知らなきゃ大損!お金を貯めるWeb時代の歩き方

株式投資、節約、クレジットカード、ポイント還元、ライフハック等お金を貯める役立ち情報を体験例を元に発信しつつ、人生を語ります。

宝くじネット販売解禁!冬の風物詩は消滅?

ようこそ(^^)/

お金を通じて、人生を豊かに生きるヒントを考える当サイトの管理人ぱんぱんぱぱです。

さて、みなさんは師走の風物詩といったら何を想像されますか?

管理人がまず頭に思い浮かべるのが、有馬記念(GⅠ)です。

(^^ゞ

ギャンブルかよ。

(/。\)

12月も押し迫った23日前後に開催される有馬記念は、1年を締めくくる最後のGⅠレース(中山競馬場2,500m)です。

1年の最後の締めくくりに夢を託す有馬記念は、さまざまな人の夢と希望と絶望を乗せて、18頭立てのサラブレッドが駆け抜けます。

競馬界最大のイベント有馬記念は、悲愴感が漂い、絶望と恐怖と微かな希望が渦巻き、本当に面白いです。(^^;

競馬を長く楽しむポイントは、賭け金をあまり高くしないことです。

(^_^ゞ

賭け金を高くして、外れてしまうと、損失分を取り返そうと、さらに賭け金を増やしたり、高倍率大穴狙いとなり、どんどん負債を増やしていきます。

気づいたときには、借金で首が回らなくなり、退職金で精算せざるを得なくなるまで、追い込まれてしまうこともあります。

長くサラリーマン生活をしていると、ギャンブルで身を滅ぼした輩を何人も見てしまいます。

ご注意ください。

カイジの一読をオススメします。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/papayapapa/20181024/20181024000310.jpg

管理人はハマる性格なので、できるだけ馬からは離れた生活をしてきました。

すっかり馬とは縁を切ったはずでした。

 

しかし、どういう風の吹き回しか、昨年、20年ぶりにJRA(中央競馬)をやってみたくなりました。

20年前だったら、馬券を手に入れる方法は、競馬場または場外馬券場まで買いに行くか、最低1年は待たされるAPATに申し込むか、グリーンチャンネルに加入するしかありませんでした。

しかし、今やインターネットはギャンブルの世界まで変えてしまいました。

即PATに申し込めば、すぐにネット銀行とひも付けして購入できます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/papayapapa/20181024/20181024000704.jpg

(出典:JRA)

こんな恐ろしい仕組みがあっていいものかと思いました。

いくら自己責任とはいえ、ボタンひとつで馬券が買えてしまえるなんて、少し前ならありえませんでした。

損失額は、6,100円!

www.panpanpapa.com

www.panpanpapa.com

やはりもったいなかったです。

┐('~`;)┌

競馬は1年に1回、師走の風物詩有馬記念だけにしようと思いました。

ちょっぴり先日の菊花賞は穴だったなあと思っています・・・。(^^ゞ

 

ところが、競馬よりも怖ろしいギャンブル依存症となる可能性の高い制度が誕生しました。

なんと宝くじのほとんどが、2018年10月24日から、インターネットで購入できるようになりました!

しかも、クレジットカード決済もできるという念の入りようです。

こんな仕組みを作ったら、あちこちで宝くじの買いすぎで自己破産者が続出してしまう可能性があります。

世にも恐ろしい宝くじネット販売のつき合い方について考えます。

スポンサーリンク
 

1 2018年10月24日より宝くじインターネット投票解禁

宝くじは、これまでロトや ナンバーズは、ネットでも買えました。

takarakuji.rakuten.co.jp

楽天で、ロトやナンバーズを購入する場合は、楽天銀行に口座を作って購入すると、当選金は、自動的に振り込んでくれます。

このサービスが、公式宝くじサイトで、スクラッチ以外の宝くじすべてを購入することができるようになります。

総務相は23日の閣議後会見で、宝くじのインターネット販売を24日から拡充すると発表した。

従来「ナンバーズ」「ロト」などに限られていたが、今後は11月末ごろ発売の「年末ジャンボ」などほぼすべての宝くじが対象となる。

www.asahi.com

宝くじのギャンブル化が始まります。

2 宝くじをネットで購入する方法

宝くじがネットで買えるのなら大歓迎!

あの師走の寒い時期に並ぶ必要がなくなるなんてサイコーだ!

という声もあろうかと思います。

さてはおまえ、冬の風物詩の年末ジャンボの行列が見たいから、宝くじを目の敵にしているんだろう!という声もあろうかと思います。

申し込み手続はとても簡単です。

下記宝くじ公式サイトで、メールアドレスとパスワードで会員となるだけです。 

www.takarakuji-official.jp

3 宝くじ公式サイトで購入するとお得な5つのポイント

宝くじ公式サイトの会員となるとお得なサービスがあります。

以下見ていきます。

3-1 宝くじ公式サイトで、申し込むと1%のお得!

宝くじ公式サイトで、宝くじを購入すると100円につき、宝くじポイントが1ポイントもらえます。

この宝くじポイントは、1ポイント=1円相当で、宝くじの購入に使えます。

f:id:papayapapa:20181024223440p:plain

(出典:宝くじ公式サイト)

つまり、宝くじを実質1%安く購入することができます。

絶対に値引きしなかった宝くじが実質1%引きとは魅力です。

3-2 クレジットカードが利用できる

なんと、宝くじ公式サイトでは、クレジットカードでも購入することができます!

( ゚Д゚)

怖ろしい!

リボ払いにしたらどうなるのでしょうか!

借金してまで宝くじにはまっている人は、すでに重度の依存症患者ではないでしょうか?

高還元率のクレジットカードを利用すれば、最大2%お得となります。

3-3 宝くじの継続購入ができる

当然のことながら、ネット環境では24時間365日宝くじを思う存分購入することができます。

さらにすさまじいサービス?があります。

購入期間や購入頻度を指定し、宝くじを継続購入できます。

これは、はたしてサービスなのでしょうか?

例えば、毎日宝くじを10枚、1年間購入することも可能かもしれません。

3-4 バラでもまとめても購入できる

店頭で、バラ指定ができるようにネット上でもバラ買いもまとめ買いもできます。

宝くじショップと同じです。

まあ、確率上は、バラでもまとめても変わりはありません。

ちなみに年末ジャンボ宝くじの1等前後賞7億円(2017年)の当たる確率は、2,000万分の1です。

(´Д`)

3-5 払い戻しは、自動で口座に払い込み

これだけは率直にいって、すばらしいサービスです。

払い戻し忘れや紛失がなくなります。

毎年期限切れで交換できなかった高額当選が救われます。

4 宝くじネット販売に至った理由

宝くじ離れは深刻です。

宝くじは、割に合わないギャンブルであることが、少しずつ浸透してきたものと思われます。

宝くじの売り上げは近年右肩下がりの傾向で、2007年度の1兆442億円から17年度は7866億円に落ちたという。

同省は若者の宝くじ離れなどが原因と見ており、今後半年で50万人のネット会員登録をめざしている。

この10年で、宝くじの売上げは、半分となってしまいました。

これから宝くじのネット販売は、若者をターゲットにし、半年で50万人の会員獲得を狙っています。

スポンサーリンク
 

5 サマージャンボの宝くじの期待値は、49.97%

当サイトでは、かつて宝くじの期待値を計算して、掲載したことがあります。

たくさんの訪問ありがとうございました。

www.panpanpapa.com

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/papayapapa/20180721/20180721190151.jpg

宝くじの期待値は、49.97%

競馬、競輪、ボート、オートの期待値は、75%

カジノルーレットの期待値は、2/3ベット法で98.48%です。

パチスロの期待値は、設定1で95%程度です。

いかに宝くじの期待値が低いかがわかるかと思います。

アメリカでは、宝くじのことを愚か者の税金(Fool of tax)と呼んでいます。

6 宝くじを1年間継続購入した場合の期待値

宝くじ公式サイトの新サービス継続購入を利用した場合を考えてみます。

毎日1,000円ずつ1年間宝くじを購入する継続購入を行うと、期待値はいくらになるのでしょうか。

支出は、1,000円×365=36万5千円になります。

(たか~!)

期待値は、49.97%にしてみます。

(もっと低い期待値の宝くじもあります。)

36万5,000円×49.97%=18万2,390円

つまり、年間18万2,610円も損することになります。

継続購入される人は、期待値のことを知っているのでしょうか?

7 まとめ

いかがでしたか?

競馬の即PATに驚いていたら、宝くじもついにネット購入を開始しました。

しかし、宝くじ公式サイトは相当にぶっ飛んでいます。

クレジットカードで買える!

継続購入できる!

運営側にとっては、少しでも売り上げを増やしたいのはやまやまかもしれません。

しかし、これでは購入者の損失は膨らむばかりです。

期待値を競馬並みにするとか、当選額をもっと下げて、当たるチャンスを高めるサービスも必要ではないでしょうか?

誰もが、7億円を狙っているわけではないと思います。

このまま期待値を上げないことには、ますます宝くじ離れは続くと思いますが、いかがでしょうか?

冬の風物詩年末ジャンボを買い求める行列は、2018年からは見れなくなってしまうかもしれません。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/p/papayapapa/20180721/20180721202800.jpg

ブログに愛と真の情報を

それでは