円分プレゼントキャンペーンをやっています。

recruit-card.jp

それでは

↓もうひとつのリクルートカード記事はこちらです。

www.panpanpapa.com