読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主優待、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

祝!Google AdSenseに一発合格しました! その2 都市伝説考察

みなさんこんばんは 管理人のpanpanpapaです。

さて、今日もGoogle AdSenseの審査通過について考察します。もうとっくにアドセンスなんてアフィリエイターの基本だろう、ブログやるんならアドセンスくらいで騒ぐなよという批判の声も甘んじて受けます。

ですが、本当にうれしいです。生まれてこの方、ほぼ賞とは無縁の人生を過ごしてきました。感謝状も勤続○○年か、無事故無違反○○年程度しかもらったことしかありません。

人に評価されることが、こんなにうれしいなんて思ってもいなかったんです♪

それも天下のGoogle先生に一発で認められたので、うれしくてうれしくてたまりません。

さて、もちろん一発で合格するためには、傾向と対策が必要です。

自分のブログはすばらしいと自画自賛して、勢いだけで、アドセンスに申し込んで、勝負することは、挑戦ではなく、無謀というものです。一度一次審査で落ちると2週間待たなければなりません。

相手を研究したうえ上で、勝負を賭けるべきです。

そのためには、グーグルアドセンスのヘルプをよく読むことと、その対策を先人から知ることです。宮本武蔵も相手の弱点を良く調べたうえで、勝負に臨んだそうです。

 

1 Google AdSenseのホームを見て、モチベーションをMAXにする

先ずは、Google AdSenseのホームを確認します。

www.google.co.jp

素敵過ぎるお嬢さんです。こういった方々に審査されるんだなと想像(妄想?)するだけで、勇気が奮い出てきます。

f:id:papayapapa:20170119220339j:plain

ここからヘルプ→お申し込み時の条件に移動します。

2 Google AdSenseの参加要件を確認する

申し込み条件はわずか3つしかありません。

18歳以上であることと、ブログを持っていることと、プログラムポリシーに準拠していることが条件です。

そして、2016.5月頃より、ブログを持っていても、サブドメインではなく、独自ドメインでなければ申請できなくなりました。

ただし、このことは何にも書いてありません。さまざまなブログで書いてあるとおり、サブドメインでは申請できなくなったこと=独自ドメインでなければならないということになります。

support.google.com

 

f:id:papayapapa:20170119221442j:plain

 

support.google.com

3 何よりも、コンテンツが大切であること

広告のターゲット設定に移るとGoogle AdSenseの審査を通過できるヒントが書いてあります。

魅力的なコンテンツであることと情報量が多いことです。

魅力的なコンテンツとは、広告主が配信したくなるコンテンツということになります。

ただし、コンテンツを魅力的にするばかりに、自分が苦手とする分野でブログを始めても、長続きしません。

うわべだけの情報や知識だけのブログでは、必ずネタが枯渇し、行き詰まります。

自分の得意分野であれば、ブログのコンテンツが高まるとともに、ブログが楽しく長続きします。

ブログを書く理由が、お金を得るためだけでは、あまりにもモチベーションが低くて、持続することは到底できません。


support.google.com

f:id:papayapapa:20170119220714j:plain

4 コンテンツガイドラインに準拠していること

プログラムポリシー→コンテンツガイドラインにいくと、禁止コンテンツの一覧が掲載されてあります。これらのコンテンツの内容が記載されたブログは、絶対にGoogle AdSenseの審査は通りません。要注意です。

特にアダルト、ギャンブル、暴力、法違反助長などのコンテンツは、アドセンスの対象外ですので、絶対に止めます。

f:id:papayapapa:20170119233538j:plain

5 まとめ

 18歳以上であること

 独自ドメインのブログであること

 情報量が多いブログであること

一記事は、最低でも1,000文字以上であることと30記事以上準備することが要件とWeb上では囁かれています。

私も、一記事は必ず1,000文字以上突破するように心がけました。また、コンテンツ量は30記事では不安で、50記事以上貯めることとしました。Google先生の機嫌を損ねてはいけないと思います。

 禁止コンテンツではないこと

アダルト、ギャンブル、違法、政治批判などは、ご法度です。

Google先生は教育者です。

教育者とは聖職者のことであり、おのずと教育者が認めるコンテンツが、魅力的なコンテンツであることがお分かりいただけると思います。

 その他

 ・写真は掲載しないこと

 これは絶対デマです(怒)。

たくさんのブログで、写真を掲載したブログは審査に落ちると書いてありますが、全部ガセです。若しくは著作権盗用の写真はダメと書いているつもりなのかもしれません。一見まことしやかに書いてあるブログでも、中身がペラペラで読むに値しないブログにガセ情報が多いような気がします。

私のブログでもふんだんに写真を掲載しています。写真を掲載するからこそ、魅力ある記事になるのではないでしょうか。ただし、写真は必ずフリーのものを使用します。プログラムポリシー違反となります。

 ・他のアフィリエイト広告は、挿入しないこと

 これは、正しいと直感しました。Google AdSenseを始める前に、A8.netやアマゾンの宣伝が掲載されていたのであれば、Google先生はどう思うでしょうか。

 AdSenseの審査が通過するまで、他のアフィリエイト広告は、ご法度だと思います。

それでは