知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

最近はやりの500円玉貯金についての一考察

スポンサーリンク

ようこそ(^o^)丿
お金を貯めることを通じて、人生を豊かに生きるヒントを提供する当サイトの管理人の「ぱんぱんぱぱ」です。
さて、最近、500円玉貯金を続けるとお金が貯まるという記事が、Web上にあふれています。

headlines.yahoo.co.jp

本日は500円玉貯金法が、はたしてお金が貯まるものなのかどうかについて、私の実体験を通じて考えてみます。

スポンサーリンク
 

1 500円玉貯金法とは

これは、何も方法論でも特別なメソッドでもありません。
毎日、500円玉を貯金箱に入れると、1か月で1万5千円、1年で約18万円が貯まるという至極当たり前の貯金の手法です。


我が家ではだいぶ前から、この500円玉貯金を始めたことがあります。
やみくもに500円玉を貯金するのではなく、妻が弁当を作ってくれたときだけ500円玉を入れるという約束をしました。


理由は簡単です。妻に弁当を作らせたかったからです。

f:id:papayapapa:20170711235251j:plain

妻はいわゆる苦労知らずのお嬢様育ちのため、弁当を作る行為=時間の無駄という発想しかなく、昼食代が節約できるという意識を持っていませんでした。


弁当はまずい、おいしくない、夕食の残り物は格好悪い、昼休みくらいは外でランチしたい、コンビニで買えば時間の節約になる・・・。


まるで、高校生の娘がいうようなことを平気で口走るので、閉口していました。

 

私は結婚と同時に妻の金銭感覚の教育という課題を抱えることとなりました。
そこで考えたのが、弁当を作ったときの対価の見える化です。
たまたま、忘年会で30万円貯金箱が当たったのが、きっかけです。

合成樹脂製で、壊さなければ中身が取り出せないというハードな仕様でした。
しかも、クリアなので、外から500円玉の貯まる様子が見えます。


最初はぶつぶついっていた妻も、見える化というのは、強烈なモチベーションを生むようで、せっせと作り始めました。


2年間で貯金箱がいっぱいになり、壊してみると、100円玉も入れたせいか30万円までにはなりませんでした。

それでも24万円も入っていました。

これでグアムに行った記憶があります。

f:id:papayapapa:20170712003318j:plain

その後、妻は妊娠したため、500円玉貯金によるマネーリテラシー教育は、終了しました。

2 牛乳ビン貯金法

しかし、この500円玉パワーには私もびっくりでした。


ただし、500円玉貯金法の最大の難点は、500円玉そのものを貯金しなければならないことです。

 

毎日500円の工面は、やってみるととても大変です。

月にして1万5千円という固定費を支出しなければならないからです。


バブル真っ盛りの頃、1本980円高級牛乳が販売されていたことがあり、話のタネに購入し、その空瓶をとっておきました。
インテリアとしてもなかなかのものだったからです。


そのビンは、ちょうど広口だったので、500円玉も余裕で入ります。
このビンに財布の小銭が余れば入れることにしました。

小銭が貯まると財布が膨らんで邪魔になるので、この牛乳空びんに入れることにしたのです。

f:id:papayapapa:20170712004540j:plain

この貯金をかれこれ30年ほど続けています。

大体半年でいっぱいになるので、そっくり銀行に持って行って預金することにしています。


1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉そして500円玉が入り混じっていますが、貯まると大体4万円から7万円の間で貯まっています。


私自身は、いつもお金がなくてピーピーしているので、この臨時収入に大いに助けられています。
500円玉貯金法は、確かに貯金するにはかなり効果的な方法です。

 

しかし、毎日500円玉を貯めるというのは、やってみると相当キツイものがあります。

挫折します。


そのためにも、大ざっぱですが、小銭が出たら、とにかく一か所に貯金する牛乳瓶貯金法をおススメします。

スポンサーリンク
 

 

3 附記(100万円哺乳瓶貯金箱)

娘も私の貯金法には小さな頃から関心を持っていたようです。

つい先日、昔ベビー用品を購入した際にもらってとっておいた100万円哺乳瓶貯金箱を見つけてきました。

↓巨大さがわかると思います。

f:id:papayapapa:20170712004613j:plain

この容器に100円玉でいっぱいになると100万円となるそうです。
この1か月ほど、ノースフェイスのバッグが欲しくて始めたようですがこのとおりさっぱり貯めていないようです。

ですが、欲しいものを貯めて買おうとするのは、殊勝な心がけなので、そろそろ密かに支援してやろうかと思っています。

4 まとめ

いかがでしたか。

500円玉貯金法とは、なんてことはない毎日貯金箱に500円玉を入れるだけの貯金のことです。

 

500円玉貯金法は、毎日少しずつ貯めることにより、しっかり貯めることができる点で、確実な貯金法であることは間違いありません。

しかし、なかなか毎日の生活費の中から、500円を拠出するのは大変です。

 

特にサラリーマンやOLのこづかいが3万円台の中で、実にこづかいの約半分を貯金に回すのには無理があります。

 

そこでおススメは、日々の小銭を一箇所に見える化貯金をすることです。

貯金箱の目安は、半年程度でいっぱいになる大きさです。

そうすると半年に1回、4万円~7万円程度の臨時収入を手にすることができます。

f:id:papayapapa:20170712010403j:plain

 

アバウトにでも、余った小銭を貯める感覚で始めると、気楽にお金を貯めることができ、長続きします。

 

本来形にならない小銭が、銀行通帳に数万円と記帳されると本当にびっくりします。

とても得した気持ちになります。

 

この方法の方が、間違いなく長続きします。

ズボラでだらしない私でさえ、30年以上続いている必殺のへそくり法です。

 

小銭を抱えて、堂々と銀行に積みましょう。恥ずかしがることは一切ありません。

おススメです。

それでは