知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株主投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

やはりなあ・・・レシート1枚10円買取アプリ停止復活期待!

スポンサーリンク

ようこそ(^o^)丿

お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントをアツく語る当サイトの管理人「ぱんぱんぱぱ」です。

さて、2018年6月12日にレシート現金化アプリ「ONE(ワン)」が、サービスを開始したことをご存知でしょうか?

この話を聞いたときはびっくりしました。

f:id:papayapapa:20180816165437j:plain(引用:ONE HP)

レシートを写真に取り、スマホアプリでONEに送ると、1枚10円で買い取ってくれるというサービスです。

1日最大10枚までです。

ということは、1日100円です。

1年で最大36,500円にもなります。

ポイントサイトでポチポチやっても、0.1円です。

アンケートサイトも何題も回答してようやく2円です。(以前は3円!)

ご存知と思いますが、ポイントサイトもアンケートサイトもどんどん改悪していて、年間10,000円分GETなど夢のまた夢です。

あのMoppyもついに改悪してしまいました。

www.panpanpapa.com

そんなときに夢のサービスが突然降臨しました。

こんなおいしいサービスがあるわけないともう少し情報収集してからと思っていました。

案の定、翌日6月13日には、予想を遥かに超えた会員申込みがあったらしく、一時中止となりました。( ゚Д゚)

ただし、運営者は、必ず再開すると宣言しています。

再開を期待して、レシート買取サービスでお金を貯める方法について考えてみます。

スポンサーリンク
 

 

1 レシート アプリONEとは

レシートアプリONEとは全く新しいネットサービスです。

買い物と引き換えに渡されるレシートを写真に撮って、アプリで送信するだけです。

1枚送信すると10円となります。

手数料は200円かかりますが、現金をネット銀行を通じて、支払われます。

なお、最大1日10枚までとなります。

リスクは個人情報の漏えいです。

振り込みの関係から匿名では登録できないので、この人は何を購入しているのか、ONE側にバレバレになるのが嫌な人は登録しない方がいいと思います。

2 どれくらい稼げるの?

レシート送信は、1日最大10枚までです。

ということは1日最大100円も稼ぐことができます。

月最大3000円、年間にすれば36,500円です。

1年に1回振込みとすれば、最大36,300円も稼ぐことができます。

f:id:papayapapa:20180816165506j:plain

おいしすぎます。

3 レシートを送るだけで、なぜお金がもらえるの?

モノを製造販売している事業者は、常に市場の動向に不安を抱いています。

どんなに優れたモノを作っても、売れないことには経営が成り立たなくなるからです。

そこでたいていの企業は、新商品を開発する前に需要調査を行います。

規模の大きい企業は、市場リサーチを行い、消費者の動向を探ります。

最近は下落傾向ですが、マクロミルなどネットマーティング企業の株価が高いところは、こんなところにあります。

マクロミル(3978 東証一部)

f:id:papayapapa:20180816165902p:plain

(引用:ヤフーファイナンス)

また、クレジットカードであれ、電子マネーであれ、ポイントを付与して、利用を勧めているのは、実はビッグデータの収集に活用されています。

企業というものは、苛烈な市場競争の中で存続をかけて、闘っています。

そこに個人のレシートに関心を持つ企業が存在するわけです。

同年同日一定地域で、何が売れたのかのデータを集めることができれば、年齢、地域、天候、世帯構成、収入、職業などさまざまなデータ解析ができ、次のヒット商品を見出すことができます。

1枚10円でもレシートは宝の山かもしれません。

4 想定は登録者数2万人

アプリ開発のONE側では、当初登録者数は2万人と想定していました。

ところがたった1日で10万人も登録し、マヒ状態となりました。

f:id:papayapapa:20180816165522j:plain

10万人が1日10回送信したとします。

1日最大10万人×100円=1,000万円をONE側は負担しなければなりません。

レシートを求める企業がたくさん集まればいいのでしょうが、すぐとは想定していなかったのかもしれません。

それにしてはものすごい登録者数です。

ネットでおこづかいを稼ぐことを求めている人がこんなにも沢山いるとは驚きです。

5 今後の展開

今後ONEが計画通りレシート買い取りアプリサービスを実現できるかどうかは、レシート情報を購入する企業が、増えるかどうかにかかっています。

管理人を含め、おこづかいが欲しい人は、購入企業が増えることを祈るばかりです。

スポンサーリンク
 

 

6 再開後のレシート買い取りアプリ攻略法

もし、ONE側が再開したときの攻略法は、レシートを集めることです。

1日10枚が上限なので、1日10枚集めるのが最大の攻略法です。

方法はすごく簡単です。

今までのまとめ買いを止め、バラ買いに徹することです。

f:id:papayapapa:20180816165635j:plain

1度の買い物を10回に分けるだけでOKです。

くれぐれも、スーパーのくずかごからレシートを拾ったり、友人から譲り受けたりしないでください。

ビッグデータの信頼性が揺らぐ原因となります。

7 まとめ

いかがでしたか。

レシート写真にとって送信するだけで、10円ももらえるレシート買い取りアプリの登場は驚きです。

しかし、ビッグデータ収集に使うというのであれば、納得です。

ただし想定を超える登録者が殺到し、当面登録再開は見送りというのが少し残念です。

事業者側は必ず再開すると宣言しています。

f:id:papayapapa:20180816165602j:plain(引用:ONE Twitter)

twitter.com

期待に胸を弾ませながら、再開を待ちたいものです。
最大36,300円もの不労所得が入るなんて最高です!
株式投資はくれぐれも自己責任により行われますようお願いします。

ブログに愛と真の情報を

それでは 

追記

2018.8.16時点では、まだ復活していないようです。