知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

ゆづパレードに参加して思う「人の行く裏に道あり花の山」の教え

スポンサーリンク

ようこそ(^o^)丿

お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントをアツく語る当サイトの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、昨日全国民いや全世界が注目する「羽生結弦(ゆづる)選手オリンピック2連覇おめでとうパレード」に妻と娘2人で参加してきました。(^^ゞ

f:id:papayapapa:20180423104332j:plain

妻と娘たちは、「行きたくない!」「めんどう!」の大合唱でしたが、クビに縄をつけても連れて行くぞと無理やり連れて行きました。

こういった滅多にないパレードには、都合がつくのであれば絶対参加した方がいいに決まっています。

前回4年前の金メダルパレードには参加しなかったため、忸怩たる思いがあり参加しました。

10万8千人が国内はおろか世界中から集まった中で、いかにいいポジションで生ゆづる君を見るかが、親父である管理人の使命です。

その際に頭に浮かんだのは、相場の教えです。

人の行く裏に道あり花の山

相場の教えには、先人の知恵が詰まっています。

人生を確かに歩む道しるべです。

少し大げさですが、今回は+お金を貯めるWeb時代の歩き方」番外編として、「ゆづパレード」を通じて、人生の歩き方を考えてみます。

ゆる~くお読みください。(^^ゞ

スポンサーリンク
 

 

1 パレード参加にはゲーム理論を応用する

ゲーム理論とは、対立する利害関係者との間で、お互いの最大限の利益を考え行動する考え方です。

この考え方を一般に広げたのは「囚人のジレンマ」です。

エヴァンゲリオンで、リツコがはりねずみのジレンマを題材に説明するシーンは有名です。

f:id:papayapapa:20180423105748j:plain

ゆづパレードにおいては、10万8千人の敵?に対して我が家族がいかに効率よくいいポジションで生ゆづを見れるかにかかっています。

勝負は、場所と時間です。

場所については、管理人は長らく仙台に住んでいるので、ベストポジションは、東二番町東北電力ホール前と決めました。

夏の七夕パレードや仙台すずめ踊りの絵図でも、マスメディアが映像を撮るポジションであり、ベストと判断しました。

しかも東側です。

敵は、地下鉄「広瀬通駅」西1番出口にありです。

2 いつ場所取りをするか

当日は観測史上初の真夏日も予想されていました。(気象庁発表は29.9℃)

これでは前日からの場所取りが予想されます。(涙)

ホテルはすでにパレードを開催する発表した日に瞬時に満杯となったので、場所取りのため野宿することは予想されました。

並んでいるときに50時間待ったという強者の話も聞こえました。

最前列での並びはあきらめました。

東二番町大通りは片側3車線ですが、道路開放は東側のみです。

パレード開催時刻は13時30分からですが、道路開放は13時からです。

少なくとも13時前には路上に並ばなければなりません。

子どもの友人は、11時から並んでいるがもう人人人と動画を送ってきています。

しかし、我が妻はお嬢さん育ちのため万事においてノンビリズムです。

管理人は当日5時には起きて臨戦態勢というのに起きません。。。

ようやく動き出したのが11時というからあきれ果ててしまいます。

現地到着は12時半という情けなさです。

バカヤロー!(涙)

3 交通規制指導には従わない理

地下鉄改札口はすでにごった返しています。

「西1番出口はなるべく通らないでください。パレードに参加する方は西2番出口を通ってください!」

スタッフジャンバーを着たお兄さんが絶叫しています。

しかし、お目当てのベストポジションは西1番出口です。

「行くぞ!」

「ねえ、お父さん!そこはダメって行ってるでしょ!」

娘たちがブーブー言っています。

しかし、規制ではありません。

こういった規制指導している場所が最高の場所であることは、いつの世も同じです。

警察官も何人かいましたが、絶対に通ってはいけない出口ではありませんでした。

フリーパスです。

正面突破の勝利です。(^^)/

4 パレードまであと40分

路上が開放されるまであと20分ほどあります。

しかし、妻も娘たちも4月には思えない真夏日のような晴天の下では、日差しを気にしてビルの奥の日陰に引っ込んでしまいました。

バカヤロー!(涙)

なんのためにここまで来たんだ。

これでは我が家族は非常時には全滅です。

ここは戦場だ!

ゲーム理論でいかに10万8千人と戦うかにあるんだあああ!(阿呆)

f:id:papayapapa:20180423105815j:plain

5 路上開放

思惑通り、東側がゆっくり開放されました。

東二番町大通りに立つなんて、夢みたいです。

入念な調査結果で、最高のポジションをGETできました。

f:id:papayapapa:20180423104447j:plain

後は待つだけです。

娘もワクワクしてきて近寄ってきました。

来ないのは妻だけです。

あんたばかあ?( ゚Д゚)

妻はゆづの大ファンで、TVで放送するフィギュアの大会は欠かさず見ています。

生ゆづを見る奇跡の今日、それも夜を明かして待ったファンと1時間も待たないで同等のポジションを取れたというのに、あんたは紫外線を気にするのか!

紫外線を気にする年齢かああああ!<(_ _)>

6 パレード開始

音楽隊の吹奏楽の音も聞こえだし、観衆が熱狂し始めた頃、ようやく妻も登場です。

あんた、非常時には真っ先にOUTだよ。

しかし、近づけば近づくほど、あれほど行かない、面倒といっていた娘たちも黄色い歓声に変わりました。

生ゆづるには、王者の風格というか、持って生まれた神に愛される男のオーラを感じました。

f:id:papayapapa:20180423104525j:plain

あの笑顔とSEIMEIのポーズを見れただけでも幸せです。

熱狂と興奮のパレードはわずか10分程度で目の前か去っていきましたが、満足すぎるほど満足です。

7 TV放送

やはり場所取りは最高のポジションでした。

NHKもTBSも日テレもフジもみんな、我が家族のいた場所で映像を撮っていたようでした。

ゴマ粒にもなりませんが、管理人も確かに映っていたはずです。(^^;

家に帰ってからも妻も娘たちも興奮状態で、何度も何度チャンネルを替えてはここにいた!と歓声を挙げていました。

8 パレードで得たもの

パレードで得たものは、なんといっても生で羽生結弦君を見たことに尽きます。

神に愛された男のオーラを確かに見ました。

f:id:papayapapa:20180423104558j:plain

パレードの日は、この季節には珍しい快晴で気温も観測史上最高の29.9℃です。

野宿で夜を過ごした人たちも快適そのものだったことでしょう。

ちなみに本日4月23日は、16℃も寒い14℃で曇天の日に戻りました。

いかに彼が神に愛される男かということを垣間見ました。

まさにカリスマです。

誰にも敵がいない男とはこういう男かと惚れ惚れと見ることができました。

もうひとつは家族で共有の思い出を作ることができたことです。

子どもも大学生高校生ともなると親との行動は拒絶してきます。

自然の理ですがなんとなくさみしいものです。

これから冬季オリンピックがあるたび、ゆづパレードのことは語り草となることがとてもうれしいです。

スポンサーリンク
 

 

9 まとめ

ゆづパレードを最高の立ち位置でみることができたことは、管理人の一生の思い出となります。

誰も歩かない規制指導をしている出口を通ったらそこは花の山でした。

f:id:papayapapa:20180423105840j:plain

もしも、がなり立てていたお兄さんのいうことを素直に受け取って西出口2番を通ったらこうはいきませんでした。

天地神明に誓いますが決してずるはしていません。

複数の警察官からも何の規制もなかったからです。

また、帰り道も1本奥まった裏通りを歩くとスイスイでした。

食事は当然駅前では食べません。

あえて駅東側に行き、混雑とは無縁でゆっくりといただきました。

管理人は以前から神田ガードレール街や御徒町、火事で消えた新宿小便横丁などが好きなので、あえて混雑する駅前通りは好みません。

帰りの地下鉄も混雑すると予想し、一度逆方向に乗り、一駅通過して座って乗ることができました。(定期券と1日フリー券のため違法ではありません。)

本当に小ずるい奴だな貴様は!

と怒り心頭になられたら申し訳ありません。

しかし、人の行く裏には道があり、そこには花の山があります。

この先人の教えは、ゆづパレードでも存分に発揮できたと思っています。

お金を貯めるヒントにもなるかと思います。

ブログに愛と真の情報を!

それでは

なお、今回のパレード関係の写真は、すべて管理人がスマホで撮った下手くそ写真です。(^.^) 

ご自由に使ってください。