知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

知らなきゃ大損!車の買い替えのベストプライスはいつ?

ようこそ(^.^) お金を貯めるリテラシーを高めて、人生を語るサイトの管理人、ゴールドドライバーのぱんぱんぱぱです。

さて、「ディーラー車検とユーザー車検はどっちがお得」と「車購入のタイミングはいつ?」と車のテーマを続けたところ、大変好評となりました。ありがとうございます。

車は一度購入すると、高齢や病気などよほどの理由がない限り、止めることはできません。高齢ドライバーによる事故が全国的に頻発しているのも、なかなか止められないからです。

そこで、今回は、車を購入するサイクルについて、考えてみます。

題して、「車の買い替えのベストプライスはいつ?」です。

 

1 日本で一番安い車

日本車の中で一番安い車をご存知ですか?

現時点においては、スバルの軽自動車サンバートラックです。

消費税込みで、なんと653,400円です!

↓格好いいです。ゾクゾクします。

https://www.subaru.jp/sambar/truck/top/images/top_pict03.jpg

リンク元:スバル

5速マニュアルでエアコンもパワステもついていない、まったくもって硬派な車です。

まあ、私が若い頃は、AT車もパワステもなかったし、エアコンも高級車でなければついていませんでした。

サンバートラックのイメージは、長靴とTシャツで働くイメージです。

エアコンがなくとも乗れますが、現代はトラクターにまでエアコンがついている時代です。

もちろん、サンバーの上位ヴァージョンにはエアコンもパワステも標準装備です。

私は今はミニバンに乗っていますが、実はサンバートラックにあこがれています。

学生時代アルバイト先で、トラックを運転して、セメント運びをした経験が、思い出として鮮烈なこともあるのかもしれません。きつかったけれど、現場の人たちとの屈託のないふれあいが忘れられません。

ジョージアのキャッチコピー「世界は誰かの仕事でできている」に涙したのも、こんな経験から来ているのかもしれません。

www.panpanpapa.com

いつか購入し、これで全国を旅したいと思っています。

寝るときは荷台で満天の星空を仰ぎながら寝てみたいです。

しかし、653,400円は本当に安いです。移動だけを考えるのであれば、スバルサンバートラックを購入するのが一番お得です。

2 日本で一番高い新車

日本で一番高い車は、レクサスLS600hLです。

消費税込みで、なんと 15,954,000円です。

http://lexus.jp/models/ls/images/img_gallery_01.jpg

リンク元:レクサス

レクサスLS600hLは、実はHV車(ハイブリット車)でも、日本で一番高い車です。5.0L V型8気筒エンジンとモーターを組み合わせた、ハイブリッド車です。

私には一生縁のない車です。10億円の宝くじが当たったら購入するかもしれませんが・・・。

価格的にいって、一番損する車かもしれませんが、下取りを考えるとそうともいいきれません。

世界には、新車より中古車やビンテージカーの方が高くなるケースもあるからです。

先日サッカー界の至宝スペインのメッシが、数十億円のビンテージカーを購入し、話題となりました。

news.goo.ne.jp

 

3 車の査定額の一般的相場

車は、鉄や合成樹脂の塊です。それも走行中は、常に風雪雨や太陽にさらされているため、どうしても経年劣化してしまいます。

つまり購入した瞬間から、新車ではなく中古車となり、価値はよほどの希少価値がない限り、下落していきます。

一般的な相場で恐縮ですが、

車検1回目で、新車価格の6割~8割

車検2回目で、新車価格の4割~6割

車検3回目で、新車価格の2割~3割

車検4回目で、0円

とされています。

もちろん人気車種、痛み度合い、走行距離数、メーカーの違い、新車購入の有無などの条件で、相当に左右されるので、ご注意ください。

一般的な相場でわかるとおり、車の下取りは、車検がターニングポイントとなります。

4 車検1回目前説

車検1回目の前(新車購入3年以内)であれば、かなり高額査定が期待できます。

私の先輩に、日産のフェアレディZを5回続けて、1回目の車検前に買い替えた猛者がいます。

f:id:papayapapa:20170410144712p:plain

リンク元:日産

先輩によれば、車の買い替えは、車検前が一番得するそうです。3年に1回、100万円程度出せば、常に同じ新車に乗れるのが、気分いいそうです。

1年に33万円、月に3万円程度出せば、常に新車だよと力説していますが、私はちょっと賛同はできません。

5 車検2回目前説

メーカーによる車のフルモデルチェンジは、一般に5年サイクルです。これは、車検2回目を機に車の買い替えを期待してのことであることはいうまでもありません。

私も経験上、5年以内であれば車の重大な故障に遭ったことはありません。

特に人気車種であれば、新車購入時の7割程度の下取り価格を明示されることがあり、一番お得なサイクルかなと思っています。

f:id:papayapapa:20170410144928j:plain

6 車検3回目前説

車は、車検3回落ち、いわゆる7年経つと査定額が0円になるという俗説があります。

7年も経てば、相当車も傷み、故障やヘタリなどが出てくるからです。

また、一般にフルモデルチェンジは5年に1回なので、7年乗り続けると、同じモデルの前前車種となる場合があり、人気が一気に下落してしまいます。

私も過去苦い経験があります。生来の面倒くさがり屋なので、買い替えようとしてモタモタしてしまって、結局3回目の車検を受けましたが、やはり新車が欲しくなり、車検後すぐに買い換えました。車検代は取られるは、下取り価格はお涙頂戴だわで、ダブルパンチとなってしまいました。

車検3回目前は、乗りつぶすかどうかの決断の時です。

f:id:papayapapa:20170410145158j:plain

7 車乗りつぶし説

車は、車検3回でも4回でも、走れる限り乗りつぶすのが、一番安く済むという説があります。

しかし、以前は車は11年目以降となると毎年車検が必要でした。(今は2年に1度です。)車は走行している限り、必ず摩耗やヘタリが生じていきます。そして、どうしてもギヤやミッションなど基幹部品の交換を求められることとなります。

私の親戚に、16年同じ車を乗り続けた者がいますが、結果的に新車購入するくらい修理費を出してしまったそうです。

子供が生まれた時からずっと乗せてきた車だから手放せないといいつつも、あまりの金喰い虫で結局手放しました。

8 まとめ

以上のことから、私は車検2回目説を支持します。

特に軽自動車は、タイヤの大きさが12インチと小さいため、ヘタリや摩耗が早いので、軽自動車は外観がいくら立派でも、痛みが進行している場合があります。

軽自動車は車検2回目前の下取りをオススメします。

Change is inevitable. Change is constant.

それでは